旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:楽しい!東京( 46 )

d0014408_11483114.gif神保町のすずらん通りを御茶ノ水方面に向かっていくと、駿河台下交差点手前、倉田ビルの4階に、小さな本屋さんがある。エレベータで上がってみよう。

d0014408_11483746.gif5人も入ればギュウギュウというスペース。この本屋さん、実はずっと前から探してて、なかなか見つけられなかった。すずらん通りは何度も通っているのに・・・
ようやく発見したので、ここでご紹介。

d0014408_11484416.gif「呂古書房」というこの書店。専門は豆本や限定挿画本、蔵書票集、玩具関係書となかなかマニアックな品揃え。

豆本が見たくて探していたのだけど、ありましたありました、小さな本たち。本の高さは女性の手の平半分くらい。専用の本棚もあるようです。
豆本はテキストだけではなく、絵本まであるのにびっくり。こんな小さい本なら、持ち運びも苦じゃない。

どうやらこの店、伝統こけしも専門らしい。こけしもお店中に沢山置いてある。私はこけし、ちょっとニガテなのですが(怖くないですか?)、マニアにはたまらないのだろうか?


d0014408_11485011.gif

呂古書房
address:千代田区神田神保町1-1
access:神保町A7出口徒歩5分
open:10:30AM-6:30PM
close::日曜・祝祭日
[PR]
by cicerone | 2005-08-12 12:16 | 楽しい!東京
d0014408_11493520.gif東大赤門を入って左手。ウッドデッキが敷かれ、ガラス張りが気持ち良さそうな建物が見える。

これが”東京大学コミュニケーションセンター”。東大の研究成果を利用した商品作りをして、販売している。

d0014408_11494462.gifちょっと前に話題になった”御酒(うさき)”という泡盛もここで手に入る。沖縄の黒こうじ菌が使用されているこのお酒、幻の酒といわれています。
それは、沖縄では1946年の地上戦で菌も壊滅したと思われていたところ、東大の分子細胞生物学研究所の標本として保存されていることが分かり、その菌を返して復活したお酒だから。味はいまひとつと聞いたことがあるのですが、何ともロマンチックなお酒です。

ここでは他に、カードやペン類、ストラップなどのステーショナリーが売られています。案外、センス良いモノが売られていると思ったら、革製品は銀座「和光」と、陶器類は大倉陶園とのコラボだとか。そういえば、Kai-Wai散歩のmasaさんも、和光とダブルネームのお財布のこと、記事にされてました。
東大散歩のついでに、何かお土産を探してみよう。
d0014408_1149495.gif
東京大学コミュニケーションセンター
[PR]
by cicerone | 2005-08-10 12:14 | 楽しい!東京
d0014408_10323887.gif引き続き水道道路CONCENTより少し初台寄りにあるセレクトショップ
「フォニック・フープ」。

雑貨・家具を扱っているこのお店、外観からして可愛らしく目をひくのですが、入ってみたらお宝満載。

d0014408_10324393.gifまず目をひいたのが照明たち。金属でできたカバーをふわりとかけたランプ。光のニュアンスが面白い!
次に目をひいたのは台所用品たち。おしゃれなおしゃれなナイフセット(これ、狙ってます。でも置き場所がなぁ)、絶対欲しい量りやミキサー。積み上げるとタワーになるカップなどなど・・・どれもこれも一工夫あり、これはあまり見たことないぞ!でもおしゃれ!欲しい!と思うものが沢山。

嬉しいことにお値段もリーズナブル。いくつも欲しくなっちゃうけど、これなら私のお財布でも払えるわというお値段設定。

d0014408_10324925.gif国内外で買い付けされるという素敵な雑貨や家具。ここではあまり詳しい商品の写真を載せられないので、インテリアに興味のある方は是非、行ってみてくださいね。イケメン店長がお出迎えしてくれます。
ちょっと入っただけでは分からないのですが、地下もありますよ。

d0014408_10325431.gifお隣にはカフェ。素敵な雑貨や家具に囲まれて雰囲気は最高です。夜遅くまでやってるようなので、今度は1杯飲みに来なくちゃ。
1階は、昼下がりのお茶にもよさそうでしたよ!

