旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:美味しい!東京( 78 )

d0014408_920882.gif
六義園から東洋文庫のある不忍通りに出ると、近代的なビル群が現れます。文京グリーンコートというこの一画、企業のテナントの他、スーパー、本屋、ギャラリー、お花屋さん、飲食店街と、ちょっとしたショッピングモールです。1Fにある家具屋さんNOCEは、ジャングルのような陳列がユニーク!

文京グリーンコートを抜けて裏道に出ると、アジア文化会館に突き当たります。アジア学生文化協会が運営する、アジア諸国からきた留学生のための学生宿舎です。そのため、ここから三田線千石駅にかけては、イスラム系の方や中国、韓国の方などが入り乱れる国際色豊かなストリートとなっています。
寮だけでなく、教育機関としての働きもあり、外国人留学生が日本語を学ぶための講座や、外国語を学ぶ日本人に向けた講座もあります。プライベートレッスンや短期講座、研修など、コースは多岐に渡っています。

私が目指すは寮の食堂、その名もABK食堂!まんま過ぎるネーミング・・・でも素敵。レッドカレーやグリーンカレーといったタイカレーや、ベトナムのフォーなどが、寮生じゃなくてもいただけます。入り口で食券を買って、列に並びましょう!
フォーはソテーした鶏肉にパクチー、ミントなどのハーブ類が乗り、レモンを添えて。これにミニチャーハンが付いて550円(安い!)。お味の方は、まあ普通なんですが、日本語の聞こえないテーブルで熱いフォーを頬張れば、東南アジア辺りの安食堂にいる気分。

食堂ばっかりじゃなくて、勉強でも利用したいんですけどね~。めっきり怠け者なのでなかなか実現しません。
d0014408_9202362.gif
アジア学生文化協会
アジア文化会館
address:文京区本駒込2-12-13
access:都営三田線千石駅徒歩1、2分
セミナーについてはhttp://www.abk.or.jp/seminar/index.html
[PR]
by cicerone | 2005-05-16 07:56 | 美味しい!東京
d0014408_18192582.gif
”夕焼けだんだん”の上で友人を待つ私に、「いらっしゃいませぇ~」と微妙なアクセントで叫び続ける男性。この方が、「がんばってぇ~」が口癖の「ザクロ」の名物店長さんなのでした。何を頑張ったらよいのか全く分からないまま、めくるめく不思議ワールドへと誘われます。

ザクロでは、トルコやイランのお料理を食べることができます。絨毯敷きの床に天板だけがどんっと置いてあり、溢れんばかりの皿が並びます。お料理は鳥と野菜を煮込んだものが多く、どれもちょっとづつ不思議な味。コースは2,000円という安さで、飲み放題を付けると3,000円。ビールが300円(ソフトドリンク200円)、ポットの紅茶は飲み放題なので、付けないでも十分でした。このサービスの紅茶がやけに美味しいです。

ちょっと変わっているのはコスプレサービス。例の店長さんに、「出番だよぉ~、おいでおいでぇ~」と呼ばれたら、民族衣装へチェンジです。これ、全員やらされるので、気づくと店内全員コスプレ!怪しい!!私も「おいでおいでぇ~」と呼ばれてスパンコールのボレロを着せてもらいました。
もう一つのお楽しみは、コースのセットになった”水タバコ”。ストロベリーとメロンを試しましたが、甘い香りでいっぱいになりました。

帰りに谷中銀座を歩いていると、まるで今までの出来事は幻だったかのよう。「おいで、おいでぇ~、がんばってぇ~」が頭の中でこだまする、谷中の不思議中東ナイトでした。
d0014408_18193374.gif
ザクロ
address:荒川区西日暮里3-14-13 日暮里小西ビルB1F
access:JR・京成線日暮里駅徒歩3分、地下鉄千代田線千駄木駅徒歩5分
open:12AM-2PM、5PM-11PM(LO10:30PM)
[PR]
by cicerone | 2005-04-26 06:46 | 美味しい!東京
d0014408_162357.gif
パリのリヨン駅近くにあるお菓子屋さん。そこで食べたエクレアは、皮もクリームもとにかく重くて味も濃厚。日本で食べる軽くてふわふわしたエクレアとはまったく別モノでした。他の店で食べても、やっぱり大きくてずしっと重いのです。

そんなパリのエクレアに、抹茶やゴマなどの和風テイストをアレンジしているのがサダハルアオキ。いそいそと出かけて行き店を出て10秒もしないうちにかぶりついたそれは・・・んまいっ!!これがパリでしか食べられないなんて!青木さんてば日本人なのに!!と残念に思ったものです。

