旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0014408_160414.gif東京にも「コールドストーンクリーマリー」ができると大騒ぎしながら、大行列でなかなか食べれなかったのですが、ようやく食べました!
六本木で夜のお食事の後に通りかかったら、ん?いつもより並んでない?

d0014408_1604546.gifということで早速並びましたが、それでもやっぱり15分くらいは待ったかな(^^;
並んでいる間にメニューを見せてもらえるので、皆真剣に、「この間はこれで」「あ、これもいいな!」などと悩んでいます。
全てをチョイスすることもできますが、すでにセットアップされたものもあります。
私は”ナイツインホワイトチョコレート”を一番小さいサイズ、”like it”で。

d0014408_1605122.gifショーケースが近づいてくると、色んなトッピングやアイスが目につきまた悩みだすのですが、ここはぐっとこらえて最初に選んだ物を。
カップをワッフルコーンにグレードアップします。ワッフルコーンは、普通のコーンタイプと、ボールタイプがあり、私はボールを選びました。
”ナイツインホワイトチョコレート”は、ホワイトチョコレートアイスクリームに、ダブルホワイトチョコレートチップス、キャラメルソース、ホイップクリームのトッピングで、まるでカロリー爆弾です(笑)。

d0014408_160563.gif相方は”チョコレートデボーション”。こちらはチョコレートアイスクリームにチョコチップ、ブラウニー、フアッジのmix。それにしてもすごい名前・・・笑
オーダーすると、コールドストーンの上で練り練りしてくれます。んで、出来上がったのがこちら↓。うーん、わんだほー。

d0014408_161999.gifしかし、何と完食できず・・・いや、この日とっても寒くて、並んでいる間にすっかり体が冷え、食べてるとまるで修行のよう・・・
おまけに、この年でこのアイスはきつすぎたか?クリーム爆弾は重すぎたようです。
後に並んでいた白人の子供達4人連れは、いずれも1人1個でっかいボールを抱えてバクバクかき込んでいました。あなた達若いのね、そしておばちゃんとは鍛え方が違うのね・・・と早々に地下にもぐったのでした。

アメリカではこの店で並んでいるのを見たことないんですが、店舗が多いからでしょうか。日本も栃木、神奈川と店舗が増えているようですが、六本木はまだまだ並びそうですね。

コールドストーンクリーマリー


[PR]
by cicerone | 2006-03-30 16:43 | 美味しい!東京
d0014408_1115240.gif深大寺に来て食べないわけにはいかないお蕎麦。
思ったより店の数が多く、どこも雰囲気が良さそうなので迷いましたが、ネットでも比較的評判の良かった「湧水」に決めました。
こちらの店名にもなっていますが、武蔵野は湧水が豊富で、深大寺の中にも水が沸いています。保健所からはあまり飲むなと言われているとのことですが、飲むと美味しいよとは住職さん談でした。

d0014408_1115796.gifそういえば、国分寺の辺りは今でも井戸水を飲んでいると聞いたことがあります。美味しい水が豊富だったということも、一大蕎麦街を作った要因の一つでしょう。
しかし、蕎麦の由来は朝鮮にあったとは、、、食を見ると、実に朝鮮と日本は係わりが深いのですね。近くて遠い国でもあるのですが(^^;

d0014408_112322.gif野草の天麩羅にも惹かれましたが、とりあえず天ざる(1,250円)を注文。
天麩羅はなす、シソ、海老、南瓜など。どれもさくっと揚がり美味しいです。
肝心のお蕎麦も、うまーーーい!!!つるつるしこしこ。絶妙の歯ごたえでとても上品。
久しぶりに、美味しいお蕎麦を食べたなーという感じでした。

d0014408_11574791.gif早めの時間に入ったのですんなり入れましたが、お店を出る頃には行列ができていました。
中心からちょっと外れたところにありますが、やはり、味が良いので人気なのでしょう。
2階は座敷でゆっくりできますし、平日は、ここでお食事すると1日駐車できます。HPによると、蕎麦打ち教室もやっているようです。

