旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー

<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

都電荒川線の旅 No.4

d0014408_118625.gif
雨が降ってきちゃったので、まっすぐ三ノ輪橋を目指します。荒川車庫前では、沢山の車両がこっちを向いてる。雨の中をごとごとゴトゴト。もちろん赤信号は停まります。すぐ目の前をおばちゃんやおじちゃんが前を通り過ぎ、線路沿いのバラに囲まれて、都電もゆっくりゆっくり進みます。都電の旅は、急いじゃだめです。

三ノ輪橋を降りると、もう商店街が見えます。これが、隣駅の荒川一中前まで続くジョイフル三ノ輪商店街。ジョイフルって。。。素敵。
商店街散策の前に、コロッケパンで評判の「青木屋」に寄り道。絶対食うべしと何かにあったけど、残念ながらこの日はお休み。。。でも、おかげでこの辺りの家並みを見ることができました。まだ頑張っているのか!と言いたくなるような木造の古い家や商店が連なります。写真を撮っていたら、「何かあるんですか?」とおばさんに話しかけられました。

d0014408_1181598.gif屋根付きのジョイフル三ノ輪橋商店街は、大阪の黒門市場のような雰囲気。お茶屋さんや味噌屋さん、お祭りのハッピやぞうり等を売っているお店もあります。中ほどには「蕎麦砂場」。ここが、東京中の砂場の総本家(写真下左)。
商店街でも、おばさんに話しかけられる。こういう感じ、下町っぽいですね。

荒川一中前から都電に乗り、梶原で下車。駅近くの「明美」に、都電荒川線のお土産”都電最中”を求めるためです。つぶあんの中に求肥が入ったこの最中、とっても美味しい。さらに都電の形をしてて、今日訪ねた所を思い返しながら食べるのにぴったり。
いいお土産も買って、都電荒川線の旅は大満足。次回はゆっくりと、町屋周辺を散策したいなぁ・・・(完)。
d0014408_1182142.gif

ジョイフル三ノ輪商店街


明美
address:北区堀船3-30-12
open:10AM-7PM
close:月曜日
[PR]
by cicerone | 2005-05-31 12:06 | ライブ!東京散歩
d0014408_1263547.gif昨日は日本ダービー。府中にある東京競馬場へ行ってきました。
私、花札、ポーカー、麻雀できず、パチンコ屋も入ったことがなく、競輪、競艇、競馬と全て行ったことなし!というギャンブル音痴。なので、日本ダービーがいかほどのものか良く分かってなかったのですが、国内では大きいレースなんですね(おいおい)。

d0014408_11244767.gif京王線、府中競馬場正門前で降りると、いますいます、予想屋さん。とりあえず競馬新聞を買って入場(200円)。中では、これから走る馬たちが、パドックをぐるぐる回っています。周りをマネして新聞片手に眺めてみるが、さっぱり分からず。。。
馬券を買いにスタンドの中へ。意外にもきれいな建物で、様々な人たちが座り込んだり寝転んだりして何かを書き込んでいます。しかし、用語が分からない!ながしって?枠連て?馬連て??と疑問符の嵐。

何とかマークシートを記入しましたが、後に私のようなビギナーに書き方を教えてくれるブースを発見しました。買い方は、先に現金を機会に入れ、後から書き込んだシートを挿入すると、清算されて馬券が出てきます。馬券を買うことを”投票”と言うんですね。100円から買えるので、私のようなビギナーでも、気軽に楽しむことができます。

d0014408_11283915.gifいよいよ、コースへ。ものすごい人です!レースが進むにつれ、歓声も大きくなります。特に、ゴール前のスタンドのどよめきはすごいっ。興奮が伝わってきます。高額をつぎ込んでる人にとって、一瞬にして失うか、大きく膨らむかの瀬戸際です。なるほど、必死になります。

東京競馬場には、多摩市にあるラーメンの名店「西海」があります。アゴ出汁スープにアオサが乗った美味しいラーメン(480円)。本店は行列必死です。こちらも並びますが、さすが競馬場、すごい速さでさばいていき、すぐにラーメン登場です。立ち食いだし、本店に比べるとちょっと雑な感じはありますが、やっぱり美味しい。競馬の熱を感じながら食べるラーメン、格別でした。

緑豊かな東京競馬場は、スタンドを離れるとちょっとした散策コースのよう。でもいたる所にモニタがあってレースの状況が分かります。スタンドに行かず、緑の中でのんびり楽しんでいる人も多かったです(みんな酔っ払ってましたが)。さながら、”オヤジの大ピクニック大会”でした。こんな休日の過ごし方も、たまには楽しいですね。

