旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

谷中・根津・千駄木のお散歩マップ

新年最初のお散歩記事は谷根千!
谷根千なら目をつぶっていても歩ける、Kai-Wai 散歩のmasaさんと、写真と豆炊きのお師匠、kaoru photo...2のカークさんというナイスガイお2人と、師走の谷根千を歩きました。
下町好きには外せないエリア。根強いファンも多い。下町なおじちゃんおばちゃんに混じって、谷中スタイルな若者もチラホラ。
その間をぬって、地図を持ったグループがウロウロ。細い路地が入り組んだこの辺、あっちこっちで地図を持った人に出会う。まるで巨大迷路大会のようだよ。
d0014408_1223356.gif
スタートは根津駅から。
千駄木寄りで地上に上がったら、「赤札堂」を右に見て「言問通り」を進む。すぐに左に折れて路地裏に入れば、あっという間にタイムスリップ。
スウハ曙ハウス(2006年2月頃取り壊されました)」を見て、お花屋さんを超える。下町のデパートの角を右折、古井戸が見えたらちょっとお邪魔してほそーい路地を抜けてみよう。これぞ、下町散策の醍醐味。

d0014408_15572092.gif貸本屋を左に、右側のとおりにも「こばた」なんて煙草スタンドの名残。d0014408_15573996.gif
右折したら粋な染物、洗張りの店「丁子屋」。可愛い手ぬぐいがいっぱいだから、是非覗いて!!ところで「丁子屋」さんの前、以前は川だったらしい。面影は名前のみ?

d0014408_15581114.gif戻って「あかぢ坂」を上る。坂下には外国人に人気の「澤の屋」旅館。クラシックカーで谷中を疾走する若旦那、かっこいいね~。
坂の途中の階段を右折して上る。上がりきったら大名時計博物館。異次元のようなこの空間、開いてたら立ち寄ろう!d0014408_15582998.gifT字路を右折、突き当たりお寺さんの脇が「三浦坂」ここを下ると猫グッズお店「ねんねこや」。

d0014408_15584686.gif店の向かいの路地を進もう。お寺周囲をぐるりと囲んで、「玉林寺」の境内に出る。境内の先、ほそーい路地を左折。ここ、分かりにくいので見落とさないで。「言問通り」に出ちゃったら行きすぎ。

d0014408_15591292.gifちょっと広めの通りに出たら、三角コーナーに大木!鉢植えだっというこの子、今では家より大きいよ!

d0014408_15593246.gif三角コーナーを回りこんでまっすぐ、銭湯の煙突を目印に進もう。途中、屏風屋さんや巨大サボテンが現れる。銭湯「柏湯」は何とギャラリー

d0014408_16131.gif大通りに出たら、有名な「愛玉子」が目を引くけど、ここはスルーして「谷中ボッサ」に。ボサノバカフェでまったりタイム。

戻って北へ。桜並木が見事に見えるけど、一本左の通りを抜けましょう。ここにも、気になるお店が沢山。器の店、べっこう屋さん、はたまた、長屋バー??

d0014408_165473.gif観音寺を左折すれば、「築地塀」。
突き当りまで行って右折、階段を降りれば左に大きな空き地、右は「谷中コミュニティーセンター」。右折すれば「谷中銀座」。左折してしばらく行くとちょっと賑やかに。有名な喫茶店、「乱歩」があったり、根津よりきもち垢抜けた印象かな。
団子坂の下、千駄木駅から帰りましょうか。

最初にアップした際、お花屋さんの位置がずれていました。修正してあります。

[PR]
by cicerone | 2006-01-10 16:36 | お散歩ルート(MAP)