旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:楽しい!東京( 46 )

両方とも中を見てないので、エントリするかちょっと悩んだのですが、ランドマークにもなるのでご紹介します。

d0014408_1731154.gifd0014408_1731223.gif最初は「大名時計博物館」。
私が生まれた年にできた博物館です。
陶芸家、故上口愚朗が生涯にわたり収集した時計を展示しており、様々な手作りの時計を見ることができるようです。
時計を作る人たちは大名のお抱えだったことから、大名時計の名前があるんですね。
肝心の大名時計は見ていないのですが、門が開いていたので敷地の中はうろうろしました(^^;
ここだけどこか違う次元のような不思議な空間。緑が沢山あるせいか、空気もひやっとしています。

d0014408_17311172.gif大名時計博物館
address:台東区谷中2-1-27
access:地下鉄千代田線根津駅徒歩10分、JR日暮里駅徒歩15分
open:10AM-4PM
close:月曜日、7月1日~9月30日、12月25日~1月14日
入館料:大人300円、大学・高校生200円、中学・小学生100円


d0014408_17313127.gifd0014408_17314061.gifもう一つはギャラリー「SCAI THE BATHHOUSE」。
もとは「柏湯」という銭湯です。この銭湯、200年の歴史があるとか!
外観は銭湯そのまんま、煙突も現役のようにそのまんまなのですが、なんてお洒落で粋なギャラリーでしょう。

中には番台も残っているようで、ここは是非入ってみたいギャラリー。
展示会は不定期のようですが、HPに予告が出ますので、訪れる際はチェックしてからどうぞ。次回は1/20-2/25に名和晃平の-GUSH-、入場無料のようですよ!

d0014408_17314979.gifSCAI THE BATHHOUSE
address:台東区谷中6-1-23
access:JR日暮里駅徒歩6分
open:12PM-7PM
close:日、月、祝日




[PR]
by cicerone | 2006-01-13 17:57 | 楽しい!東京
d0014408_14545289.gif根津の路地裏散策の途中、是非立ち寄りたいのは「丁子屋」。

明治から続く、染物、洗張りのお店です。
趣のある外観に目を留め店内に目を向けると、鮮やかな沢山の色が目に飛び込んできます。

d0014408_1455528.gifd0014408_14551091.gif実は最近料理をしだした私、いい手ぬぐいを探していました。
出汁を濾したり、巾着しぼりにしたり、生地を寝かせておく時濡らしてかけたり、手ぬぐいって何かと便利。

さっそく手ぬぐい探しを始めましたが、これが選べないくらい可愛い柄、粋な柄の手ぬぐいだらけ!
手ぬぐいの他に、ハンケチや携帯ケースといった小物類も沢山あります。
目移りしまくりでしたが、気のいいおかみさんが、優しく丁寧に柄選びを手伝ってくれました。

d0014408_14545731.gif外観も素敵なのですが、店内も素晴らしい。
商品に目を奪われますが、是非振り返って背後のよろい戸を見てください。
これって木製のシャッター。
実によくできていて、感心することしきり。

d0014408_14551590.gifさんざん悩んで選んだのは、そら豆柄の手ぬぐい。んー、可愛い!
お料理に使うので、食べ物の柄に。でも、もう次の柄が欲しい。めぼしは、つけてあるのだけどっ。


d0014408_14552172.gif丁子屋
address:文京区根津2-32-8
access:根津駅徒歩5分

masaさんのブログに、丁子屋さんの記事あり。
藍染川が川だった頃の写真も見れます。


[PR]
by cicerone | 2006-01-11 15:25 | 楽しい!東京
d0014408_2337451.gifお正月にお客様を迎えることになり、大量にバスタオルが必要になりました。
でもバスタオルって1枚○千円。5枚、10枚と買うと結構な出費です。
そこで、日暮里繊維街へGO!以前紹介した、谷中銀座からもすぐ。
年末で閉まっているお店も多かったのですが、開いていた数店でも十分興奮。

d0014408_23375480.gif99円てあなた、縫製代出ませんから!!
恐るべし、日暮里。

もう私、買い物は日暮里でしかしません!と一瞬惑わされるほどの驚愕値段。
こうなると、2,000円なんていうのが高く思えます。
皆さん、大量にご購入。

d0014408_2338393.gifもちろん、生地も沢山あり、洋裁や編み物用品なども豊富。
ここは、製作好きには堪らない所です。
革や毛皮の端切れも2,000円とか・・・
ピアニストにでもならない限りご縁のなさそうなドレスまで。