東京競馬場
address:府中市日吉町1-1
access:京王線不忠競馬場正門駅徒歩2分(専用歩道橋)
open:開催時9AM(発売は9:30AM~)
入場料:200円
[PR]
by cicerone | 2005-05-30 12:55 | 楽しい!東京

都電荒川線の旅 No.3

d0014408_10384051.gif
王子駅で途中下車。都電王子駅の裏には古い飲食店街が軒を並べています(前回写真中と右)。営業しているのか、夜だけの営業なのかは不明だけど、全て閉まっていて時間の流れに置き忘れられたような雰囲気。

そろそろお腹も空いてきたし・・・と駅に戻ると、いきなり二人組みのおまわりさんに捕まって暴れる男性に出くわす。怖い!と震えながらJR王子駅の裏手へ。ある本でお勧めされていた、駅裏の路地にある「平澤かまぼこ」へ向かいました。ここはかまぼこ屋さんがやってるおでん屋さん。練物が旨いと本にはあったのですが・・・

小さな店からは人がはみ出しています。並んでいるのかと様子を窺っていると、「ここがいいなら空けるぞ。中がいいならデカイ声で入ってきなっ」とオヤジに凄まれます。「じゃ、中で・・・」と小声で入っていくと、中の人がさーっとスペースを空けてくれました。ここ、とっても小さくてカウンターしかない、立ち食いの店なのです。おでんセット(500円)を注文し、しばしぼーっとしていると、店内の会話が耳に入ります。
「この大吟醸がよぉ~」「ダーリン、私た・ま・ご。ぎゃっはっはっはぁーーーー」などなど・・・え?全員酔っ払ってる?カウンターの上にはチューハイが並び、隣のオヤジもお猪口でぐいぐいいってます。え?まだ昼だけど?とびびってる間におでんセット登場。おからと金平の突出しにご飯、おでん(大根と練物数種類)でした。味は微妙。
ゆっくりランチという雰囲気でもないので、早々に店を出ます。

ちょっと疲れてしまったので駅前のドトールへ。店内にはオバサンに囲まれたパンチパーマのおにーさんが、耳にタバコをさしています。スカジャン着てます。サングラスかけてます。その手前にはロン毛のおじいちゃん。白いスーツがきまってます。隣のオヤジは太平洋戦争の本に読みふけってるし・・・
何ともいえない、不思議不思議な空気でした。王子全部がこういう雰囲気でもないのだろうけど、駅周辺はちょっとダークで危険な香りがしました。。

さて、三ノ輪橋を目指しましょう(続く)
d0014408_10384715.gif

[PR]
by cicerone | 2005-05-27 07:09 | ライブ!東京散歩

都電荒川線の旅 No.2

d0014408_10362346.gif
張り切って最前列に席を取ります。一駅が短く、すぐに面影橋、学習院下と過ぎていきます。直角カーブを決め、なかなかフットワークの軽い奴です。
ホームが地続きなのもいい。いちいち階段を上り下りする必要はないのです。ふらっと行ってふらっと乗れる、そんな気軽さがあります。

サンシャインが見えた辺りから混み合い始め、最前席を確保したのは失敗だと判明。なぜってとってもお年寄りが多い!一番前=乗車口なので、乗ってきたお年よりがすぐ目に入る。いちいち申し訳なくなり席を譲ろうとするも、断られる。1駅2駅と短い区間の乗車が多く、前なんぞに座りたくないんですね。落ち着きません。

d0014408_10363074.gifおまけに混んでて降りられない。「前から降りていいですか?」と聞いたら、「降り口は後ろですね」と冷たい返答。混んでる都電で頻繁に乗り降りする方は、降り口付近にいらっしゃることをお勧めします。
でも、このような乗り方をみると、都電が本当に気軽な足であることが良く分かります。縦横無尽に走っていた頃は、それこそ下駄のように使ったといいますね。

思ったよりちゃんと線路を走るのですが、大塚駅の辺りは街中を走り、ちんちん電車らしい感じがします。西ヶ原4丁目で降りればふれあい通りに、飛鳥山で降りれば旧古川庭園まで歩けます。

私は都内でも西の方に暮らしているので、東京の北側は未開の地です。王子駅は初めて降りたのですが、ここではえらいカルチャーショックを受けることになるのでした。。。(続く)
d0014408_10363814.gif

[PR]
by cicerone | 2005-05-26 07:29 | ライブ!東京散歩

都電荒川線の旅 No.1

d0014408_10512426.gif
山手線から大塚駅を見るたび、「乗りたい!乗りたい!」と思っていた都電荒川線。初めて乗ることができました。荒川線は、早稲田から三ノ輪橋までを結ぶ、都内に残る最後の都電です。どうせなら全線乗ってやろうと、まずは早稲田へGO!

