旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:アミューズメント ( 31 ) タグの人気記事

d0014408_14385440.gif名護にある、「ナゴパイナップルパーク」です。
「ああ、こんな所に行ってしまったのね」と言わないで下さい。案外、楽しかったのです(汗)。
ちなみに、付近には「フルーツランド」や「ゴーヤーパーク」や、あとダチョウとかハブがどうしたとか、観光地にありがちなちょっとやっちゃってる系のテーマパークがいくつもありました。

d0014408_14385947.gif入園料500円ですが、HPのクーポンで400円になります。
まずパイナップルのカートに乗って、成長過程の説明を聞きながら、実際にジャングルや畑の中を進んでいきます。座ってるだけなので、楽ちんで結構楽しい。

d0014408_1439839.gifカートを降りると、パイナップルを持たされて記念撮影。この写真はお土産コーナーの方に貼り出され、買うことができます。
続いて謎の貝の展示コーナーがあり、大量の様々な貝を見たあと、貝グッズを買ってねコーナーを通過。キレイだけど何故かみな早足。

ワイン工場らしきモノを見ながら進むと、お待ちかねのパイナップルワイン&ジュース試飲、パイナップル試食コーナーです。まあ、ワイナリーなどによくある、小さなカップを持たされて周るアレです。そんなに飲んだり食べたりできるもんでもないですが、子供などはジュースタンクの前に陣取ってガブ飲みしてました(^^;

続いてお土産買ってねコーナーがあって、買うものを入れる袋を手渡されます。ここも大量の試食。どれもこれもパイナップルのお菓子ですが、案外美味しい物もあって、最初断った袋を貰い、結局袋が膨らんでいるのは何故でしょうね?

d0014408_14391470.gif出口付近には、パイナップルのシュークリーム販売があります(1個200円)。こちらも、シュークリームの中にパインがゴロゴロと入っていて、美味しかったです。

そんなわけで、胃も心もパインだらけになり、お土産もいっぱい買って、思ったより楽しかったのでした。パインも美味しいのです。
トータルで、1時間程度あれば十分かと思います。

ナゴパイナップルパーク


[PR]
by cicerone | 2006-05-12 15:10 | 東京を離れて
d0014408_14472186.gif船橋屋を出て夕食まで時間があったので(また食べるんですか?)、「江戸東京博物館」に行きました。
亀戸から両国までは2駅。歩いて向かいましたが亀戸天神の辺りから20分ちょっと。30分もあれば十分です。
途中、”北斎通り”を通るのですが、ギャラリーのように北斎の絵が続いているのですね。大分博物館に近づいてから気付きました。

d0014408_14472719.gif深川江戸資料館」には行ったことがあるのですが、何と「江戸東京博物館」は初めて。
前からずっと行きたいと思っていたので、これはいい機会とお願いしました。
建物の前に出ると、その大きさ、吹き抜け部分の広さに圧倒されます。なんて贅沢なつくり。。。
ちょうど通りかかったおばあ様に、入場券を1枚いただくという嬉しいハプニングもあり、ホクホクして入館です。

博物館の印象は、とにかく広い!
また、深川江戸資料館が原寸大の街を歩けるという体験型なのに対し、こちらはミニチュアや展示が多く、まさに学ぶという趣向です。古い地図等も多く展示してあり、現在の地図と見比べたりして、楽しかったです。

d0014408_14473378.gif
↑人気があった江戸の食事コーナー。案外、美味しそうなもの食べてます。すでに庶民も白米を食べていたのかしら??貨幣や漫画など、江戸文化を目で見て学べます。

d0014408_14473845.gif
↑この日もチラホラ目にしたアメリカ人観光客さん達にじっくり見ていただきたい、空襲についてのコーナーも。関東大震災のコーナーももちろんあります。

d0014408_14474496.gif
↑明治、大正、昭和と、家庭レベルでの変化も。おばあちゃん達が籐のベビーカートを見て、「私コレ乗ってたわ」と話していました。おばあちゃん達も、赤ちゃんだったのよね。

そういえば、肥溜に溜まったものを畑まで運ぶ道具を実際の重さで担ぐことができるものもありました。近くにいたおじいちゃんが細かく説明してくれていましたが、こんな風に、若い人たちに教えてくれるシーンに出会えると嬉しい。

d0014408_14474915.gif←もちろん、お土産SHOPもあり。雷おこし等、東京のお菓子が並ぶ。お弁当箱のお菓子、可愛かったなぁ。

d0014408_14475673.gifところで、見学中、撮影に出くわしたのですが(多分、ハニカミ)、たった2人の撮影に、ものすごい数のスタッフがついているのですね・・・
これってデート?とちょっと興ざめですが、一応撮影。このお2人はどなたか分りませんでしたが、近々放送するのでしょうかね。