湧水
address:調布市深大寺元町5-9-1
access:深大寺入り口バス停徒歩2分
open:10:30AM-5PM
close:木曜日

[PR]
by cicerone | 2006-03-28 11:31 | 美味しい!東京
今回は調布から行ったので、三鷹通りを左折して深大寺に入りました。バスで行く場合も、この通り沿いにバスが止まるようです。
付属の駐車場もいくつかありますが、どれも1日単位になってしまうので、そんなに長居しない場合はちょっと先のコインパークがお勧めです。
d0014408_145411100.gif
三鷹通りと武蔵境通りを結ぶ道沿いと、門前のお土産屋さん街に、お蕎麦屋さんがどっさりあります(ピンクの線)。
どこに入るかかなり迷いますが、美味しい所はそれなりに人気があるようなので、賑わっている店を選んでくださいね。私は「湧水(ゆうすい)」というお店に入りました。

門前に並ぶ商店には、おやきや蕎麦団子、りんご飴などがずらっと並び、縁日のよう。買い食いスポットに気持ちが踊ります(オレンジの囲い)。
d0014408_1515189.gif
厄払いですが、もっとバリバリやってるのかと思ったら、1日1回(休日2回)なのですね!もうちょっと前はもう少し多かったようなので、厄払いとしては遅すぎたようです。時間は2時からとのことで、先に手続きだけしてお蕎麦を食べ、付近を散策しました。
植物園の方まで歩きましたが、この日は天気が良く梅が満開。園内に入らなくても、付近の散歩道から梅が楽しめ、歩いているだけでいい香りが漂う気持ちのいいお散歩です。

ちょっと早めに本殿に上がり、始まるのを待ちます。思ったより沢山の人です。
上着も要らないくらいの暖かさだったのですが、本殿の中は涼しく、気持ちいい風が通りすぎて、お線香の香りがなんとも落ち着く・・・そんな年になったのですねぇ。。。
d0014408_15155976.gif
厄払いって初めてだったのですが、ここのはなかなか派手でした。
太鼓は叩くは、火はおこすは(本殿の中で)、火事になるのではないかとひやひやするほど、火の粉が天井に舞っておりました。
高らかに謳っていただき、最後にお話しを30分ほど聞いて、お札をいただき終了。
法事のたびにつまらん!と思っていた私が、こんなに癒されるなんて意外でした。。。

[PR]
by cicerone | 2006-03-24 15:49 | 楽しい!東京

深大寺の位置

年明けから本厄だ!と騒いでいたわりに初詣すら挫折した私ですが、周りの人にも言われるし、厄除けくらいは行こうかと思い始め、職場の本厄の人を誘って行ってきました。

東京近郊に厄除けで有名な所はいくつかありますが、どうも商売っけが目立つというので、色々考えた結果「深大寺」に決定。
このお寺、東京では浅草寺に次いで古い歴史を持つということですが、厄除け元三大師とのことで、まあ良かろうと。そして深大寺蕎麦も食べられるならなお良かろうと、若干の下心を持ちつつ向かいました。

そう、「深大寺」は蕎麦の有名処で、美味しいお蕎麦が食べられるというのはかねてより耳にしていたのです。他にも大きな植物園があったり、温泉があったり、なかなかのレクレーションスポットだということ。

さて「深大寺」の場所ですが、東京といっても23区外、JR中央線と私鉄の京王線に挟まれた京王線寄りに位置しています。私の感覚では、この辺りから本格的な郊外のスタートという感じでしょうか。
d0014408_1641716.gif
中央線では三鷹か吉祥寺、京王線ではつつじヶ丘、調布から、それぞれバスが出ています。
調布から行くと、護岸していないのどかな”野川”も散歩できるので、元気な人は調布駅から歩いてしまうようです。この日はご一緒した方が車だったので、調布駅で拾ってもらいました。

時間がなかったので、植物園や温泉は楽しめませんでしたが、次のエントリでは和みスポット深大寺とお蕎麦屋さんをご紹介したいと思います。

[PR]
by cicerone | 2006-03-22 16:15 | お散歩ルート(MAP)

牛込界隈を歩く!

