旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:美味しい!東京( 78 )

d0014408_23291992.gif慌しく過ごしているうちに東京もぐっと寒くなり、気づけばクリスマスも間近。

さて、肉骨茶(バクテー)好きが集まったバクテーズの忘年会が、恵比寿の新東記であるという。このお店、バクテーフリーク達から旨い旨いと聞いていたので、これは行かねばと楽しみに出かけた。

d0014408_23292756.gif恵比寿駅から徒歩5、6分。あまり歩かない線路沿いで少々道に迷う(一本道)。
2階にあるこの店のドアは、まるで誰かの家を尋ねたような雰囲気。

乾杯のあとに続々と続く料理たち・・・スタートは初心者でも食べやすそうな癖のない揚げ物類から始まった。
もっと食べたのだけど、印象深かったいくつかをここでご紹介しよう。
d0014408_033516.gif
海南鶏飯
ここのチキンは臭みがまったくない。
ぷりぷりに柔らかい鶏を、ジャスミンライスに乗せて、さらに好みのタレをかけて食べる。これはもう、理屈抜きに旨い!ジャスミンライスの香りでさらに食欲アップ!!

d0014408_2329545.gif肉骨茶(バクテー)
バクテーズだけにこれは外せない!骨付き豚肉をスパイスで煮込んだスープは滋味深い味わい。
このスープをジャスミンライスにかけても美味しい!
シンガポールやマレーシアでは、どこでも食べられる屋台の味。
詳しく知りたい方は、バクテーズ会長のじゃらん堂さんの記事で!

d0014408_2330379.gifラクサ
私がもっとも愛するラクサ。
要するにラーメンみたいなものなんだけど、エビとココナツミルクの濃厚なスープは一度味わったら癖になる。
このスープをライスにかけてもおいしーい!
このスープで、お粥にして食べたい。。。


d0014408_23301284.gifエンペラーチキン
1羽丸ごとどーんと登場!25種類のハーブで蒸した鶏は2000年前のレシピ?熊が入ってるなんて遠くで聞こえてきた。お味の方は、とってもスパイシー。
余談だけど、バクテーとエンペラーチキンなど、薬膳系を続けて食べちゃいけないらしい(喧嘩するのか?)。ということで、この日は途中にお豆腐料理が出た。

d0014408_042240.gif無我夢中で食べてお腹はパンパン・・・のはずだけど、デザートは別腹。
黒米をココナツミルクで煮たプリンのようなデザートをいただいた。
シンガポールやマレーシアでは定番の嫌がらせ(?)お土産であるドリアン羊羹までいただき、寒いはずのこの季節に、気分はすっかり東南アジアへ飛んでいった。
アジア好きな方、このお店は裏切りませんよ~。

エビス新東記
address:渋谷区恵比寿南1-18-12竜王ビルⅡ2F
access:西口から線路沿いを5分ほど。ラーメン屋の2階
open:11:30AM-3PM、6PM-12AM


[PR]
by cicerone | 2005-12-21 00:17 | 美味しい!東京
d0014408_1322418.gif何かとイベントの多いこの時期。
暴飲暴食続きでお疲れ気味の胃袋。たまに予定のない日は、野菜をたっぷり使った家飯がいいけど、もう料理する気力もない。
そんな時はこのお店。以前、新宿地下街で特集した京王モールの中にある「謝朋殿 粥餐庁」。

お粥の専門店で、Mサイズが525円~682円。Lサイズが630円から787円。
これに、ミニ季節麺と杏仁豆腐を付けると+320円。ミニ麺を点心などの副菜にすれば+360円。
ジャージャー麺(M525円、L630円)やワンタン麺(M682円、L787円)などもあり、麺をメインにしてミニ粥と副菜、杏仁豆腐を付ければ+480円。
1,000円前後で胃に優しいご飯が食べられます。
d0014408_13224741.gif
ここの杏仁豆腐がまた美味しい。
ゆるゆるとろとろ系で、このお値段にしてはなかなかハイクオリティー。

d0014408_13225240.gif粥は”干し海老ザーサイとひじき”、”青島ピータンと松の実”、”蒸し鶏と大場ナッツ”、”生湯葉とじゃこ青菜”etc・・・どれも魅力的。
いずれも、五穀、小豆、玄米を選択できます。