江戸東京博物館、なかなか見ごたえがありますので、お子さん連れや外国人などには、深川江戸資料館の方がいいかもしれません。

江戸東京博物館
address:墨田区横網1-4-1
access:JR総武線両国駅徒歩3分
open:9:30AM-5:30PM
close:月曜日
入館料:一般600円


[PR]
by cicerone | 2006-04-25 15:28 | 楽しい!東京
d0014408_15175581.gif餃子をつまんだ後は、「亀戸天神」までお散歩。
雨を避けて明治通りに出ましたが、歩いているうちにお日様が顔を出しました。
明治通りはちょっとした商店街で、屋根付きのアーケード。
私が割と好きなお弁当、「升本」もこの通り沿いにあって、中を覗いてきました。残念ながら、辛し味噌は売り切れ(これ、旨いっす)。

d0014408_151811.gif明治通りを進み、蔵前通りまで出たら左折します。
途中、亀パンの店があったり、亀戸天神の門前にもべっ甲屋さんがあり(写真右上)、本当に亀の街なんだと実感。
素敵なべっこう屋さんを覗きましたが、べっ甲って高いのですね~。髪に挿す櫛が20万円とか。手が出ないでございます。

d0014408_15181226.gifさて、亀戸天神ですが、一面の藤棚に圧倒されます。
まだ花は咲いていませんでしたが、これが咲き誇ったらさぞかし見事だろうと思われました。
4月末から5月頭にかけてが見ごろで、お祭りもあるようなので、もうちょっとしてから亀戸天神を訪れると藤を見ることができるようです。

花は咲いていませんでしたが、池には沢山の亀が泳ぎ、この日は人も少なかったので実にほのぼのした空間。雨が上がった後の気持ち良い空気の中、ゆっくり中を散歩しました。
手水まで亀で(しかも勢いいいぞ~)びっくり。さすが亀戸天神。
学業の神様ということで、絵馬も沢山かかっていました。もう結果がでているのでしょうね。みんな、合格できたかな?

d0014408_15181763.gif右の写真奥に見える赤いものは、入ってすぐにある太鼓橋。
この太鼓橋、なかなか急です。濡れた後なのでますます滑りやすく、ちょっと怖かったのですが、上からは全体が見渡せます。
藤祭りなどで混雑している時にここを渡るのは、やっぱり怖い気がするのですが・・・(^^;

亀戸天神
address:江東区亀戸3-6-1
access:JR亀戸駅徒歩15分(目安)


[PR]
by cicerone | 2006-04-17 15:41 | 楽しい!東京
今回は調布から行ったので、三鷹通りを左折して深大寺に入りました。バスで行く場合も、この通り沿いにバスが止まるようです。
付属の駐車場もいくつかありますが、どれも1日単位になってしまうので、そんなに長居しない場合はちょっと先のコインパークがお勧めです。
d0014408_145411100.gif
三鷹通りと武蔵境通りを結ぶ道沿いと、門前のお土産屋さん街に、お蕎麦屋さんがどっさりあります(ピンクの線)。
どこに入るかかなり迷いますが、美味しい所はそれなりに人気があるようなので、賑わっている店を選んでくださいね。私は「湧水(ゆうすい)」というお店に入りました。

門前に並ぶ商店には、おやきや蕎麦団子、りんご飴などがずらっと並び、縁日のよう。買い食いスポットに気持ちが踊ります(オレンジの囲い)。
d0014408_1515189.gif
厄払いですが、もっとバリバリやってるのかと思ったら、1日1回(休日2回)なのですね!もうちょっと前はもう少し多かったようなので、厄払いとしては遅すぎたようです。時間は2時からとのことで、先に手続きだけしてお蕎麦を食べ、付近を散策しました。
植物園の方まで歩きましたが、この日は天気が良く梅が満開。園内に入らなくても、付近の散歩道から梅が楽しめ、歩いているだけでいい香りが漂う気持ちのいいお散歩です。