フォニック・フープ
↑楽天に出店してます
address:渋谷区本町1丁目60-3味の花ビル1階・B1階
access:初台駅徒歩7分
[PR]
by cicerone | 2005-07-08 06:56 | 楽しい!東京
d0014408_14132081.gifd0014408_14131454.gif新宿から京王新線で1駅目の「初台」。
たった一駅なのにうって変わって落ち着いたエリア。初台周辺は渋谷区だけど、オペラシティまでは新宿区。

比較的空いてるので、ゆっくりしたい時にお勧めです。

d0014408_14132669.gif初台といえば、駅直結の「東京オペラシティ」。
コンサートホールやアートギャラリー、企業のオフィスにショップ&飲食店を併せ持った複合ビル。
ホールの設備は素晴らしいけど、鑑賞だけに訪れるのは勿体ない。可愛いショップでお買い物してゆっくりお茶もできる、「東京オペラシティ」の中をご紹介!

改札は新宿寄りを利用して。エスカレータを上ると巨人がお出迎え。この子、いつも何やら歌ってます。

d0014408_14134345.gifd0014408_1413487.gif地下のインド料理「ガンジス」はリーズナブル。テラス席もあるイングリッシュパブ「HUB」は、チェーン店だけどお昼もやってる珍しい店舗。紅茶とスコーンでアフタヌーンティ!
アメリカンパイの「アンナミラー」は制服がスゴイ。女性でもスカートに目がいっちゃう(><)
中のフードコートには「西安餃子」。おろし餃子と坦々麺と突き出しのカシューナッツが旨い!

1階にはシンプルなインテリアショップ「One's」に、ナチュラス派の聖地「生活の木」。「Andrew's Tie」はイタリアンネクタイがリーズナブル。
女性の働きたい企業No1? 化粧品カタログ販売の「AVON」。もしかして店舗はここだけ?
木の住まい作りのプロ、「木童」のショールームも!

2階のテラスには美味しいケーキ「Pont Des Arts」。3階にある弦楽器専門店もステキ。
53階展望レストランの「叙々苑」「つな八」では素晴らしい夜景を眺めながらの贅沢ディナーを堪能。軽く1杯というときは「サバテーニ」へGO。もちろんここも、夜景は最高!芸能人の御忍びホテル、パークの夜景がばっちり。

d0014408_1415579.gifとても全ては紹介できないので、興味を持った方はHPをどうぞ。
雨雨な日々ですが、ここなら濡れずに快適ティータイムが過ごせます。
暑いときに涼みに行ってもいいですよ♪


東京オペラシティ
address:新宿区西新宿3-20-2
access:京王新線初台駅徒歩1分
close:1月1日~3日、2月第二日曜日、8月第一日曜日
駐車場:870台
[PR]
by cicerone | 2005-07-04 06:51 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP
d0014408_1304823.gif
16号線を基地と反対方向へ進むと、福生駅前の旧赤線地帯に出る。戦後から1958年の売春防止法まで、この辺りは売春地帯であり、米進駐軍が遊ぶ場所でもあったのでしょう。これも、基地を抱える福生の一面。
今でも地元の人には赤線と呼ばれ風俗店も多いけど、エスニックレストランなども増えて少しずつその顔を変えています。

赤線を抜け福生駅を超えて多摩川上水へ。さっきまでの赤線地帯から一転し、さらさらと流れる上水は優しくのんびりした景色。春は桜が見事な川べり、みやもと橋を超えると”嘉泉”というお酒がウリの「田村酒造」があります。

見学は予約が必要ですが、行ったときに見学会をしていれば混ぜてもらえます。ここの蔵見学、奥の奥まで見せてくれる。通常、他の蔵では見ることができないという仕込み部屋で、お米がふつふつと酒に変わる様子まで見ることができるのです。
ひっそりとした蔵の中で説明を聞くと、酒造りというものは非常に厳粛なものだと感じる。働いている人達も誇らしそう。こういう”もの造り”を仕事にできるのは、とても幸せなことだろうな。

蔵の裏には玉川上水を引き入れた庭園。庭にある巨木は樹齢ん百年(忘れた・・・)で、樹医にかかっているとのこと。腐った部分を取り除き、そこにコンクリのような物を流し込む。まるで歯医者の治療のようですね。

見学の後はお楽しみの試飲会。お勧めは春に出る一番絞り。フルーティーな香り高く、きりっと冷やして飲みたいお酒。すばやく販売コーナーが設置されるので(笑)、お土産に1本買って帰りましょう♪
d0014408_131512.gif
田村酒造
address:福生市福生626
access: 福生駅徒歩10分
[PR]
by cicerone | 2005-06-23 07:21 | 楽しい!東京
地図はこちら→MAP
d0014408_1348033.gif
都内で最もアメリカンなところといえば、東京の西の端、横田基地を抱える福生周辺ではないでしょうか。
国道16号線を八王子方面から川越方向に走ると、基地の手前からLAのような景色が広がってきます。LAといっても、ロングビーチ辺りの感じ。

16号沿いには、古着やアクセサリー、軍の払下品からプラモデルetc・・・面白いお店が点在。保険屋(外国人向け?)や「外国訪問用土産」屋さんといった、ちょっと変わったお店も発見。ウインドウショッピングをしながらのブラブラ歩きが楽しい通りです。
この国道16号沿いの商店街(横田基地前商店街)を、”東京ハリウッド”と呼ぶの、皆さん知ってました?