この日は高田馬場から歩いたのですが、結構、距離あります。。。早稲田通りはラーメン屋街で有名ですが、なるほど、次から次へとラーメン屋です。
景色がニュータウンのような光景に変わり、早大に入ります。落ち着いたアカデミックな空気は、何故かとてもほっとする。ああ、また学生生活に戻りたい・・・大隈講堂の前を通り新目白通りへ。都電早稲田駅が見えてきます。

さて、乗る前に寄り道。北上すると神田川、フォーシーズンズホテルの裏辺りに出ます。ここから豊橋までちょっと散策。さわさわと流れる神田川の流れは、ここが新宿だなんて忘れてしまいそう。亀も甲羅干ししています。豊橋を渡れば、都電早稲田駅の前に出ます。

d0014408_10513273.gif荒川線の乗り方はバス方式。1回乗車はその場で160円を投入しますが、リーガロイヤル傍の東京都交通局早稲田自動車営業所で1日券(400円)が買えます。面白いのは、スクラッチ式になっていて、乗る日付を自分で削ります。1日乗車券は車内でも買えますが、写真とは別タイプになるようです。

思ったより本数が多く、周りをうろうろしている間に何本も見逃しました。駅で待っていると、バスのような電車のようなものがゴトゴトと・・・いよいよ乗車です(続く)。
d0014408_10514058.gif

都電荒川線
[PR]
by cicerone | 2005-05-25 12:49 | ライブ!東京散歩
都立庭園を中心とした優雅なお散歩ルート。庭園あり、商店街あり、幸せランチあり。
d0014408_11444534.gif
旧古川庭園と六義園()ルート(ピンクの線)
JR駒込駅北口→本郷通りを本郷方面へ進み六義苑染井門(土日のみオープン)→園内を散策の後は正門から外へ。本郷通り上富士交差点にはおしゃれなカフェのLuftig。交差点を渡るとイタリアンのLa Porta Felice、パスタランチ1,000円。バータイムは4AMまで!→本郷通りを駒込駅方面へ、途中イタリアンのCucina Pulcino(ランチディナー)。家庭的かつ良心的でプレートランチが美味しい!コーヒー付で900円から→駅を超えたら洋菓子アルプス。シュークリームが絶品!クラシックな2階の喫茶でまったり→霜降り銀座の入り口。ここからながーいながーい商店街。寄り道も楽しい!→旧古川庭園

六義園から巣鴨地蔵通り商店街ルート(ブルーの線)
六義園正門を出たら右へ、1本表の忍不通り沿いには文京グリーンコート。通り抜ければABK食堂→六義園の壁に沿って終わりまで。角には本格コーヒー店カフェクラナッハ→白山通りに出ず住宅街を行く。豪邸お屋敷セコムセコム→巣鴨駅手前で白山通りへ。駅を超えれば屋根付商店街。入り口には焼肉金剛苑→金剛苑手前の信号を渡り商店街を進む。巣鴨地蔵通り商店街入り口へ。さあ、買い食いだ!

では、行ってらっしゃい!
[PR]
by cicerone | 2005-05-24 12:46 | お散歩ルート(MAP)
d0014408_11373369.gif日比谷公園。普段は通り抜けたり脇を駆け抜けたり、なかなかゆっくり散策することがありません。そこで、休日に出かけてみました。
この日はAfrican Festa 2005 というイベントの日。公園内には打楽器のリズムが鳴り響き、大勢の人でにぎわっていました。

d0014408_11374457.gifステージでは沢山の人がリズムに乗って踊り、会場もノリノリ。こういうの、楽しいですね。そして何といっても素敵なのは、衣装がカラフル!アフリカ系の人も日本人も、アフリカンカラー(というのかしら?)の衣装に身を包み、鮮やかな原色で公園を彩っています。

d0014408_11504571.gif
日本とアフリカの相互理解・交流を促進するためのこのイベント、今年は5回目なんですね。NGOのアフリカを支援する各団体の活動ブースの他に、アフリカ各国の大使館が、民芸品や工芸品、伝統衣装などの展示を行っていました。
アフリカって自分にとっては遠いところ。各ブースを覗くたび、自分がいかにアフリカのことを知らないかを認識しました。普段あまり目にしない食べ物の屋台も出ていて、飲食系のブースは大行列です。

d0014408_11512258.gif

African Festaは昨日までですが、日比谷公園はバラが満開。辺りはバラの濃厚な香りが漂い、アロマ効果でリラックスできます。
休日の日比谷公園を散策してカフェでお茶、優雅ですね~。

