旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

穴子と卵焼きの店 -左可井-

d0014408_13293399.gif翌日はこれぞ夏!という感じのいいお天気。かーっとお日様も照りつけています。でもこの日、東京は午後から土砂降りだったようですね。湘南は1日いいお天気でした。

せっかく茅ヶ崎の方まで来たので、”鳩サブレー”を食べたかったこともあり、鎌倉まで足を延ばしました。
鎌倉に来ると8割くらいの割合で食べにいくお店があります。それは穴子と卵焼きが売りの「左可井」。

d0014408_13293887.gifこちら、「河童」と同じく個人宅を使ってのお店、まんま、他所のお宅にお邪魔しますといった感じです。鎌倉から行く場合はバス利用と少々不便なのですが、隣にさわさわと川が流れ、いい雰囲気です。

d0014408_1329434.gifちょっと早く着いてしまったのですが、近くの杉本観音を見てもいいし、などと思っていると、4人組のオバちゃん集団がだーーーっと来て順番待ちを始めました。ちょっと周りを歩いてみたものの、暑いしお店の前で待つかと並んだ時、今度は若い女性のグループが後ろに付き、その後間もなく関西弁のオバちゃん集団が・・・オープンして中に通されると、すでに1組中でお待ちでした。随分人気店になってしまったのですね。

そうめんやうどんもあり、暑い季節には心惹かれるのですが、ここはやっぱり穴子丼。卵焼きとお吸い物が付いて1,000円です。これに、小鉢が付くと1,260円。穴子の押し寿司もあり、これもそのうち食べてみたいです。
d0014408_13294817.gif
穴子って結構、骨が多いのですが、蒸してあるのか柔らかく、まったく骨の存在を感じません。量も丁度良く、駐車場もあるので、鎌倉というと穴子が定番になっています。

左可井
address:神奈川県鎌倉市浄明寺2-1-31
access:鎌倉駅より京急バス5番杉本観音下車徒歩1分
open:11:30AM-3PM、5:30PM-8PM(夜は要予約)
close:火曜日、第3水曜日


[PR]
by cicerone | 2006-07-20 13:51 | 東京を離れて