旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

純レバ丼とは? -菜苑-

d0014408_1424450.gife-styleさんとのデートの仕上げは、「菜苑」でのディナー。
「菜苑」は「亀戸天神」に程近く、「船橋屋」と同じ通り沿いにあります。

d0014408_1424974.gif遠くから食べに来る人もいる”純レバ丼”が有名と聞いていたのですが、純レバ丼て・・・?
純粋なレバーの丼・・・??
イマイチどんなものかよく分かりません。

お店はごく普通のラーメン屋といった感じ。体育会系の男性が何人も働いています。カメラを構えると、マスターらしき人がポーズをとってくれました。
HPにもお顔が出ているし、案外、撮られるの好きですね?そうですね?

d0014408_14241366.gifこれが”純レバ丼”。スープが付いて、1,000円弱(確か)。
白いご飯の上に甘辛く味付けしたレバー、さらに大量のネギが乗っています。
ネギの量に圧倒されますが、レバーの味がかなり濃いので、一緒に食べるといい感じです。かなり辛みが強く、後を引きます。
さすがに完食ならず(1日中食べてますから!)でしたが、たまに食べたくなるというのが納得できる味付けでした。
この”純レバ丼”、鳥レバーのようですが、レバーらしいもったりとした部分と、こりっと硬い部分が混ざっています。”純レバ丼”の”純”の意味は分らりませんでしたが・・・

人気店のようで、お客さんはひっきりなしにやってきます。テイクアウトの方もいますし、女性のお客さんも多く、1人でも入りやすそうな店でした。

d0014408_14241866.gifこちらは、e-styleさんにお土産にいただいた「押上煎餅」。
お煎餅だとは伺っていたのですが、こんなに可愛らしい缶に入っているとは思わず、包みを開けてびっくりしました(缶はとってあるよ~。素敵なお土産ありがとう!)。
「押上煎餅」は、甘い和菓子もありますし、お煎餅も様々な種類があり、あれもこれもと手にとってしまう楽しいお店です。
暗かったのでお店の写真はありませんが、興味のある方は地図で大体の位置を確認してください。明治通りから路地を入ったところです。

菜苑
address:江東区亀戸3-1-8
access:JR亀戸駅徒歩20分(目安)
open:6PM-3AM
close:日曜日、第4月曜日


[PR]
by cicerone | 2006-04-27 14:43 | 美味しい!東京