日比谷公園
address:千代田区日比谷公園
access:地下鉄丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」(M15・C08)、地下鉄日比谷線「日比谷」(H07)下車徒歩2分、JR「有楽町」徒歩8分
駐車場:(地下公共駐車場、有料)

African Festa 2005
[PR]
by cicerone | 2005-05-23 12:37 | 楽しい!東京
d0014408_1044876.gif
駒込駅北口を出て本郷通りを王子方面へ。旧古川庭園へ向う途中に、霜降銀座という商店街があります。にぎやかな商店街で、食料品はもちろん、雑貨におもちゃ、衣料品に100円ショップと何でもござれの商店街。ときおり、アロマショップのようなおしゃれなお店も出現します。スーパーもあるし、大抵の物はここで揃ってしまいますね。

しばらく行くと、いつの間にやら霜降銀座が染井銀座へと名前を変えている。そう、つながっているけど別の商店街なんです。染井銀座はここから400m続きます。こちらはお茶屋さんや喫茶店、診療所などが並び、霜降銀座と比べちょっと落ち着いた雰囲気です。

さらに歩みを進めると、なんと今度は西ヶ原銀座へ。もう、銀座銀座のオンパレード。
西ヶ原銀座は昭和の香り漂うクラシックな商店街。にぎやかさは薄まりますが、何ともレトロで商店街の正統派といった感じです。お米屋さん、電気屋さん、呉服屋さん、お寿司屋さんも何店かあります。

さて、大分寂しくなってきて、これで終わりかな?と思いきゃ、まだ終わりません。西ヶ原銀座の後はふれあい通りです。住宅街に紛れてひっそりした商店街ですが、路地では子供がボール蹴りをしてる、ゆったりゆっくりした商店街です。
ふれあい通りを抜けると道音坂へ。西ヶ原4丁目から滝野川へ続く坂道で、かつては鎌倉街道だったんですって。
d0014408_1045483.gif
霜降銀座商店街
染井銀座商店街
西ヶ原銀座商店街振興組合西ヶ原銀座商栄会
[PR]
by cicerone | 2005-05-20 07:28 | ライブ!東京散歩
ビルの谷間にしょう油が香る -佃島-2005/4/19
の英語版を更新しました。

[PR]
by cicerone | 2005-05-19 17:35 | お知らせ
d0014408_9594766.gif
堂々たる洋館の存在感が印象的な旧古川庭園。この洋館、鹿鳴館やニコライ堂と同じ設計者と聞くと、なんだか納得してしまいます。

西洋庭園の隣に日本庭園、和と洋両方の雰囲気を楽しめる庭園です。5-6月はバラのシーズン。ここはバラでも有名ですね。約90種類180万株を栽培しています。
同じ都立庭園で近くにある六義園に比べると、規模が小さくこじんまりしています。5/22まではイベント「春バラと洋館のライトアップ」で、夜9時までオープンです。

もう少し咲いているかと思ったのですが、まだちょっと早かったようです。それでも、園内はバラの香りが漂い、赤やピンク、白に黄色と様々なバラを楽しむことができました。母と同名のバラを見つけ、随分可愛い可憐な様子に、「うーん、イメージ違う」と思いましたが、当然、別の方をイメージしたバラですものね。

実は休日に訪れたため、ものすごい混雑でバラ園は牛歩戦術。さらに雨がパラパラと・・・ということで早々に退散してしまいました。
せっかくイベント中なので、平日の夜にでも、ゆっくり散歩すると素敵かもしれません。ライトアップの期間は、駒込側の染井門が開くので、六義園と併せて都立庭園散策もいいですね。バラはこれからが、見ごろです!
d0014408_100675.gif
旧古川庭園
address:北区西ヶ原一丁目
access:JR上中里駅・地下鉄南北線西ヶ原駅徒歩7分、JR駒込駅徒歩12分
open:9AM-5PM(5/22まで9AM-9PM 最終入園8:30PM)
入園料:一般150円、65歳以上70円
[PR]
by cicerone | 2005-05-19 07:22 | 楽しい!東京