旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

都電荒川線の旅 No.2

d0014408_10362346.gif
張り切って最前列に席を取ります。一駅が短く、すぐに面影橋、学習院下と過ぎていきます。直角カーブを決め、なかなかフットワークの軽い奴です。
ホームが地続きなのもいい。いちいち階段を上り下りする必要はないのです。ふらっと行ってふらっと乗れる、そんな気軽さがあります。

サンシャインが見えた辺りから混み合い始め、最前席を確保したのは失敗だと判明。なぜってとってもお年寄りが多い!一番前=乗車口なので、乗ってきたお年よりがすぐ目に入る。いちいち申し訳なくなり席を譲ろうとするも、断られる。1駅2駅と短い区間の乗車が多く、前なんぞに座りたくないんですね。落ち着きません。

d0014408_10363074.gifおまけに混んでて降りられない。「前から降りていいですか?」と聞いたら、「降り口は後ろですね」と冷たい返答。混んでる都電で頻繁に乗り降りする方は、降り口付近にいらっしゃることをお勧めします。
でも、このような乗り方をみると、都電が本当に気軽な足であることが良く分かります。縦横無尽に走っていた頃は、それこそ下駄のように使ったといいますね。

思ったよりちゃんと線路を走るのですが、大塚駅の辺りは街中を走り、ちんちん電車らしい感じがします。西ヶ原4丁目で降りればふれあい通りに、飛鳥山で降りれば旧古川庭園まで歩けます。

私は都内でも西の方に暮らしているので、東京の北側は未開の地です。王子駅は初めて降りたのですが、ここではえらいカルチャーショックを受けることになるのでした。。。(続く)
d0014408_10363814.gif

[PR]
by cicerone | 2005-05-26 07:29 | ライブ!東京散歩