旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:東京を離れて( 49 )

d0014408_1645950.gifせっかく沖縄に来たので、1回くらいステーキを食べたいってことで、ホテルから近かった名護にある「朝日レストラン」に行きました。
大抵のガイドブックには出ている有名店で、店内も色紙がいっぱい。どうも、私が行った日の前々日に福山雅治が来てたらしい。

店内は座敷とテーブル席があるので、子供連れでも座敷でお食事できます。カップル率が高く、少人数のグループは相席になる可能性大。
ステーキのコースは2種類。お肉が150gか200gかのチョイスです。
私は150g1,995円をパンでいただきました。

d0014408_1645143.gif最初にサラダとスープが出てきますが、サラダはごく普通。スープは・・・一体何のスープか分からず味もイマイチ。
スープを飲み終わる頃、担当のコックが来てお肉を焼いてくれます。ここの肉は生でも食べれるということで、さっと炙っただけの肉を取り分けてくれ、味見できます。

d0014408_1645194.gif付け合せはポテトとピーマン、玉葱を炒めたもの。
パンを頼むとこちらも鉄板で焼いてもらえます。ガーリックバターをたっぷり塗ったパンは美味しかったのだけど、何を焼くにもガーリックバターが大量なので、コレステロール爆弾は間違いなし。気になる方は、ご飯の方がいいかな。
肉が焼きあがると取り分けてくれ、最後にもやしを炒めて終了。

d0014408_16452417.gifお肉は上質で美味しい。焼き加減もちょうどいいし、柔らかく臭みも全くない。
ただ、細切れになってしまうので、ガッツリした肉がお好きな方には物足りなく感じるかもしれません。

以前、kyah朕さんが期待しすぎると拍子抜けと書いていましたが、私も同じ感想。
感動するほどではないけど、リーズナブルに美味しいお肉は食べられます。
ただ、非常に不愉快なカップルと相席になり・・・それもあってマイナス点が大きめ。お食事って、総合的なものなんですよね~。

朝日レストラン
address:沖縄県名護市為又1219-215
open:12AM-9PM
close:木曜日


[PR]
by cicerone | 2006-05-15 17:16 | 東京を離れて
d0014408_14385440.gif名護にある、「ナゴパイナップルパーク」です。
「ああ、こんな所に行ってしまったのね」と言わないで下さい。案外、楽しかったのです(汗)。
ちなみに、付近には「フルーツランド」や「ゴーヤーパーク」や、あとダチョウとかハブがどうしたとか、観光地にありがちなちょっとやっちゃってる系のテーマパークがいくつもありました。

d0014408_14385947.gif入園料500円ですが、HPのクーポンで400円になります。
まずパイナップルのカートに乗って、成長過程の説明を聞きながら、実際にジャングルや畑の中を進んでいきます。座ってるだけなので、楽ちんで結構楽しい。

d0014408_1439839.gifカートを降りると、パイナップルを持たされて記念撮影。この写真はお土産コーナーの方に貼り出され、買うことができます。
続いて謎の貝の展示コーナーがあり、大量の様々な貝を見たあと、貝グッズを買ってねコーナーを通過。キレイだけど何故かみな早足。

ワイン工場らしきモノを見ながら進むと、お待ちかねのパイナップルワイン&ジュース試飲、パイナップル試食コーナーです。まあ、ワイナリーなどによくある、小さなカップを持たされて周るアレです。そんなに飲んだり食べたりできるもんでもないですが、子供などはジュースタンクの前に陣取ってガブ飲みしてました(^^;

続いてお土産買ってねコーナーがあって、買うものを入れる袋を手渡されます。ここも大量の試食。どれもこれもパイナップルのお菓子ですが、案外美味しい物もあって、最初断った袋を貰い、結局袋が膨らんでいるのは何故でしょうね?

d0014408_14391470.gif出口付近には、パイナップルのシュークリーム販売があります(1個200円)。こちらも、シュークリームの中にパインがゴロゴロと入っていて、美味しかったです。

そんなわけで、胃も心もパインだらけになり、お土産もいっぱい買って、思ったより楽しかったのでした。パインも美味しいのです。
トータルで、1時間程度あれば十分かと思います。

ナゴパイナップルパーク


[PR]
by cicerone | 2006-05-12 15:10 | 東京を離れて
d0014408_1491469.gif国道を走っていると、ちょこちょこと道の駅が出てきます。
案外楽しめるので、見つけたら休憩を兼ねて立ち寄ることをお勧めします。
隣に滝があったり、海が一望できたり、ロケーションもいいところがいくつかありました。
写真は恩納村の道の駅。

d0014408_1492019.gifd0014408_149251.gifお腹がいっぱいで食べられなかったのですが、お魚が沢山並んでいて、その場で焼いてもらえるようでした。沢山の人がここでお食事をしていましたよ。
私はムール貝のウニ乗せ(1個60円)をつまみましたが、ものすっごく美味しかった!