ちょっと早めに本殿に上がり、始まるのを待ちます。思ったより沢山の人です。
上着も要らないくらいの暖かさだったのですが、本殿の中は涼しく、気持ちいい風が通りすぎて、お線香の香りがなんとも落ち着く・・・そんな年になったのですねぇ。。。
d0014408_15155976.gif
厄払いって初めてだったのですが、ここのはなかなか派手でした。
太鼓は叩くは、火はおこすは(本殿の中で)、火事になるのではないかとひやひやするほど、火の粉が天井に舞っておりました。
高らかに謳っていただき、最後にお話しを30分ほど聞いて、お札をいただき終了。
法事のたびにつまらん!と思っていた私が、こんなに癒されるなんて意外でした。。。

[PR]
by cicerone | 2006-03-24 15:49 | 楽しい!東京
d0014408_1941344.gifもうすっかり去年のことですが、「コンラッド東京」に行った際、「あ、あそこはどれくらいできたかな」と思って寄ってきました。

汐留再開発地区にせっせと作ってるイタリア街、「チッタ・イタリア」です。



d0014408_19414138.gif店舗はまだ一部開店しているのみですが、思った以上に建物や広場が出来上がっていました。まあ、今年グランド・オープンですものね。
石畳にイタリア風のビルが並び、独特の空気をかもし出しています。
日本人て、自分の国の中に外国を作るのが大好きですね。でもどことなくジャパンな空気が・・・笑

こういったものはテーマパークで楽しむものでしたが、街自体がテーマパークへと変わりつつあるのかな。そんな風に感じました。
オープン、楽しみですね。

[PR]
by cicerone | 2006-02-01 20:02 | 楽しい!東京
d0014408_14393642.gif
土曜の東京は大雪でした。
ここ数年の東京には珍しく、朝からもんもんと降り続く雪に、辺り一面真っ白。
昼間の予定がキャンセルになったので、せっかくできた時間、うずうずっとして「新宿御苑」にでかけてきました。

d0014408_14394160.gif
かねてより、雪の新宿御苑を見たいと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。雪が少なくなってしまった東京では、積もることも少なくなりましたね。小さい頃は、もっと降ったんだけどな。
だからこの日は、絶好のチャンス。

防寒していざ御苑へ。
行ってみると、案外人が多くてびっくり。こんな雪の中にやってくるのは、私だけじゃなかった!
あまり時間がなかったので、見たいところだけを歩きましたが、一面銀世界の新宿御苑は、普段とまるで違い、どこか雪国にでも来たかのよう(秋の記事はこちら)。

d0014408_14394797.gif歩き回るうちに、体は冷え切り、耳は千切れそう。それでも、普段と違う新宿の街に、心はうきうき。
さあ、カフェで冷えた体を温めよう。


[PR]
by cicerone | 2006-01-25 14:57 | 楽しい!東京
d0014408_22222048.gif谷中ボッサを出て観音寺に向かう。
途中の住宅街も下町気分を満喫できるし、桜で有名な並木道もある。
並木道の横の通りを入れば、長屋を改造した飲食店や、職人技を見れるべっこう屋さんも。

さて、観音寺の脇を入りましょう。
ここには、素晴らしい「築地塀」があるのです。

d0014408_22222997.gif「築地塀」とは、瓦と土を交互に積み重ねて作った土塀だという。
50mほどの道だけど、ぎざぎざとした表面、何とも言えず雰囲気があります。
時刻は夕暮れ時。
少し暗くなり始めた辺りに、しっとりと溶け込んでいる。



d0014408_2222361.gifちょうどタイミングよく人力車が通り過ぎた。
引いているのは女性だ。粋だね。

色んな設定もできないまま慌ててシャッターを切ったけど、こういう時、コンデジは便利だな。
デジイチは、もうちょっと勉強が必要みたい。

この辺りに来たら是非この道を通って、谷中にある小京都を存分に味わって!


[PR]
by cicerone | 2006-01-19 22:40 | 楽しい!東京
両方とも中を見てないので、エントリするかちょっと悩んだのですが、ランドマークにもなるのでご紹介します。

d0014408_1731154.gifd0014408_1731223.gif最初は「大名時計博物館」。
私が生まれた年にできた博物館です。
陶芸家、故上口愚朗が生涯にわたり収集した時計を展示しており、様々な手作りの時計を見ることができるようです。
時計を作る人たちは大名のお抱えだったことから、大名時計の名前があるんですね。
肝心の大名時計は見ていないのですが、門が開いていたので敷地の中はうろうろしました(^^;
ここだけどこか違う次元のような不思議な空間。緑が沢山あるせいか、空気もひやっとしています。

d0014408_17311172.gif大名時計博物館
address:台東区谷中2-1-27
access:地下鉄千代田線根津駅徒歩10分、JR日暮里駅徒歩15分
open:10AM-4PM
close:月曜日、7月1日~9月30日、12月25日~1月14日
入館料:大人300円、大学・高校生200円、中学・小学生100円


d0014408_17313127.gifd0014408_17314061.gifもう一つはギャラリー「SCAI THE BATHHOUSE」。
もとは「柏湯」という銭湯です。この銭湯、200年の歴史があるとか!
外観は銭湯そのまんま、煙突も現役のようにそのまんまなのですが、なんてお洒落で粋なギャラリーでしょう。