この日はテンポラリで毛皮屋さんが出ていました。
実は私、大のレザー好き。お金のない10代の頃は、フェイクレザーを着て頑張っていましたが、渋谷にあった東大門市場で牛革のコートを買ってその通気性に驚き、イタリアで買ったラムスキンのジャケットでは、その軽さと肌触りの良さに感動。
以来、韓国に行くたびに皮革市場をうろつき、1枚2枚と買い足していきました。
でも、ムートン等の毛皮になると韓国でもなかなかのお値段。ラムスキンを数着買うと、もうお財布に余裕はない・・・
しかしこの日、ムートンのジャケット(定価20万円弱)が、何と数万円にまでお値引き。最終日で大幅値引きだったこともありますが、人のいいおじいさんとおばあさんが、どんどん値引いてくれちゃうのです(ちなみに値切ってませんよ(^^;)
思わぬ散財でしたが、まぁ、お年玉ということで。

d0014408_23381119.gifお目当てのバスタオルも無事購入。1枚313円(税込み)でございます。
ひぃ~
その後、使っていますが、ナカナカ物も良いです。

そこのあなた!
今年は、ニポカジがくるかもしれませんよっ。


[PR]
by cicerone | 2006-01-06 00:04 | 楽しい!東京
明けましておめでとうございます。
皆様、お正月はゆっくりされましたか。お休みはあっという間に終わってしまいますね。
d0014408_015241.gif初詣に行った年は良い事がないのですが、今年は本厄(はっ!年がバレる!!)、地方からのお客様を迎えていたこともあり初詣に出かけました。
とはいえ、明治神宮に並ぶ元気はありません。浅草寺は大晦日に行ってしまったし・・・そうだ!今年はこじんまりとあの神社に行こう!と思いついたのは「花園神社」。
新宿の靖国通りを新宿三丁目駅方面に歩いた所。
靖国通りの歩道には、おでん屋台や出店が出て、初詣気分が高まります。

d0014408_015121.gifが・・・

鳥居をくぐったまではいいのですが、なんと「花園神社」でこの行列!!
ずーっと外まで行列が続いているのです・・・


今年も・・・初詣は挫折でございました・・・

d0014408_0151986.gifちなみに、大晦日に行った神田の「まつや」も行列で挫折。
近くの「藪蕎麦」は言わずもがなです。

こんな根性なしの本厄の女が、ちゃんと2006年を乗り切れるのでしょうか。

d0014408_0153113.gif

新宿通りに出れば、この日もドコモビルが美しくそびえ立っているのだった・・・









更新が滞り気味で、お散歩記事もなかなかアップできていませんが、今年もよろしくお願いします。
まだまだ寒いですが、冬の東京をめいっぱい歩きますよ!
皆様にとって、今年が良い一年でありますように!
[PR]
by cicerone | 2006-01-05 00:34 | 楽しい!東京
d0014408_16133372.gif
クリスマスから新年にかけて東京の夜を彩る「東京ミレナリオ」。
東京駅などの工事のため、今年でいったん終わりとのこと。そのためか、今年は例年以上の人出となっているようです。
日曜日に行ってみましたが、確かにすごい人人人。

d0014408_16134151.gifd0014408_16135086.gifものすごい人にくじけそうになるけど、やっぱり華やかで美しい。
鍛冶橋通りとの交差点にあるワインバー「LES CAVES TAILLEVENT」の前には、ホットワインの即席屋台。寒い屋外での鑑賞には、嬉しい限りです。

