旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Feel Okinawa No.3 -紅獅子-

d0014408_11462216.gif那覇初日の夜。翌日からの旅気分を盛り上げるため、オーソドックスな沖縄料理を食べようと向かったのは「紅獅子」という居酒屋。
定食屋さんもいいけど、品数を多く取れなかったりするので、色々な沖縄料理を食べたいと思ったら居酒屋へ行くべしです。
沖縄料理を出す居酒屋は沢山あり、どこもメニューは大差ないように思うので、立地やクーポンなどの特典で選ぶといいですね。
d0014408_11462772.gif
この日はスタンダードな沖縄料理をいただきました。
まずは”海ぶどうサラダ”、”島らっきょうの塩漬け”、”ジーマミー豆腐”。
海ぶどうはプチプチした食感が楽しい海藻。市場では3パック千円でしたが、帰ってから行った東京の物産展では、1パック千円でした。
ジーマミー豆腐はしょうがが乗って、これもなかなか合います。”島らっきょう”は美味しいですが、食べた後1日臭いました。

d0014408_11463222.gif続いて”フーチャンプルー”と”ラフテー”。
チャンプルーといえば東京ではゴーヤが有名ですが、フーチャンプルーとは車麩を野菜と卵で炒めたもの。麩に卵液がしみ込んで、ほわほわになるのですね。
ラフテーは豚の角煮。沖縄のラフテーは泡盛で煮込むのかな?ここのはちょとしょっぱめの味付けでした。私は、もうちょっと甘みがある方が好みです。それにしても、東京の沖縄料理屋で出てくる倍くらいの大きさですよっ。

d0014408_11463974.gif”グルクンのから揚げ”と”島豚の塩焼き”。
グルクンは沖縄のあちこちで見かける赤いお魚。見かけによらず、味は淡白で食べやすいです。
今回行くまで知らなかったのですが、島豚って”アグー”と呼ばれ、美味しいと評判なのですね。もちろん、不味くはなかったですが、普通に豚肉を焼いた味がしました(^^;

ここまででお腹いっぱい。
1品の単価が600円から700円程度なので、東京と比べると2/3弱の価格帯でしょうか。安いですね。

紅獅子
address:沖縄県那覇市久茂地3-9-10
access:ゆいレール県庁前駅徒歩3分
open:5PM-1AM


[PR]
by cicerone | 2006-05-10 12:14 | 東京を離れて