16号からちょっと裏手に入ると、平屋の米軍ハウスがちらほらと。かつてはアメリカンビレッジと呼ばれたハウス群、ベトナム戦争後、米軍の縮小に伴い空き家となったところに日本人が住み始めました。
大分数が減ってしまったけど、庭の感じや佇まいにどことなく異国の香りが漂い、今でもアートな人たちを惹きつけているようです。
村上龍や山田詠美の書いた世界に、ちょっと触れた気がします。

普段は横田基地の中には入れませんが、桜の日や友好祭など、年に数回一般に開放される日があります。お友達がいる場合も入れますよ。
d0014408_1348546.gif
横田基地前商店街(東京ハリウッド)
国道16号線沿い
access:JR東福生駅から200mほど

横田基地
access:JR東福生駅から200mほど
福生市、立川市、昭島市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町の5市1町にまたがる。最も提供面積が広いのは福生市。
[PR]
by cicerone | 2005-06-21 07:05 | 楽しい!東京
d0014408_14422737.gif駿河台下を新御茶ノ水駅に向かっていくと、三井住友海上ビルが現れる。ビル前の通りは飲食店が並び、その割に落ち着いて静か。ハンバーガーの「KUA AINA」なんて有名店もあって、他の店舗は混み混みだけど、ここではゆっくり食べることができそう。

お散歩の途中で立ち寄りたい店、「エコロジーショップGAIA」。KUA AINAと同じ並びにあります。このビル、地下1階から地上3階まで、すべてナチュラル&ヘルシーに関連したものばかり。

d0014408_14441939.gif地下には各種の石鹸類。洗濯用、キッチン用、スキンケア商品なども所狭しと並んでいます。アロマのオイルなども充実。石けんも香料を使っていないなど、肌に優しいものばかり。
1階は楽しい食べ物たち!お酒類もあります。天然酵母のパンやお弁当。各種調味料に野菜たち。
2階の雑貨売り場では、オーガニックコットンなど優しい素材の衣類や小物。
3階はブックストアー。ここも自然、健康、手作りなどの本ばかりが揃っています。

d0014408_14442660.gifとにかく狭く、どの階も商品がぎっしりと。細くて急な階段はちょっと怖いけど、上ったり降りたりするたびに発見する物が楽しい。

d0014408_14443595.gif階段に無造作に置かれてる物の中に、セール品があったりするので見逃せない。
この日はフランス製ビオのジャムが半額!ぶつ切りのアプリコットで作ったジャムは、優しい甘さで家で作ったような味。プレーンヨーグルトに乗せて食べたら、とっても美味しかった!

この辺りを通りかかったら、GAIAは必ずチェックします。皆さんも覘いてみてくださいね♪

GAIA
address:千代田区神田駿河台3-3-13
access:地下鉄千代田線B3出口徒歩2分
open:11AM-8PM(月~土)、12PM-7PM(日、祝)
[PR]
by cicerone | 2005-06-14 07:06 | 楽しい!東京
d0014408_1813519.gif日比谷公園に行った際、皇居の方まで足を延ばしてみました。
今まで、皇居って遊びに来るところという感覚がなかったのですが、意外にも沢山の人が思い思いに過ごしているので驚きました。

d0014408_17502351.gif

日比谷公園を抜け、祝田橋を渡ると皇居外苑。この日は休日のためか、車両通行止めに。車が入ってこないので道のど真ん中を歩ける。普段あまり見られない景色を見ながら、広い道路の真中を歩くのは爽快!

d0014408_1863971.gif
内堀通りをまっすぐ進むと、ひたすら目の前に続く砂利道。東京のど真ん中にこんな広大なスペースがあるとは!
外から眺めてるだけでは分からない、壮大な景色に驚いた。
「これが江戸城かぁ~」などと口を開けてると、反対側には東京タワーや東京駅が現れる。東京タワーって、何度見ても「お!東京タワー」って思ってしまうのは何故だろう?

