旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Feel Kyoto No.4 -玉半-

d0014408_14443024.gif豆水楼」で美味しいランチの後は、観光したりケーキを買いに行ったりしていたのですが、それはまた次のエントリにして、これは夕食に訪れた「玉半」です。

d0014408_14443631.gif石塀小路という最高のローケーションで、お部屋も中庭を囲むような2間続き。人数に対して広すぎるので、ちょっともてあまし気味だったのですが、こういうお店では舞妓さんを呼んだりするのですね。
純和食のコースで、どれも丁寧に料理され、季節感溢れるものばかりでした。

d0014408_14444124.gif食前酒に始まり、小魚や練物などの前菜がサーブされます。



d0014408_14444661.gif続いてお刺身。脂がのって、とろっとろのぷりっぷり。
右はこの店自慢のこのわたのお吸い物。茶碗蒸しのようなクリーミーなお味。

d0014408_14445155.gif筍とワカメを炊いたものと、鮎の笹焼き。
笹の上にどどーんと乗ってくる鮎は大迫力。思わず歓声が上がります。頭から尻尾まで、全て食べれるほど美味しかった。

d0014408_1445994.gifカレイを揚げて、煮浸しにしたもの。ネギを乗せて食べると絶品。揚げてあるので、なかなかボリュームがあります。隣は貝のお汁。

ここまでで大分お腹いっぱいなのですが、メインイベント的な鱧のお鍋が登場。先にキノコや豆腐を入れ、ぐつぐつしたら鱧をしゃぶしゃぶします。ふわーっと開いた鱧はまるで花のよう。こんなに美味しい鱧は初めてでした。
d0014408_14451785.gif

d0014408_14452588.gifもうお腹はパンパンなのに、美味しい美味しい鯛茶漬けです。京都のお茶漬けは、あられが入ったものが多いとのこと。
デザートのシャーベットは、くり抜いたオレンジの中いっぱいに入っています。どんなにいっぱいでも、こういうのは全部入っちゃうのよねぇ~。

d0014408_14453265.gifこの日お世話をしてくれたmisakoさん。とってもキュートな方で、大ファンになりました。次行くことがあれば是非、指名したい。持って帰りたいくらいユニークな方でした。写真小さめにアップします。

d0014408_152367.gif
このお店、旅館のようですが、お食事だけでも利用できます。
近くには「高大寺」や「八坂神社」もありますので、お食事の前後にお散歩も楽しめます。旅館はちょっと高めのようだけど、このロケーションと雰囲気ですものね。

玉半
address:京都市東山区祇園下河原町477


[PR]
by cicerone | 2006-05-31 15:16 | 東京を離れて