地図はこちら→MAP
d0014408_17123965.gif
”神楽坂上”まで上りきったら、左折して牛込方面に進みましょう。
大久保通りはだらだらとした上り坂。庶民的で、野暮ったい雰囲気が漂い、どちらかというと膝下ストッキングに自転車のオバサンが似合う町並みに、突然メディアで見かけたビストロがポツン、ポツンと現れる。
裏道の住宅街の中にも、そんなビストロがポツン、ポツン。

美味しいフレンチ「ブラッスリー・グー」の席が運よく取れた方は、”牛込北町”の交差点を右折してさらに坂を上りましょう。
本当にここかなぁって不安に思ったくらいに、レトロな外観の小さなレストランが現れたらそれ。味はいいので、期待して食べて。

”牛込北町”の交差点で、”大久保通り”と交差しているのが”牛込中央通り”。坂を下り始めると、お店も増えてちょっとにぎにぎしい。
ここも一見するとあまり垢抜けた雰囲気はない。ところが、手ごろでちょっと雰囲気のいいカフェやビストロが沢山。
メニューが外に張り出されるお昼時は、どこに入るか本当に迷ってしまう。

プティ・バーブ」のような可愛らしいお菓子屋さんが、お魚屋さんと共存してる、何とも不思議な”牛込中央通り”。日本人のオバちゃんと、かっこいいフランス人の若者が行きかう、ちょっと独特な空気なのです。
坂を下りきると”外堀通り”。お堀の並木を眺めつつ、市谷駅から、帰りましょうか。
d0014408_17124421.gif

[PR]
by cicerone | 2006-03-20 17:30 | ライブ!東京散歩
d0014408_14242255.gif牛込中央通りにある可愛らしいお菓子屋さん「プティ・バーブ」。
納戸町にある「ビストロ・ド・バーブ」のケーキを担当するオーナーのお店です。「ビストロ・ド・バーブ」はまだ未訪なのですが、ここも雑誌などで時折見かけるフレンチビストロです。

d0014408_14242710.gif小さな小さな店内には、ぎっしりと焼き菓子などが並んでいます。
焼き菓子は好きな物を選ぶと詰め合わせてくれるので、お友達への贈答用にも便利。あれこれ選んでキレイにラッピングしてもらうと嬉しくなります。
可愛いなぁと思うのは、素焼きの鉢に入ったスポンジケーキ。大きさも大小あって、他であまり見かけないので、ちょっとしたプレゼントにお勧めです。

d0014408_14243165.gifマカロンもピンクのハート型だったり、とにかく可愛らしい。
ショーケースの中はタルトやプリンなどの焼き菓子が多く、素朴で、でも飽きのこない優しいお菓子類が並んでいます。
お散歩の途中に通ったら、是非立ち寄ってみてくださいね。

d0014408_14243893.gifプティ・バーブ
address:神楽坂細工町1-15
access:市谷駅徒歩15分(目安)
open:11:30AM-7PM
close:日曜日

[PR]
by cicerone | 2006-03-17 14:46 | 美味しい!東京
d0014408_1615671.gif神楽坂近辺のフレンチ好きの間では知らない人はいないというほどの人気店「ブラッスリー・グー」。
辺鄙な場所にある割りに、いつ行っても混んでいて、土曜ランチや夜は予約必須。その予約もなかなか取れず・・・
人気の秘密はコストパフォーマンス!手抜きしない本格的なフレンチが、前菜(Entree)、メイン(Plat)にパンが付いて1,050円。
住宅街のようなところに現れるそのお店は、ちょっとレトロな雰囲気。

d0014408_1615118.gif前菜は10種類ほど、メインは5種類ほどのメニューから1つ選びます。定番の他に本日のメニューもあり、こちらは黒板に書き出してあります。
グラスワインを頼み、バゲットをもぐもぐしながらしばし待つ。
店内、テーブルが5つほどしかありませんが、この時も満席。予約なしで来た人が何組も断られていました。

d0014408_16151998.gifこの日は、”シェーブルチーズのサラダ”と”鴨のリエット”を前菜に選択。サラダはさっぱりとして、ヤギのチーズがいい具合にアクセントになっています。定番リエットもしっかりとした味。

d0014408_16152638.gifメインは”黒豚の赤ワインビネガー煮こみ”と”牛フィレ肉のステーキ”。この値段でフィレステーキです。黒豚もとろとろに煮込んであり、素晴らしく美味しい。

”クレームキャラメル”や”ホワイトチョコレートのムース”、”タルトタタン”などのデザートにも激しく心が動かされましたが、残念ながらお腹がいっぱい。
結構ボリュームがあるので、もっともっとお腹を空かせて来ないとだめそうです。

d0014408_161531100.gifブラッスリー・グー
address:新宿区矢来町82
access:大江戸線牛込神楽坂徒歩15分、JR飯田橋徒歩25分(目安)
open:11:30AM-1:30PM、6PM-9PM
close:日曜日