ミレナリオの会場は、「丸の内仲通り」。この車道が会場となり(地図ピンクの部分)、通りにはロープが張られ、歩道から車道(会場)には入れません。
会場に入るには東京駅が最後尾です。丸の内南口から北へ向かってずんずん。列は永代通りに入り、そこから丸の内仲通りの会場まで歩いていきます。待ち時間は、この日(日曜)で2時間とのこと。

d0014408_16135840.gif”どうしても真中を歩きたいの!”という方は、このコースで2時間並ぶしかありません。並ぶ場合は地下から並ばず、さっさと地上に出てしまった方が早く見れそうです。
”ちょっと斜めでも見れればいいの”という方は、日比谷駅の方から会場に向かいましょう。会場はあくまで車道なので、隣接する歩道はフリーです(地図青で囲った部分)。空いているとはいえませんが、待ち時間ゼロでミレナリオの縁を歩けます。ここからでも十分楽しめますし、私も日比谷から行ってこの写真を撮りました。
d0014408_16274836.gif
来年は見れませんので、混雑がニガテな方も、日比谷側から眺めてみてくださいね。

東京ミレナリオ


[PR]
by cicerone | 2005-12-27 17:06 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP

d0014408_14151335.gifすっかり深川散歩がそっちのけになってしまいました。続きいってみましょう!

清澄庭園から清澄通りを隔てて向かい側に、ちょっと面白そうな路地。この路地の先が、「深川江戸資料館」。
江戸時代の深川に、タイムスリップできる施設。

d0014408_14151891.gif集合住宅に長く暮らしている私にとって、長屋生活というのは想像の外。薄い壁1枚ですぐ隣という生活は、寮生活か何かのようで楽しそうだ。
長屋といっても、実際には2階建ても多くあったという。
雨戸の使い方、火鉢のおき方、水浴び、年始の仕度etc・・・実に面白くパネルで紹介される。

d0014408_1415233.gifこちらの資料館のメインは、何と行っても江戸時代の街を再現した施設。吹き抜けになった空間に現れる江戸の深川。まず目に飛び込んでくるのは火の見やぐらと井戸。ああ、ここで水くみをすることから、江戸の人たちの1日が始まったのでしょうね。

とっても凝っていて、八百屋さん、お米屋さんなどはちゃんとお野菜やお米の小道具が配置されている。
お店の他に居住用の長屋もあって、庭では布のオシメがひらひら。この時代の部屋って、とってもコンパクト??

d0014408_14152973.gifうーん、薄暗くてよく見えん!と思ったらもっと暗くなって夜になった。そのうち朝焼けが始まり・・・なんと1日のサイクルで日が昇ったり落ちたりするのです。昼間のうちに、慌てて写真撮影(笑)。

d0014408_14153428.gif電気のないこの時代。日が落ちれば暗くなるのは当然。だから日が出ているうちに、仕事を済ませてしまうのですね。
当時の人たちが、その後、いつまでも起きていられる時代が来ると知ったら、どんな風に思ったかしら。まっぴらごめん!と思うかな(笑)。

行ってみたい時代No.1は江戸時代。
文化が花開き、女性も元気で旅行も盛ん。今では道交法のおかげかあまり盛んではないベンダー文化も、この時代は当たり前に沢山あったといいます。
矢絣柄の浴衣を着て、買い食いしながら江戸の街を歩いてみたい。時間を越える願いはなかなか叶いませんが、ちょこっと江戸体験ができました。