小さなお店だけど、女性でも1人で入りやすい。店員さんもテキパキ。
今日は重いの嫌なのって日に、さくっと食べてさっさと帰る。そんなお粥屋さんです。

謝朋殿 粥餐庁
address:新宿区西新宿1 南口地下街1号
access:新宿駅西口徒歩3分
open:11AM-10PM
この他都内には、木場、上野(アトレ)、目黒(ヒルトップガーデン)、八重洲地下街にあります。


[PR]
by cicerone | 2005-12-15 13:46 | 美味しい!東京
d0014408_1782491.gifd0014408_1782954.gif道玄坂を上った先に、小さな小さなバーがあります。10人も入れないような小さなバー。
入り口から見えるのは看板と階段だけ。急な階段を上るとカウンター。
長く伸びた部屋の奥に席がありますが、長い部屋なのでベンチ方式。
部屋というより廊下(!)といった雰囲気ですが、座ってみると意外と落ち着く。
d0014408_17245148.gif
壁にディスプレイされたボトルがお洒落。d0014408_1783852.gif
イチヂクにクリームチーズが挟まったおつまみがとても美味しい。体が温まるホットワインを飲みながら、ゆっくり気持ちよく酔うことができた。

マスターのMさんは心地よい気配りをされる方。盛り上がっている時は奥へ、会話が途切れるとふっと前に出て話題を補ってくれる。適度な距離感なのです。

1人で賑やかなお店には入りにくいものですが、ここなら安心。仕事帰りに一杯どうぞ。

Shoemaker
address:渋谷区道玄坂1-19-8道玄坂チコビル2F
access:渋谷駅徒歩8分

[PR]
by cicerone | 2005-12-13 17:30 | 美味しい!東京
地図はこちら MAP
d0014408_1482280.gif
深川に来てこれを食べないで帰るわけにはいかない。これというのは深川飯。

深川飯とはアサリの入った炊き込みご飯。これに大量のネギと海苔が乗ってきます。
隅田川ではよくあさりが獲れたのでしょう。
深川丼というのもあり、こちらはあさりの汁にご飯が浸かった、ぶっかけというか、つゆだく(ふるい?)というか、まあ、猫まんま。丼から派生したのが深川飯のようです。

漁師の船上食だった、職人の手軽なご飯だったなどと諸説ありますが、この時代の庶民が白米を食べていたのか?という説はそうだよな・・・と思ってしまうところ。玄米だったのでしょうか。
他にも、卵でとじた物や煮あさりが上に乗ってるものなどもあり、どれが正統かは分かりません。好みの深川飯or丼を出す店を見つけ、そこで食べるのが一番でしょう。

d0014408_13434335.gifさて、有名なのは「深川江戸資料館」の向かいにある「深川宿」ですが、この店ちと高い。
深川飯1杯で1,800円もしてしまい、あさりご飯にそれってどうよ?という価格設定。

雰囲気は多少落ちますが、数メートル歩いて1,000円で食べられる「深川釜匠」へ。丼にすると1,200円。適正価格でございます。
この他にも、深川、門前仲町の方には、深川飯を掲げた店がいくつもあるようです。

d0014408_13434898.gif店内は食堂といった雰囲気。まったく飾り気のない店ですが、庶民のご飯はこういう店でいいんです。
店員さんはギャル風でしたが、「あー、えっとぉー、よかったらつけものどーぞぉ」なんていうのを聞いているのも楽しい。質問すると、3秒くらい固まります(笑)。

1,000円の深川飯は、やけに出汁の効いた美味しい味噌汁と漬物(食べ放題)が付いてくる。地味だけど、アサリの出汁を味わえる美味しいご飯。
帰りに「深川宿」を覗いたけど、こっちの方が量が少ないような・・・あ、いや、「深川釜匠」からは何も貰ってないし、特別なサービスも受けていませんよっ。