ショップの方も充実していて、お土産も豊富。那覇や空港で見たより良さそうなものが沢山あったので、帰りも寄ってこちらでお土産を買いました。
ちなみに、那覇の空港はお土産ショップがものすごく大きく、一通りなんでも揃っていますが、やはり街で買うよりも高めです。

お菓子の他に、泡盛や沖縄料理のデリも充実。驚いたのは野菜や果物が豊富で安い!食べごろの果物が、那覇の市場よりずっと安く手に入りました。琉球ガラスなどもありましたよ。


[PR]
by cicerone | 2006-05-12 14:33 | 東京を離れて
d0014408_140437.gif
2日目は車を借りて北上。西側の海岸線を走る国道58号線を行きます。
車でちょっと走るとすぐ基地にぶつかり、沖縄にいかに多くの米軍施設があるのかを目で見て感じることができます。
d0014408_1429739.gif那覇を出て20分も走ると、宜野湾、北谷、嘉手納、北谷からちょっと内陸に入ってコザ(沖縄市)など、よく耳にする住所が現れます。
英語の看板が立ち並び、一瞬福生を走っているような錯覚を起こしそうになりました。
ハンバーガーショップや、アメリカ軍の払い下げ品でしょうか、中古家具屋も多く目に付きます。
アメリカ文化が混ざった、基地の街特有の雰囲気をかもし出しています。

d0014408_1404940.gifこちらはコザにある「チャーリー多幸寿」というタコス専門店。最近では、大抵の沖縄料理屋さんにタコスの具をご飯に乗せた”タコライス”のメニューがありますが、これもアメリカのタコスと日本のご飯がミックスされたものですね。
ここのタコスは大変美味しく、特に皮がこうばしく絶妙な固さで、テーブルに備え付けのサルサソースをたっぷりかけて食べると堪まりません。タコス3つにドリンクがついて、600円強だったと思います。おやつにぴったりです。
d0014408_1405522.gif

d0014408_141071.gifこちらは沖縄のあちこちで見かけた「Jimmy」というスーパーマーケット。アメリカからの輸入専門スーパーです。
関東でもこの手のスーパーは珍しくなくなってきていますが、「Jimmy」では、店舗によってダイナーが付いていたり、グリル料理などのデリが充実しているお店もあります。アメリカらしいボリュームたっぷりなケーキやカラフルなドーナツは、何度見ても楽しいので、ドライブの途中に見かけたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ところで、ここで買ったジュースのラベルがコストコになっていたのですが、関連店なんでしょうか。コストコミニチュア版を会員にならずに味わえます。
d0014408_14163.gif


[PR]
by cicerone | 2006-05-11 15:03 | 東京を離れて

Feel Okinawa No.3 -紅獅子-

d0014408_11462216.gif那覇初日の夜。翌日からの旅気分を盛り上げるため、オーソドックスな沖縄料理を食べようと向かったのは「紅獅子」という居酒屋。
定食屋さんもいいけど、品数を多く取れなかったりするので、色々な沖縄料理を食べたいと思ったら居酒屋へ行くべしです。
沖縄料理を出す居酒屋は沢山あり、どこもメニューは大差ないように思うので、立地やクーポンなどの特典で選ぶといいですね。
d0014408_11462772.gif
この日はスタンダードな沖縄料理をいただきました。
まずは”海ぶどうサラダ”、”島らっきょうの塩漬け”、”ジーマミー豆腐”。
海ぶどうはプチプチした食感が楽しい海藻。市場では3パック千円でしたが、帰ってから行った東京の物産展では、1パック千円でした。
ジーマミー豆腐はしょうがが乗って、これもなかなか合います。”島らっきょう”は美味しいですが、食べた後1日臭いました。

d0014408_11463222.gif続いて”フーチャンプルー”と”ラフテー”。
チャンプルーといえば東京ではゴーヤが有名ですが、フーチャンプルーとは車麩を野菜と卵で炒めたもの。麩に卵液がしみ込んで、ほわほわになるのですね。
ラフテーは豚の角煮。沖縄のラフテーは泡盛で煮込むのかな?ここのはちょとしょっぱめの味付けでした。私は、もうちょっと甘みがある方が好みです。それにしても、東京の沖縄料理屋で出てくる倍くらいの大きさですよっ。

d0014408_11463974.gif”グルクンのから揚げ”と”島豚の塩焼き”。
グルクンは沖縄のあちこちで見かける赤いお魚。見かけによらず、味は淡白で食べやすいです。
今回行くまで知らなかったのですが、島豚って”アグー”と呼ばれ、美味しいと評判なのですね。もちろん、不味くはなかったですが、普通に豚肉を焼いた味がしました(^^;