しかし、いまや東京でも食べられるのですね。
エクレアは550円、ケーキは700円前後(ひーっ)とお値段は高め。パウンドケーキは1スライス200円ながら、まるで将棋のコマのように小さい・・・
でも、やっぱり美味しいんです。エクレアはゴマや抹茶の風味がしっかりして、皮やクリームはしっかり重い。ケーキもフルーツの味をぎゅっと閉じ込めたよう。

東京のお店はパリに比べ広々としてサロンもあります。エクレア以外に、やはり抹茶などを使用したマカロンも有名です。マカロンは気候のためか、日本で食べると美味しくないとよく聞きますが、クーラーをかけた乾燥した部屋で食べると美味しくいただけるそうですよ♪
夜9時まででお仕事帰りでも間に合う!自分へのご褒美に。

2006/6/19追記
今や新宿の伊勢丹にも入っているのですね

d0014408_16231866.gif
Patisserie Sadaharu Aoki Paris
adress:千代田区丸の内3-4-1
access:地下鉄有楽町、日比谷
open:11AM-9PM(サロンは8PMまで)
[PR]
by cicerone | 2005-04-22 07:02 | 美味しい!東京
d0014408_16185436.gif
佃島から南西にぐいぐいっと進むと、もんじゃタウン月島に。メインストリートの西仲通り商店街は、1番街から4番街までもんじゃ焼き屋だらけです。
久しぶりに訪れた月島は・・・1番街にどどーんと巨大なマンションが建っていました。景観は大分変わりましたが、マンションの1階に月島もんじゃ振興会インフォメーションセンタが入っているようで、もんじゃパワーは健在です。。

メインの西仲通り商店街も楽しいけど、月島の魅力は何と言っても、そこここに伸びる細い小路。人一人やっと通れるくらいの幅で、昔からの民家の植木をおばあちゃんが眺めてたりするのがいい!下町情緒たっぷりなのです。
ここはどこに出るんだろう?この先には何があるんだろう?と小路好きの好奇心を刺激してくれます。

数え切れないくらいのもんじゃ焼き屋に、お店選びはいつも難航。お気に入りの1店を見つけるか、はたまた全店制覇を狙うか(笑)。
この日はメインストリートから1本入った裏路地の「片岡」へ。もんじゃ(550円~)を食べたら、是非「あんず巻き(350円)」を。このお店では実用新案を取ったあんこ巻シューアイス?なんて変わったものもありますが、ここはやっぱりあんず巻きです。
甘酸っぱくて美味しいので、是非お試しあれ!あんこ巻きもありますよ。
d0014408_1619157.gif
月島もんじゃ振興会

海鮮もんじゃ片岡
address:中央区月島1-25-9
access:東京メトロ有楽町線月島駅5番出口より徒歩3分
open:5PM-10PM(平日)、12AM-10PM(土日祝)
[PR]
by cicerone | 2005-04-20 07:35 | 美味しい!東京
d0014408_160469.gif
百本シダレのすぐそばにある、「カフェ・ド・スール」という素敵なカフェ。榎戸公園の方へ戻り、住宅街を抜けて車道から唐木田駅方向に向かうと分かりやすいでしょう。

ガラス張りの店内は明るく、それでいてしっとりとした落ち着きがあります。食器も凝っていてどれも素敵。
抹茶オレ(630円)は小さめのどんぶりのような器でたっぷりと。日替わりのケーキは5種類ほどで、飲み物とセットにできます(850円)。
パンプキンケーキとアイスコーヒーを頼みましたが、ケーキはかぼちゃの香りが優しく、コーヒーは上質な豆で丁寧に入れた味がしました。

ランチは日替わりが800円から(平日)。土日でも食べられるランチコースは
2,000円からです。ディナーもコースがあり、コース以外にパスタなどの食事もできます。
毎週木曜は7PMごろからピアノ演奏があり、コンサートなどのイベントもあります。占いなんて面白いこともやってるんですよ(要予約)。
貸切もできるので、ウェディングパーティーに利用する人もいるようです。

このお店と、ここを愛して来てくれる人たちをとても大事にしている、そんなマダムのホスピタリティが伝わってくるカフェです。
d0014408_1601682.gif
カフェ・ド・スール
address:多摩市唐木田1-7-1
access:小田急線唐木田駅から徒歩3分
open:火-土10:30AM-10PM、日祝11AM-8PM
close:月曜日(祭日除)、第3火曜日
駐車場あり
[PR]
by cicerone | 2005-04-13 07:09 | 美味しい!東京
d0014408_15315793.gif
ああ、チョコレートが食べたい!仕事帰りや疲れてるとき、催眠術にかかったようにチョコレートを買い求めてること数知れず。
そんなチョコレート好きを満足させてくれるのが、100%チョコレートカフェ。
なんとも素敵なネーミングのこのお店は、明治製菓がプロデュースするチョコレートテーマカフェ。