深川釜匠
address:江東区白河2-1-13
access:大江戸線・半蔵門線清澄白川徒歩3分
open:11AM-3PM、5PM-10PM、休日は11AM-10PM


[PR]
by cicerone | 2005-12-08 14:26 | 美味しい!東京
地図はこちら MAP

夜の紅葉狩りの後、sugareeさんと向かったのは、以前ご紹介した「Cucina Pulcino」。
ランチがとても美味しく、どうしても夜も食べてみたかったので、こちらのお店をセレクトさせていただいた。
詳細は以前の記事を参照していただき、ここでは美味しかったお食事をレポ。

d0014408_1424827.gif<鶏の白レバームース>
蜂蜜のような、甘いソースがかかったレバームース。
かりっと固いバゲットに山盛り乗せて。
臭みはまったくなく、レバーの濃厚さにソースの甘みが絡む。これは旨い!!!

d0014408_1425321.gif<サーモンとチーズのグラタン>
ポテトも入っていたような・・・?(^^;
スタンダードな味だけど、アツアツでチーズがとろ~り。
こんな寒い季節にはなお美味しい。


d0014408_1425889.gif<ゴルゴンゾーラチーズとりんごのピザ>
ここのお店、ピザも美味しいと評判。
私たちが頼んだのは、うすーい生地にうすーいりんご、さらにゴルゴンゾーラが乗ったもの。
ほんのり甘めでかりっと薄く、ぱくぱくいってしまう。これも美味しいなぁ。

d0014408_143395.gif<骨付きポークのグリル>
骨付きポークの塊りをかりっと焼いてある。
これもシンプルなお料理ながら、外はかりっと、中はジューシーに焼きあがっていて美味しい。
ちょっと脂身が多めだったけどね。


d0014408_143858.gif<洋ナシのスフレ>
二人とも真っ先にこのメニューに目がいき、同じものを注文。どうやら、sugareeさんとは食べ物の好みが似ているみたい?
ふわふわ生地の中に、ゴロゴロと柔らかい洋ナシ。お腹いっぱいでも、ペロッと食べてしまった。


人気ブロガーのsugareeさんを、がっちり独占してしまった幸せな夜。
パワフルで、できる女で、さらにママでもあるsugareeさん。こんな魅力的な女性の話しは面白く、あっという間に時間が過ぎた。人生でもちょびっと先輩の彼女。色々参考になるお話しも伺えた。
そんな彼女は食べることが大好き。食べることが好きな女性を私は大好き。
食べることって、生きることの根本的なことだと思いませんか。美味しいものを幸せに食べている人は、心も体も元気になるのです。

このお店、なかなかの人気店。週末の夜いらっしゃる方は、必ず予約をしてお出かけ下さいね。

[PR]
by cicerone | 2005-12-05 14:35 | 美味しい!東京
d0014408_16362679.gif神楽坂下にほど近く、いつも行列の絶えない「紀の善」。神楽坂といえばこのお店を連想される方も多いのではないかしら。それくらいの人気店。
お食事の後は、こちらで甘味タイムとなりました。

d0014408_16363179.gif私はかなり飯田橋界隈に出没していますが、「紀の善」が空いているのを見たことがありません。
平日の午前中などは比較的空いてるのかもしれませんが、そこは勤め人の悲しさ。平日夜か土日しか身動きがとれない=いつも行列でございます。
ただし、甘味なので比較的回転が速く、お持ち帰りの方も沢山いるので、15分も待てば入れるでしょう。
店内、広々としているとは言いがたいですが、清潔感がありちょっとした目を楽しませる工夫も素敵。

d0014408_16364021.gifどうしてもね、いつも決まった物を食べてしまうのですよ。結局、私はbridgetさんと同じく”抹茶ババロア”。
ここの抹茶ババロアは、程よい苦味にクリームのまろやかさがプラスされ、餡子で甘みを取るという素晴らしいバランス。ボリュームもあります。

d0014408_16364647.gifこの日はricoさんが栗ババロアを頼んでくれたため、初めて栗ババロアをライブで見る&味わうことができました。
栗の風味たっぷりの秋にぴったりな一品。甘さ控えめで、甘い物がニガテな人もこれなら食べられそう。

d0014408_1636519.gifこちらはberryちゃんがオーダーしたいちごあんみつ。いかにも、berry好きの彼女らしいセレクト。
真っ赤ないちごが乗った豪華なあんみつは、もうすぐ来るクリスマスを思わせる。