ここまででお腹いっぱい。
1品の単価が600円から700円程度なので、東京と比べると2/3弱の価格帯でしょうか。安いですね。

紅獅子
address:沖縄県那覇市久茂地3-9-10
access:ゆいレール県庁前駅徒歩3分
open:5PM-1AM


[PR]
by cicerone | 2006-05-10 12:14 | 東京を離れて
d0014408_1454263.gif着いた日からいきなりの雨。
翌日からドライブの予定だったので、この日は那覇の市場でもうろつこうと、”牧志第一公設市場”を目指しました。
市場はこの公設市場だけだと思っていたのですが・・・


d0014408_1454731.gifd0014408_1453680.gif雨を避けるため、観光客なら1度は訪れるであろう賑やかな通り、”国際通り”からアーケードに入ります。
このアーケード、”平和通り”、”市場本通り”などいく筋もあり、どこまでもどこまでも商店街が続きます。どうやらセクションによって、衣類、野菜、果物etc・・・同じ種類のお店が固まってある様子。このアーケード街を見るだけでもものすごいお店の数!!

d0014408_1455394.gif”牧志第一公設市場”は2階建ての屋内市場で、”市場本通り”から入ることができます。
1階は鮮魚に野菜、お肉に調味料と、ありとあらゆる食材が並び、雰囲気はまさにアジアの市場!香港や台北の路地裏を彷彿とさせます。
カラフルな南国の魚に初めて見る野菜や果物。豚肉好きな沖縄の人は、余すところなく食い尽くすようで、豚の顔をそのまま剥ぎ取って味付けした物まで並んでいます。

2階は食堂とお土産屋さん。手軽にこちらで沖縄料理に挑戦するのも良さそうです。食堂脇にあった「カナ」というお店の”サーターアンダギー(揚げ菓子)”は絶品。何箇所かで試したけど、ここのが一番美味しかった。人気なようで、揚げたそばから売れていきます。

あちこちの果物屋さんで南国フルーツを買い込み、ホテルでたらふく食べました。お芋のような”カニステル”、アイスクリームのような”アテモヤ”など、初めての味を堪能しました。

d0014408_1455970.gif” 新天地市場本通り”にある「商六」というお店は、”ジーマミー豆腐(落花生豆腐)”が評判のお店。ここではこの豆腐と”沖縄そば”、”ぜんざい”の3点セットが600円ほどとリーズナブルに味わえます。最初の日のトライアルにはいいかな。

ちなみに、沖縄の”ぜんざい”とは小豆のカキ氷。「商六」のぜんざいは、氷にシロップをかけるのではなく、小豆の煮汁をそのまま氷にしたもので、甘さ控えめで美味しいです。
でも私、沖縄そばってちょっとイマイチだと思うんですが。。。

商六
address:沖縄県那覇市牧志3-4-1新天地市場本通り


[PR]
by cicerone | 2006-05-09 14:47 | 東京を離れて

Feel Okinawa No.1

バケーションも終わり、日常生活がスタートしています。
早速皆様のところにも伺いましたが、それぞれに楽しいGWを過ごされたようですね。
d0014408_1151499.gif
私は日本の最南端、沖縄に行ってきました。
生憎お天気には恵まれませんでしたが、体中で沖縄の空気を吸収してきましたよ!(体重も増えてた・・・)

東京から沖縄の那覇まで、飛行機で2時間ほど。でも改めて地図で見てみると、本土からは随分遠いんですね。そして本当に小さい。
これからちょっとずつ、訪れた所などをレポートさせていただきます。
[PR]
by cicerone | 2006-05-09 11:14 | 東京を離れて
d0014408_113920100.gif亀戸散歩はちょっと中断。
時期モノなので、先にこちらをアップします。

asakaさんのところや、sugareeさんのところで拝見した”いちご狩り”の記事。今年はいちごが食べ足りないぞ!と、いてもたってもいられず私も行ってきました!

d0014408_11392646.gifぐぐると厚木周辺に沢山のいちご園がヒットしましたが、要予約のところが多い。
sugareeさんがいらした「すぎやまいちごメロン園」は予約不要だったので、当日まで行けるか分からなかった私はそちらを目指しました。

第1弾は10時からなのですが、張り切りすぎて9時過ぎに到着。30分ほど待って9時半に受付。さらに30分待ってようやくいちごにありつきました。

d0014408_11393188.gifこちらは今の時期、1,000円で30分食べ放題です。
受付をするともらえる容器を持ってハウスへ。いちごハウスがだーっと並んでいます。
入り口でおばあちゃんに練乳をもらい、いざ、戦闘開始(笑)。