江東区江戸深川資料館

address:江東区白河1-3-28
access:大江戸線清澄白河駅A3出口徒歩3分
open:9:30AM-5PM
観覧料:大人300円、小中学生50円


[PR]
by cicerone | 2005-12-06 15:05 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP

d0014408_13152686.gif以前ご紹介した駒込にある「六義園」。
こちら、枝垂桜と紅葉の時期に、夜のライトアップを開催します。
先週末、「湘南くいだおれー」のsugareeさんと、夜の紅葉を楽しみました。
春は何度も見ていますが、秋の紅葉は初めて。

d0014408_13153256.gifsugareeさんとお会いするのは、バクテーズに続いて2回目。
向かう途中パラパラと小雨が降ってきましたが、何とかお天気も持ち、日も落ちていい感じ。
入り口から、真っ赤に紅葉した木々に迎え入れられます。
d0014408_13385758.gif
六義園の枝垂れ桜はとても見事。華やかに花が咲く春にくらべ、秋は地味じゃないのかしら?という不安は簡単に吹き飛びました。
春とは一味違いしっとりと、それでいて艶やかな紅葉。雅な光景にうっとり。

出店が並ぶ春に比べ、秋は通常営業しているお茶屋のみ。少々静かな印象です。
残念ながら、夜のライトアップは昨日で終了。
今年は終わりましたが、毎年やっていますので、次の機会に訪れてみてください。都立庭園の中では、美しさという点で見ごたえがあります。
d0014408_13154394.gif

ちょっと前から、カテゴリを国内旅行に変更しました。
いつも応援有りがとう~!!

[PR]
by cicerone | 2005-12-05 13:51 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP

d0014408_13123177.gif明治神宮外苑の国立競技場の辺りからは、新宿御苑がすぐ近く。上手に周れば2箇所で紅葉が楽しめる。
外苑からは、JRの線路を超えて”千駄ヶ谷門”から入ると近いでしょう。

d0014408_1292880.gifこの日は千駄ヶ谷門の反対にある”大木戸門”から。この他に、大木戸門と同じ通り沿い新宿寄りに”新宿門”があります。
大木戸門の周辺はどことなくヨーロピアン。中に入らなくても、御苑に沿って飲食店等が点在するおしゃれな散歩道。
中に食堂もありますが、やっぱり‘食堂の味’なので、この辺りのパン屋さんで買っていくのも楽しそう。

d0014408_1293360.gif新宿御苑も広大。中には温室あり、日本庭園あり(茶室もある)、フランス庭園あり・・・と、くまなく歩くと4、5時間は過ごせそう。

苑内のいたるところから形が美しいドコモビルが見え、ベストビュースポットを探すのも楽しい。

植物観察会などもあるようですが、沢山の自然を楽しめるのも御苑の魅力。接木したのがそのまま付いたのか、面白い木を発見(↓左)。この季節に夏みかん!(↓真中)。うわっ、桜まで!!(↓右)。
d0014408_13364845.gif
さて、紅葉。
苑内どこもかしこも見事の一言。散策しながら、秋を十分に堪能することができます。
d0014408_1294446.gif

d0014408_13495511.gif←ただいま”2005新宿御苑フォトコンテスト”募集中につき、こんな方がたっくさん。
皆ものすごいレンズつけてるなぁ~(^^;


フランス式整形庭園は雰囲気ががらっと変わり、パリの植物園を思い出させる。
バラも見ごろを迎えています。
d0014408_12325364.gif
東京の紅葉は、今週末くらいまででしょうか。気温もだんだん下がってきました。
過ぎ行く秋を惜しみつつ、皆さんの秋を東京で見つけてください。

新宿御苑
address:(新宿御苑インフォメーションセンター)新宿区内藤町11
access:詳しくはこちら
open:9AM-4:30PM
close:月曜日
入園料:大人200円、小中学生100円


[PR]
by cicerone | 2005-12-01 13:51 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP
d0014408_14574192.gif
何週間もお天気が続いている東京。
空気は乾燥しきっているけど、お出かけできるのは嬉しい限り。風が冷たくなってきたけど、お日様の下はぽかぽかと暖かく歩きやすい。それに、きりっと冷えた空気の中を歩くのも、なかなかいいもの。