美味しいものは、人数がいると様々な味が楽しめますね。さらに、楽しい会話があれば言うことはありません。


[PR]
by cicerone | 2005-11-29 17:42 | 美味しい!東京
d0014408_23441556.gifお三方とお食事したのは、神楽坂の「カンティーナ・フィレンツェ」。
毘沙門天の路地裏にあり、ちょっと隠れ家的な雰囲気もある素敵なお店。
初めてのお店だったのですが、入ってコートを預かっていただいてるときに、良いお店でよかったとほっとしました。

d0014408_23442279.gif通されたのは2階の一番奥。窓際で4人がけのこの席のみ。いい場所に案内していただいた。
メニューはデザートなしでサラダ+パスタ+パン+コーヒーで1,200円。この他、サラダが前菜の盛り合わせになってデザートが付くと1,800円。さらにメインが付くと2,800円。いずれもリーズナブル。

d0014408_23443068.gif左はサラダ。生ハムが乗ってグリーンもいっぱい。右はリコさんが頼んだスプマンテ。昼間飲むお酒は、なんて気持ちいいんだろうね。

d0014408_23443974.gif左はトマトが乗ったフォカッチャと固めのバゲット。右は私が頼んだサングリア。甘すぎず、これも昼からいいねぇ~。

d0014408_23444825.gifパスタは豚肉とキノコのリングイネ。しっかりした味で、量もちょうどいい。デザート付けなくても、必ずプティガトーが付く。こういうの、嬉しい。

女性同士にも、デートにも良さそうな雰囲気のいい店。神楽坂の路地裏ってロケーションが、またいいじゃないですか。
神楽坂界隈のビストロなどは、ランチは満席になる所が多いので、必ず予約してくださいね。

カンティーナ・フィレンツェ

address:新宿区若宮町10番地プレール神楽坂
access:JR飯田橋駅徒歩10分
open:10AM-3PM(L.O.2PM)、6PM-10PM
close:火曜日

続くはデザート処
[PR]
by cicerone | 2005-11-29 00:14 | 美味しい!東京
地図はこちら→MAP

d0014408_166315.gif意外と(失礼)使える店のある駒込の本郷通り。
ここはお気に入りで、たまに行きたいなーと思う店のひとつ。

本郷通りの店らしく、マックス15席ほどの小さな小さな店内。雰囲気もとてもいいけど、店員さんの感じの良さとコストパフォーマンスが素晴らしい。

d0014408_1663781.gifランチは5種類ほどから選べて、メインがステーキや牛肉の煮込み、お魚、パスタ等。
パンにサラダ、食後のコーヒーまで付いて、900円(ステーキは1,000円)。
この日はお魚を頼みましたが、クリームが絡んで美味しい。このクリームを、バゲットにもつけていただきます。

d0014408_1664325.gif店内奥が厨房で、オープンキッチン。
このとき通されたのはカウンターで、厨房の様子が良く見えた。どうやって作ってるか見えるオープンキッチンは、安心感があって私は大好き。
食欲も増します。

1人でも、複数でも、気兼ねなく入れるいい店。
夜の評判もいいので、来てみたいけどいつも混んでるのよね~。

===追記===
その後、夜も食べました。レポはこちら

CUCINA Pulcino
address:文京区本駒込6-15-9
access:JR駒込駅、南北線駒込駅徒歩3分
open:11:45AM-2PM、6PM-10:30PM(平日)、5PM-9:30PM(土・日曜日)
close:火曜日

更新&お返事が滞り気味でごめんなさい。
お散歩ベストシーズンにもかかわらず、忙しくて歩けない日々を送っています(><)
しばらく更新がゆっくりになりますが、どうぞ気長にお待ちくださいね。


