旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大牟田→長崎 -JR九州の旅-

d0014408_1411207.gif
大牟田から長崎へ向かった。旅の面白さを追及するなら、船で島原へ行き、そこから長崎へ向かうルートが面白いようだ。
だけど手元に残ってる旅行券を使いたかったので、あえてJR九州で長崎へ。JR九州の冊子には藤井フミヤが。そういえば、彼はJR九州の職員だった。

30分で鳥栖(佐賀県)。ここで乗り換えて1時間半ほど乗れば長崎。電車の旅はゆったりとして快適。
車窓に広がる田園風景。山間にぽつぽつ現れる街や家並み。そう、ここでも私と同じ時間が流れ、今日も生活を営んでいる人がいる。

長崎駅は山の谷間にあるような駅。四方をぐるりと山が囲み、上の方までぎっしり建物が見える。下から見上げると圧迫感があるほど。

まずはインフォメーションで地図や路線図を入手。今でも路面電車の走る長崎。
ああ、東京も都電が走っていた頃は、こんな景色が日常だったのだろう。
ホテルにチェックインすべく、さっそくちんちん電車に乗り込んだ。乗車料金は100円。
泊まったホテルは乗り換えが必要で、降りる時に乗換券をもらう。

かねてより銀座のモントレーに泊まってみたいと思っていたのだけど、長崎でその思いがか叶った。ホテルに着いて夜の長崎へ。
長崎観光は次のエントリで。
d0014408_14112670.gif

いつも応援ありがとう~!!感謝!
[PR]
by cicerone | 2005-10-03 14:30 | 東京を離れて