旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小路の灯 -さぼうる-

d0014408_11341055.gifボンディ」でお腹いっぱい食べた後、「さぼうる」でお茶してきました。映画のロケにも使われるこの店、ボリュームたっぷりのランチは食べたことがあるのですが、夜お茶は初めてでした。

d0014408_11341554.gif魅惑のA7出口。
「さぼうる」は地下鉄神保町駅A7出口から徒歩数秒。隣の「さぼうる2」と悩んで、この日は「さぼうる」に。
マスターが出迎えてくれるも、団体のおじ様がぞろぞろと出てきてなかなか入店できず。皆、笑い声を上げ楽しそう。この店、席の予約もできるんだよね。

d0014408_11342199.gif通されたのは階段を下りた地下の席。
ログハウス調の柱とレンガの壁。落書きがびっしり書き込まれた壁は、もはや一見してレンガだとは分からない。
昭和30年の創業以来、沢山の人に愛されてきた。多くの人がここで過ごした時間を、この壁はたっぷりと吸い込んでいる。

d0014408_12161100.gifこういう喫茶店ではやっぱりクリームソーダが飲みたいねと注文すると、「赤・黄色・緑とありますが」とのこと。ええ?それじゃやっぱり赤を試してみたいよね。
といいながら自分はヘルシーなイチゴジュース(500円)。ミルクとイチゴをミキサーにかけた懐かしい味。クリームソーダ赤(580円)はいちごシロップの味。これはこれで懐かしいかな。
途中、お口直しですとバナナを運んでるのを目にした。素材そのまま。
居心地のいい空間で、何だかすっかり長居してしまった。

d0014408_12171247.gifそれにしてもこの小路は本当に魅力的。
居心地の良さそうな喫茶店が点々と並び、どの店もお食事やお茶をしながら楽しそうにしている光景が外からも窺える。

薄暗い小路を照らす店の灯りに、この道を歩くたび引寄せられてしまう。


d0014408_12172353.gifさぼうる
→真中はマスターの後姿
address:千代田区神田神保町1-11
access:地下鉄神保町駅A7出口すぐ
open:9AM-11PM
olose:日曜日
[PR]
by cicerone | 2005-06-29 12:30 | 美味しい!東京