[PR]
by cicerone | 2005-11-09 16:41 | 美味しい!東京
d0014408_14354862.gifあおもり北彩館」を出たらJR飯田橋駅の手前を右折、目白通りに出たら右へ進みます。

ガラス張りが目を引くカフェが8月にオープンしたばかりの「Travel Cafe」。その名の通り、旅がテーマのカフェ。
なんともドキドキする響き。

d0014408_14292073.gifセルフサービス式でちょっとお茶したい時に気軽に寄れる。
ガラスいっぱいの店内はお日様もたっぷり。明るくて、気持ちも上向きになりそう。
旅がテーマですから、店内には旅を思わせる小道具があちこちに。
壁にかかったディスプレイからは、クルージングや鉄道旅行の映像が流れ、壁面のマガジンラックには旅や留学に関する雑誌、パンフレットなどが置いてある。
もちろん、店内では自由にとって読めます。

d0014408_14292560.gif軽いお食事もあって、パスタはなんと600円。ケーキ類も500円以下、コーヒーとセットにしても650円。
ビターのラテは、しっかり苦くてほっと落ち着く。夜はお酒も出て、なかなか便利なカフェなのです。

Travel Cafe
address:千代田区飯田橋3-5-1東京区政会館1F
access:JR飯田橋駅徒歩3分
open:(平日)7:30AM-11PM、(土曜日)8:30AM-10PM、(日曜日)8:30AM-8PM

すっかり涼しくなり、お散歩には最適のシーズンですね♪
応援、いつもありがとう!!

[PR]
by cicerone | 2005-10-25 15:00 | 美味しい!東京
d0014408_11455699.gif恵比寿・広尾の散歩に戻りましょう。
レスパス」を出て右折、そのまま坂道を下った目黒川手前にある「Toshi Yoroizuka」。
スイス、ドイツ、フランス、ベルギーと、ヨーロッパ各地で経験を培った彼が作るお菓子は、まさに、辿ってきた道を表現してる。

d0014408_1146149.gif以前、この方この方この方も美味しいと記事にしていたので、友人の誕生日をささやかに祝うため訪れた。
案の定、ウェイティングの客が前にいたが、1組なので待つことにした。

店内入り口近くがショップになっていて、奥がサロン。
待っている間にショーケースのケーキを眺め、何を食べるか悩む。ドイツやベルギーの焼き菓子も豊富で、早くもお土産分まで悩む。

d0014408_1146572.gifサロンは対面式カウンターのみ。6席ほどの小さなサロン。
鎧塚氏ご本人が、せっせと作業している様子が見える。
サロンでしか食べれないイチヂクのお菓子が食べたかったが、何と私の前で終了。隣で食べる女性達を羨ましく思いつつ、ショーケースの中からケーキを選んだ。

d0014408_11461136.gif私はピスタチオを使ったもの(シシリヤン?)、友人はつやつや輝くチョコレートのジャンピエール。
「ん、んまい!」
ピスタチオの香りは強すぎず軽すぎず。甘みもちょうどよく重くない。ジャンピエールはなかなか濃厚。チョコレート好きにはたまらないだろう。
Yoroizukaのケーキは、中にクリームが隠れていたり、いくつかの味が重なる繊細なもの。これはフランスで習得した味だろうか。

d0014408_11461578.gifお土産にアーモンドプードルで作った焼き菓子を購入。お試し下さいと、この店一押しというマドレーヌのような焼き菓子を2つもおまけにつけてくれた。この焼き菓子が非常に美味しく、バターでしっとりとした生地は最高だった。

こういうサービスも嬉しいし、もちろん味も素晴らしい。
でも、何より鎧塚氏のホスピタリティが、この店全体の印象を何倍にも良くしているように思う。常ににこやかな彼は挨拶も丁寧で気持ち良い。
成功におごるところない姿勢が、一流を感じさせた。

Toshi Yoroizuka
address:渋谷区恵比寿1-32-6 アルス恵比寿イスト1F
access: JR恵比寿駅徒歩8分
open:10AM-8PM
close:火曜日
P:あり

じわじわと順位が上がって7位になりました。応援ありがと~!
[PR]
by cicerone | 2005-09-15 07:06 | 美味しい!東京