旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

医食同源中華 -チャイナハウス龍口酒家-

d0014408_15503243.gif幡ヶ谷駅改札を出て左に折れ、階段を上ると地下商店街。飲食店が連なるこの商店街、何とも怪し気で、”ああ、日本はアジアだったわね”と深く再確認させてくれる。

こんな地下商店街にある「龍口酒家」。何度も店の前を通りながら、横目で見つつ通り過ぎていた。気にはなるものの、値段は書いてないし怪しさ満点なんだもの。
ところが昔の同僚がここの常連で、連れてきてもらって以来すっかりリピーター。昔の仲間と会う時はもっぱらこの店。

d0014408_15511310.gifメニューがないこのお店。では、どうやって食べるの?
答)勝手に出てきます。

まずは何が入ってるか分からないチャイナサワーを注文。これは女性にお勧め(ドリンクメニューはあり。でもほとんどの人がカメだし紹興酒)。
せっかくなので、この日食べた全メニューをご紹介。野菜たっぷりのここのお食事は、沢山食べてもすっきり。

d0014408_15503826.gifd0014408_15504343.gif必ず出るのはローストチキン。付合せのカブの酢漬けがよく合う。
これも大好き、百合の花のつぼみ炒め。
ジュンサイは食感を楽しんで。
団子に絡まる海草のようなものはキノコなんだって。
スパイシーな腸詰は手と口が止まらない。

黄ニラの炒めにホタテやすっぽんの炒め。
これは美味しい!鹿肉をナッツの衣で!
天然のうなぎはぷりっぷり。
そろそろお腹がいっぱい。シメは必ず食べる翡翠麺。旨い!
この麺、スープカレーにもしてくれます。

この日は食べなかったけど、”衣笠茸炒め”や焼売も美味しいよ!


d0014408_155141100.gif面白いのはトイレ。中はごくごく普通だけど、レジ前のコインを持っていかないと入れないっ。
防犯上だと思うけど、このディープな雰囲気にアジアを感じる。そして25¢だし(笑)。

d0014408_15515043.gif顔出しOKとのことなので、マスターの”石橋氏”をご紹介(日本人)。

「どんどん僕に言って。言わないと何もでないよ!」とはマスター談。
お任せすると、本当にどんどん出てくるので、お腹の様子で自分でストップします。予算や食べられないor食べたいものは、事前に伝えておくと、希望に沿ってもらえます。お任せでおなかいっぱい食べて飲んで、1人5千円くらい。人数多い方がお得感があります。
怖くないので、彼に何でも言ってみて!


チャイナハウス龍口酒家
混んでると、上の写真のように廊下席に。絶対中がいい方は予約してくだされ
同じ商店街に系列店あり。こちらは点心中心のファストフードな店。最近、笹塚店もオープン。おめでとう!
address:渋谷区幡ヶ谷1-3-1ゴールデンセンター地下1-10
tel:03-5388-8178
access:幡ヶ谷駅徒歩30秒
open:5:30PM-11PM
close:月曜日
[PR]
by cicerone | 2005-07-12 07:07 | 美味しい!東京