ここでのお楽しみは、何といってもその場で絞ってくれるフレッシュチョコレート。コロネ(200円)やプチサンド(200円)、ワッフル(300円)などにフレッシュチョコレートをたっぷり絞ってもらえます。
もう一つのお楽しみは、ドリンクについてくる一口サイズのチョコレート。このチョコレートが、365日毎日変わるのです。こんなことされたら、毎日通いたくなってしまいます(笑)。
世界16カ国22種類のカカオ豆など、素材にこだわった56種類のチョコレートが限定販売されていて、こちらを購入することもできますよ。

小さな店内はチョコレート好きでいつも賑わっているようです。私が行ったときも席がなく、残念ながらテイクアウトにしました。テイクアウトメニューはドリンクとコロネのみなので、アーモンドミルク、キャラメルホイップ、キルシュホワイト、いちごクリーミー(期間限定)のコロネを試しました。どれも濃厚でどっぷりチョコレートに浸れます。
次回はカフェで、ワッフルやタルトに挑戦したいところです。
d0014408_1532849.gif

100%チョコレートカフェ

address:中央区京橋2-4-16 明治製菓本社ビル1F
access:JR東京駅八重洲南口から徒歩8分、地下鉄銀座線京橋駅(5番出口)から徒歩1分
open:平日8AM-8PM(LO7:30PM)、土日祝11AM-7PM(LO6:30PM)
seat:14席(禁煙)

Feel Tokyo English Edition を更新しました
[PR]
by cicerone | 2005-04-07 12:29 | 美味しい!東京
d0014408_15274274.gif
今日の気温は19℃。明日からは20℃を越すとか。。。
暖かくなってきたらもう食べたくなっちゃいました。それは・・・イタリアンジェラートです。
ジェラートが食べたくなるといつも向かうのは、町田アイス工房ラッテ。

ここのジェラートは、町田でとれた牛乳と厳選されたフルーツ・野菜を使用しており、合成添加物のない自然な味。フルーツやミルクの濃厚な味がするのに、さらっとしていて喉が渇くようなことはありません。
サイズはシングル(260円)とダブル(340円)があり、500cc(1,200円)と1,000cc(2,200円)のお持ち帰りもできます。

いつも行列していますが、長時間待つことはありません。天気のよい日は、店内よりも外で食べるのが気持ちいいですよ。
新鮮な野菜の無人販売所があるので、食べながらお買い物もできちゃいます。
同じ敷地内には、「東京みるく工房ピュア」があり、ここでは成分無調整の牛乳や飲むヨーグルトを飲むことができます。

都心からは少々遠いですが、相模湖へのドライブの帰りなど、寄ってみてはいかがでしょう?
d0014408_15275571.gif
町田あいす工房ラッテ
address:町田市相原町2567
access:行き方はこちら
      少々不便なので車がお勧め(駐車場30台)。
open:9AM-5PM(年中無休)
[PR]
by cicerone | 2005-04-05 12:44 | 美味しい!東京

花よりダンゴ -Lufting-

d0014408_15221811.gif
Luftingは六義園の傍(本郷通りと不忍通りの交差点角)にある素敵なカフェです。カフェですが夜はお酒も出て、夜桜見物のあと軽く飲むのにもぴったりのお店です。
同じビルには、東欧雑貨などを扱う「マルクト」やギャラリー「ホワイトハウス&コ-」もあり、こちらを覘くのも楽しいですよ。

夜だけでなく、ランチタイムはスープとパン、サラダの軽いものや(700円)ハヤシライス(900円)などがあり、どれもコーヒーがつきます。
ショーケースにはケーキが5種類ほど並んでいて、ティータイムもゆっくりできそうです。

4/9-4/17は、「チャルカトーキョー大博覧会」で、大阪の東欧雑貨店チャルカの商品が上京するようです。Luftingでも期間限定チェコ料理やスイーツメニューが登場するようなので、東欧に興味のある方は訪れてみてくださいね。

最後にお願い。おにーさん、ランチのコーヒーは食後が嬉しいです!(一番最初にコーヒーが来た)
d0014408_15222689.gif
Lufting
address:文京区本駒込2-28-28 1F
access:駒込駅を出て本郷通りを東大方面に直進。不忍通りとの交差点角
open:11:30AM-10PM(LO9:30PM)
close:月曜日
[PR]
by cicerone | 2005-04-01 06:54 | 美味しい!東京