中には番台も残っているようで、ここは是非入ってみたいギャラリー。
展示会は不定期のようですが、HPに予告が出ますので、訪れる際はチェックしてからどうぞ。次回は1/20-2/25に名和晃平の-GUSH-、入場無料のようですよ!

d0014408_17314979.gifSCAI THE BATHHOUSE
address:台東区谷中6-1-23
access:JR日暮里駅徒歩6分
open:12PM-7PM
close:日、月、祝日




[PR]
by cicerone | 2006-01-13 17:57 | 楽しい!東京
明けましておめでとうございます。
皆様、お正月はゆっくりされましたか。お休みはあっという間に終わってしまいますね。
d0014408_015241.gif初詣に行った年は良い事がないのですが、今年は本厄(はっ!年がバレる!!)、地方からのお客様を迎えていたこともあり初詣に出かけました。
とはいえ、明治神宮に並ぶ元気はありません。浅草寺は大晦日に行ってしまったし・・・そうだ!今年はこじんまりとあの神社に行こう!と思いついたのは「花園神社」。
新宿の靖国通りを新宿三丁目駅方面に歩いた所。
靖国通りの歩道には、おでん屋台や出店が出て、初詣気分が高まります。

d0014408_015121.gifが・・・

鳥居をくぐったまではいいのですが、なんと「花園神社」でこの行列!!
ずーっと外まで行列が続いているのです・・・


今年も・・・初詣は挫折でございました・・・

d0014408_0151986.gifちなみに、大晦日に行った神田の「まつや」も行列で挫折。
近くの「藪蕎麦」は言わずもがなです。

こんな根性なしの本厄の女が、ちゃんと2006年を乗り切れるのでしょうか。

d0014408_0153113.gif

新宿通りに出れば、この日もドコモビルが美しくそびえ立っているのだった・・・









更新が滞り気味で、お散歩記事もなかなかアップできていませんが、今年もよろしくお願いします。
まだまだ寒いですが、冬の東京をめいっぱい歩きますよ!
皆様にとって、今年が良い一年でありますように!
[PR]
by cicerone | 2006-01-05 00:34 | 楽しい!東京
d0014408_16133372.gif
クリスマスから新年にかけて東京の夜を彩る「東京ミレナリオ」。
東京駅などの工事のため、今年でいったん終わりとのこと。そのためか、今年は例年以上の人出となっているようです。
日曜日に行ってみましたが、確かにすごい人人人。

d0014408_16134151.gifd0014408_16135086.gifものすごい人にくじけそうになるけど、やっぱり華やかで美しい。
鍛冶橋通りとの交差点にあるワインバー「LES CAVES TAILLEVENT」の前には、ホットワインの即席屋台。寒い屋外での鑑賞には、嬉しい限りです。

ミレナリオの会場は、「丸の内仲通り」。この車道が会場となり(地図ピンクの部分)、通りにはロープが張られ、歩道から車道(会場)には入れません。
会場に入るには東京駅が最後尾です。丸の内南口から北へ向かってずんずん。列は永代通りに入り、そこから丸の内仲通りの会場まで歩いていきます。待ち時間は、この日(日曜)で2時間とのこと。

d0014408_16135840.gif”どうしても真中を歩きたいの!”という方は、このコースで2時間並ぶしかありません。並ぶ場合は地下から並ばず、さっさと地上に出てしまった方が早く見れそうです。
”ちょっと斜めでも見れればいいの”という方は、日比谷駅の方から会場に向かいましょう。会場はあくまで車道なので、隣接する歩道はフリーです(地図青で囲った部分)。空いているとはいえませんが、待ち時間ゼロでミレナリオの縁を歩けます。ここからでも十分楽しめますし、私も日比谷から行ってこの写真を撮りました。
d0014408_16274836.gif
来年は見れませんので、混雑がニガテな方も、日比谷側から眺めてみてくださいね。

東京ミレナリオ


[PR]
by cicerone | 2005-12-27 17:06 | 楽しい!東京