d0014408_17503648.gif
皇居前広場を抜けるとパレスホテル、もう少し行くと気象庁が見えてくる。ここまで来れば、本の街、神保町もすぐ近く。

しかし、NYのセントラルパークもビルと公園のコントラストがすごいけど、皇居前広場の景色も全然負けてないな、と思った。
植わってるのが松ってとこが、ジャパンでいいよね。
[PR]
by cicerone | 2005-06-07 18:15 | 楽しい!東京
d0014408_1263547.gif昨日は日本ダービー。府中にある東京競馬場へ行ってきました。
私、花札、ポーカー、麻雀できず、パチンコ屋も入ったことがなく、競輪、競艇、競馬と全て行ったことなし!というギャンブル音痴。なので、日本ダービーがいかほどのものか良く分かってなかったのですが、国内では大きいレースなんですね(おいおい)。

d0014408_11244767.gif京王線、府中競馬場正門前で降りると、いますいます、予想屋さん。とりあえず競馬新聞を買って入場(200円)。中では、これから走る馬たちが、パドックをぐるぐる回っています。周りをマネして新聞片手に眺めてみるが、さっぱり分からず。。。
馬券を買いにスタンドの中へ。意外にもきれいな建物で、様々な人たちが座り込んだり寝転んだりして何かを書き込んでいます。しかし、用語が分からない!ながしって?枠連て?馬連て??と疑問符の嵐。

何とかマークシートを記入しましたが、後に私のようなビギナーに書き方を教えてくれるブースを発見しました。買い方は、先に現金を機会に入れ、後から書き込んだシートを挿入すると、清算されて馬券が出てきます。馬券を買うことを”投票”と言うんですね。100円から買えるので、私のようなビギナーでも、気軽に楽しむことができます。

d0014408_11283915.gifいよいよ、コースへ。ものすごい人です!レースが進むにつれ、歓声も大きくなります。特に、ゴール前のスタンドのどよめきはすごいっ。興奮が伝わってきます。高額をつぎ込んでる人にとって、一瞬にして失うか、大きく膨らむかの瀬戸際です。なるほど、必死になります。

東京競馬場には、多摩市にあるラーメンの名店「西海」があります。アゴ出汁スープにアオサが乗った美味しいラーメン(480円)。本店は行列必死です。こちらも並びますが、さすが競馬場、すごい速さでさばいていき、すぐにラーメン登場です。立ち食いだし、本店に比べるとちょっと雑な感じはありますが、やっぱり美味しい。競馬の熱を感じながら食べるラーメン、格別でした。

緑豊かな東京競馬場は、スタンドを離れるとちょっとした散策コースのよう。でもいたる所にモニタがあってレースの状況が分かります。スタンドに行かず、緑の中でのんびり楽しんでいる人も多かったです(みんな酔っ払ってましたが)。さながら、”オヤジの大ピクニック大会”でした。こんな休日の過ごし方も、たまには楽しいですね。

東京競馬場
address:府中市日吉町1-1
access:京王線不忠競馬場正門駅徒歩2分(専用歩道橋)
open:開催時9AM(発売は9:30AM~)
入場料:200円
[PR]
by cicerone | 2005-05-30 12:55 | 楽しい!東京
d0014408_11373369.gif日比谷公園。普段は通り抜けたり脇を駆け抜けたり、なかなかゆっくり散策することがありません。そこで、休日に出かけてみました。
この日はAfrican Festa 2005 というイベントの日。公園内には打楽器のリズムが鳴り響き、大勢の人でにぎわっていました。

d0014408_11374457.gifステージでは沢山の人がリズムに乗って踊り、会場もノリノリ。こういうの、楽しいですね。そして何といっても素敵なのは、衣装がカラフル!アフリカ系の人も日本人も、アフリカンカラー(というのかしら?)の衣装に身を包み、鮮やかな原色で公園を彩っています。

d0014408_11504571.gif
日本とアフリカの相互理解・交流を促進するためのこのイベント、今年は5回目なんですね。NGOのアフリカを支援する各団体の活動ブースの他に、アフリカ各国の大使館が、民芸品や工芸品、伝統衣装などの展示を行っていました。
アフリカって自分にとっては遠いところ。各ブースを覗くたび、自分がいかにアフリカのことを知らないかを認識しました。普段あまり目にしない食べ物の屋台も出ていて、飲食系のブースは大行列です。

d0014408_11512258.gif

African Festaは昨日までですが、日比谷公園はバラが満開。辺りはバラの濃厚な香りが漂い、アロマ効果でリラックスできます。
休日の日比谷公園を散策してカフェでお茶、優雅ですね~。

日比谷公園
address:千代田区日比谷公園
access:地下鉄丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」(M15・C08)、地下鉄日比谷線「日比谷」(H07)下車徒歩2分、JR「有楽町」徒歩8分
駐車場:(地下公共駐車場、有料)

African Festa 2005
[PR]
by cicerone | 2005-05-23 12:37 | 楽しい!東京