この時食べれたのは”紅ほっぺ”という品種で、粒が大きめ。香りがよく、最初の一口でノックアウト。
甘みも強くて、口いっぱいにいちごの良い香りと甘み、ほんの少しの酸味が広がります。

30分て短い。。。と意気込んで食べ始めたのですが、15分も食べるとお腹はパンパン。いちごでお腹いっぱいになったのは生まれて初めてです。

残念ながら、現在、直販用のハウスもいちご狩り用になってしまったとのことで、ここでお持ち帰りいちごは買えません。
お土産は買えませんでしたが、周辺のいちご園では買えるところもありますし、何より出荷用は早めに摘んでしまうので、熟したのをその場でいただくのが一番美味しそうですね♪

もうちょっと食べられると思いますが、興味のある方は電話で確認してからお出かけになった方が良さそうです。
東京からはちょっと距離がありますが、海も近いし、日帰りドライブでお出かけ下さい!

すぎやまいちごメロン園
address:神奈川県平塚市小鍋島1172
access:地図はこちら。クーポンありです。
open:10AM(受付9:30AM~)


[PR]
by cicerone | 2006-04-21 12:01 | 東京を離れて
d0014408_12411477.gif大浦海岸電停を海の方へ行くと、整備された遊歩道が続く。
この道は美術館につながり、そのまま出島ワーフまで続いている。
出島ワーフはウォーターフロントの商業施設。ボードウォークが伸び、レストランが連なっている。
海を眼前に臨む最高のロケーションでお食事ができる。
この景色、どこかで見たことあるぞ・・・??そうだ!台湾の淡水にそっくり!

d0014408_12412034.gif大浦河岸電停から出島ワーフへの途中にある「長崎県美術館」は、今年4月にオープンとのことで、まだぴかぴか。
今回は時間がなかったけれど、是非次に来た時には入ってみたい。
ガラス張りの外観は、夜になるとライトアップと相まって、とっても雰囲気がある。

d0014408_12412533.gif出島ワーフには和食、洋食、中華、イタリアンにバーと様々なショップがあるので、その時の気分で選ぶことができる。
重たいものは食べたくなかったので、カフェ風のイタリアンレストランに入った。リーズナブルでお味もなかなか。


オープンエアの席は潮風が気持ちよく、時折船のホーンが聞こえる。
気分は最高で、まったりと長居してしまった。
長崎に来たら、夜の出島ワーフで一杯やりながらの食事、お勧めです。

出島ワーフ
address:長崎市出島1-1-109
access:ちんちん電車出島電停徒歩2分

長くひっぱっちゃいましたが、九州は今日でお仕舞い。東京に戻ります。
ランキングも回復を狙ってがんばりますよー!ぽちっとしていただけると嬉しいです♪


[PR]
by cicerone | 2005-10-07 13:41 | 東京を離れて
d0014408_16343095.gifホテルモントレ長崎に付いていたちゃんぽんお食事クーポン。
しっかり使わせていただきました。
まずはちゃんぽんをリサーチすべく、中華街をぐるり。どこもほぼ同じ値段で、内容も大きな違いはなさそう。
それではと外観が立派でちょっとゴージャスな雰囲気の「会楽園」へ。中華街の一番端、門のすぐ脇にあり目立つお店。

d0014408_16343716.gif店内も広々ときれいで、店員さんがきびきびと案内してくれた。
お昼時をちょっと過ぎているせいか、店内は比較的空いていて、ゆったりした雰囲気。
周りを見るとちゃんぽんの他に、豚の角煮まん?(角煮を中華まんじゅうに挟んで食べる)を頼んでいる人も目に付く。

さて、私、長崎ちゃんぽんは初めて。東京でちゃんぽんが食べられる某チェーン店にも行ったことがない。

初めて食べたちゃんぽんは・・・

まず、そのボリュームにびっくり!野菜と海鮮がたっぷり乗って、具の中には、かまぼこなんかも見える。どんぶりも大きい。
スープは野菜と魚介のエキスを吸ってとってもコクがある。美味しい!
さらに驚いたのは麺の太さ!うどんとまでは言わないまでも、ちゃんぽんの麺てこんなに太いのね~。
食べた後は、お腹ぱんぱんで動くのがやっとな感じ。この上、角煮まんは入らない~。
d0014408_16344235.gif
あとでHPを見たところ、このお店はちゃんぽんを”店の命”と位置づけて、随分力を入れているようだ。ちゃんぽん初体験としては、お店選びは成功だったらしい。

会楽園
address:長崎市新地町10-16
access:ちんちん電車築町電停徒歩2分
open:11AM-4PM、5PM-9:30PM

おまけ
[PR]
by cicerone | 2005-10-06 17:16 | 東京を離れて