[PR]
by cicerone | 2006-03-15 16:43 | 美味しい!東京

牛込界隈お散歩マップ

以前、飯田橋から外堀通りを通って市谷まで歩くルートをご紹介しましたが、神楽坂を上ったなら牛込から市谷に抜ける道もお勧め。
距離はあるけれど、なかなか面白い「牛込中央通り」をお散歩できます。
d0014408_15312110.gif
大雑把な地図で恐縮ですが(^^;、大久保通りを牛込北町に向かい、牛込中央通りを下って市谷に出ます。
一見辺鄙な所だけど、付近には有名ビストロ「ブラッスリー・グー」があり、牛込中央通りには「プティ・バーブ」等の可愛いお菓子屋さんも。
牛込中央通りは他にもカルミネ等の有名店があり、手ごろに食べられるイタリアンのレストランなんかが多い。
さらに面白いのはこの辺りの住所。”細工町”、”納戸町”、”二十騎町”、”市谷加賀町”等など、昔ながらの住所が残り、想像力を刺激する。


[PR]
by cicerone | 2006-03-13 15:45 | お散歩ルート(MAP)

花町を歩く -神楽坂-

地図はこちら→MAP
d0014408_17173084.gif
神楽坂散歩の醍醐味は、路地裏をウロウロ。
人一人ようやく通れるような細い路地を抜けると、石畳に長屋が佇み、暖簾の奥から着物姿の女将さんが顔をのぞかせたり。

まずは「ギンレイホール」で映画でも観て、ああ「紀の善」で抹茶ババロアも買っていこう。

何度も神楽坂通りに戻りながら、あっちの路地、こっちの路地とウロウロしよう。路地裏には、「ル・クロ・モンマルトル」や、「カンティーナ・フィレンツェ」など、美味しいお店も沢山。
まだ知らないこんな店にばったり出会えるのも、散歩の楽しみ。

神楽坂上まできたら、大久保通りを渡ってさらに坂を上ろう。坂上は、ちょっと生活感が漂ってくるよ。それもまた楽しい。
京湯葉うどんの「まめ半」を超えたら、ドイツパンの「Backer」で明日の朝食のお買い物。
お肉屋さんには揚げたてフライ、お惣菜屋さんには美味しそうなお魚。家で焼くとニオウからな。焼いてあるのを買っていっちゃえ。

ここでまた路地裏探検。
こんなところに、なんて可愛いケーキ屋さん。「woodmans cake」には、抹茶のお菓子がいーーーっぱい。
お隣はチーズ専門店「Alpage」。今日はおうちでワイン&チーズナイトに決定。

美味しいものがいっぱいの神楽坂、さあ、お散歩に出かけよう!
d0014408_17173672.gif

[PR]
by cicerone | 2006-03-07 17:31 | ライブ!東京散歩
d0014408_15571932.gif抹茶を用いたケーキや焼き菓子がウリの洋菓子屋さん「Woodman's cake」。
可愛らしい外観で前を通ると目を引きますが、そうそう通るところでもないので目指して行ってください(笑)。
神楽坂上の交差点を超えてさらに坂を上り、「センチェリー21」の角を右折してすぐ。

d0014408_15572628.gifTea-Tsuの抹茶やお煎茶菓子もこのお店で開発・製造しています。こっちの方が有名かな?

店内はショーケースにケーキ類。ショーケースの上にはトリュフなどのチョコレート、その他の場所には焼き菓子類が所狭しと並んでいます。
いずれも緑色~。
抹茶のダックワース、サブレ、フィナンシェ、チーズスティックetc・・・全部食べてみたいと鼻息荒くなります。
味見させていただいた、抹茶味のチョコトリュフも、しっかり抹茶味で美味しい!

この日は閉店間近に行ったため、ショーケースの中は少々さびしくかった・・・
神楽坂をイメージして作ったという、抹茶ロールに大納言が入った「神楽坂ロール」も激しく気になりながら、まずは「抹茶ロール」を購入。
早速、夜のデザートに。

d0014408_15573076.gifロールは少々小ぶりです。スポンジもクリームも緑色!の抹茶ロール。
お味の方は、甘みが少ない大人味なロールケーキでした。でも甘さ控えめな分、いっぱい食べられます!

Woodman's cake
address:新宿区神楽坂6-22
access:大江戸線牛込神楽坂徒歩8分、JR飯田橋駅徒歩20分(目安)
open:11AM-7PM

[PR]
by cicerone | 2006-03-01 16:17 | 美味しい!東京