全国的に紅葉が遅れたようですが、東京も12月になろうという時期にようやく見ごろ。深川散歩が途中ですが、時期モノなので先にこちらを紹介します。

d0014408_1552854.gif東京以外にお住まいの方でも、トップの景色は見覚えがありませんか?
数多くのTVドラマや映画で舞台となった、神宮外苑のイチョウ並木。この並木が、今1年で最も美しい時期を迎えています。

こんな素敵な並木は、恋人とちょっと距離を置きながらゆっくりゆっくり歩きたい・・・秘めた恋だとなお素敵・・・などと妄想が膨らみますが、この時期この並木は”イチョウ祭り”。この景色を独占はできないのでした・・・笑
でも、人が多くても一見の価値あり。ずらーっと黄色に紅葉したイチョウが並ぶのは、なかなか圧巻なのです。

d0014408_1573538.gif神宮外苑は、都内でも大きな緑地帯。せっかくなので、出店で買い食いしながら、苑内を楽しく歩くとしましょうか。

東京は皇居の西側に、このような大きな緑地がいくつかあります。神宮外苑の東側には「赤坂御用地」、北側には「新宿御苑」と、ずっと緑地が続きます。思ったより、緑の多い街でしょう?
代々木公園と同じく、ここもかつては練兵場。

外苑の中には、「絵画館」、「神宮球場」、「東京体育館」などの巨大施設が点在。
ゴルフ、フットサルの練習場、テニスコートはもちろん、アイススケートリンクもあります。

施設を使うのもいいですが、かなり広大な敷地ですから、ただぐるっと一回りするだけでも小1時間のお散歩。
どうやら日・祝日はレンタサイクルが無料のようなので、今度はサイクリングをしに行こうかな。

明治神宮外苑
address:新宿区霞ヶ丘神宮外苑
access:JR信濃町、銀座線外苑前、半蔵門線・大江戸線青山1丁目、大江戸線国立競技場前(広いので、目的地に近い駅を事前にチェックしましょう)
駐車場:絵画館396台(普通車1回千円)、青山132台(普通車30分250円)、信濃町19台(1時間500円)


[PR]
by cicerone | 2005-11-30 15:47 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP

d0014408_13595575.gif今回、「芭蕉記念館」はパス。
森下駅から隅田川沿いの散歩を楽しんで、都立「清澄庭園」に。
大江戸線の清澄白川駅ができて、アクセスがとてもよくなったという評判ですが、確かに駅のすぐ近く。


d0014408_140195.gif都立庭園はいくつか見ていますが、中ではちょっと地味な庭園という印象。
でも、のんびりした空気が漂い、深川という街にも溶け込んでいます。

この庭園の魅力はやはり池。「回遊式林泉庭園」という造園手法は、明治の代表的なものだそうです。

d0014408_140632.gif広い池に3つの島が配され、この島や数奇屋造りの建物の影を、水面に映すように作られています。
池にせり出した数奇屋造りの涼亭は、実に情緒豊か。中に入って紅葉を愛でたい衝動に駆られますが、集会室なので借りないと中には入れない様子。こんな所でお茶会を催したら素敵ですね。

かつては隅田川の水を引き入れており、東京湾の潮の干満によって水量が変化していたようです。現在は、雨水で賄っているとのこと。
同じ都立庭園の「浜離宮恩賜庭園」は、今でも海水を引き入れていますが、唯一の潮入りの池ですね。

庭園のすぐ隣は「清澄公園」。そういえば、駒込の「六義園」の隣も公園です。
紅葉の具合からいうと、この無料の公園の方が色づいていてきれいでした。広々とした、なかなか良い公園です。「清澄庭園」にきたら、せっかくなので隣の公園にも立ち寄ってみるといいでしょう。
d0014408_1401162.gif

清澄庭園
address:江東区清澄3-3-9
access:都営大江戸線・半蔵門線清澄白河駅徒歩3分
open:9AM-5PM(最終入園4:30PM)
close:12/29-1/1
入園料:一般150円、65歳以上70円、小学生以下・都内在住在学中学生無料


[PR]
by cicerone | 2005-11-25 14:52 | 楽しい!東京