旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:グルメ ( 106 ) タグの人気記事

d0014408_122202.gifムシムシしてきましたね。鬱陶しい季節ですが、梅雨が明けたらかーっと暑くなるのが東京の夏です。
そんな暑さを乗り切るためには、やっぱりうなぎですよ。

こちらは江戸川橋にある「石ばし」。
うなぎ好きの間ではかなりの有名店です。

d0014408_1222654.gif創業明治41年。一軒家で落ち着いた佇まいです。この日は宴会が入っていたためテーブル席でしたが、個室の方が雰囲気はいいです。

さて、この店の特徴?うなぎが来るまでがひじょーに長い。客が来てからさばくのか、1時間は待つと思いましょう。
とはいえ、来てしまったらバクバク食べて終わり。まずは突き出しの枝豆やら豆腐やらをつまみつつ、のんびり待ちます。

d0014408_1223076.gifこの日も1時間くらいはかかったでしょうか。おしんこと肝吸いが運ばれ、その後いよいようなぎの登場です。

この日いただいたのは特上(3,500円)。白焼きやコースもあるのですが、丼って結構お腹がいっぱいになるので、美味しいうなぎをしっかり味わいたい場合は、他のものは欲張って頼まず、うなぎ一点豪華主義がお勧めです。
ちなみにこの店、お席予約時にお料理の注文もするというお作法があります。

蒸してから焼く関東のうなぎは、柔らかくふっくらしているのが特徴ですが、この店のふっくらふわふわ加減は格別。タレは甘さ抑え目でくどくない。最後まで美味しくいただけます。ああ、やっぱりここのうなぎ美味しいわ~!!
ちなみに、今年の土用の丑の日は7/23、8/4ですよ~。

d0014408_1223558.gif石ばし
address:文京区水道2-4-29
tel:03-3813-8038(夜は必ず予約しましょう)
access:地下鉄江戸川橋徒歩5分
open:11:30AM-1PM、5:30PM-7:30PM(土曜日昼は11:30AM-1:30PM)
close:日曜、祝日


[PR]
by cicerone | 2006-07-04 12:39 | 美味しい!東京
d0014408_14345740.gif最近、食べ物ネタばっかりですね。それも、偏ったエリアばかりですね。しかもB級ばかり。
そうです、ちゃんとお散歩してないんです。
なので、つなぎにストックの外食ネタ放出中。

さて、新宿ハルクの地下食料品売り場。ここ、大好き。だってほとんどの店がイートイン可。

d0014408_143522.gif中でもひときわ行列ができているのは、たこ焼きの「くくる」。
並ぶと分ってても、むしょうに食べたくなり足を運ぶことしばしば。たこ焼きなので回転は早いですが、それでも20分くらいは待つことが多いです。

大阪の道頓堀に本店がありますが、今や全国展開ですね。そういえば、NYに行った時も、テンポラリで出店していました。

d0014408_1435714.gif学生の時にたこ焼き屋でバイトをしていたので、たこ焼きに関してはしっかり好みがあるのですが、ここのは割と美味しい。
隠し味は白ワインとか。
値段は10個で525円。おやつに最適。
ノーマルの他に、季節ごとのメニューやたこ飯なんかもあります。

d0014408_14351181.gifこちらでは明石焼きが食べられるのも嬉しい。別名”たまご焼き”とも呼ばれる明石焼き。たこ焼きのもっとふわっふわの状態のものを、出汁につけていただきます。
東京でもたこ焼きのお店は多いですが、明石焼きが食べられるお店は少ないのではないでしょうか。こちらもあっさりして美味しい。

こういった美味しいファストフードが多いのも、日本のいいところ。日本人の幸せを感じます♪

くくる
address:新宿区西新宿1-1-3 小田急百貨店新宿店ハルク館B2F
access:10AM-8:30PM(日祝日8PMまで)


[PR]
by cicerone | 2006-06-29 15:23 | 美味しい!東京
d0014408_1042444.gifカレー続きですが、暑くなるとエスニックが食べたくなる私。今ぐらいの季節から食べる頻度が増えます。

新宿西口に本店がある「カフェハイチ」。随分前からあるハイチコーヒーの専門店のようですが、こちらでいただけるドライカレーが割と好きです。
他にもいくつか店舗がありますが、本店の怪しげな喫茶店という雰囲気がいい。場所は新宿西口電気屋街の片隅。

d0014408_10424890.gifこの辺りでは「ボンベイ」でも美味しいカレーが食べられるのですが、こちらは純インドカレーでしっかりお食事系。
「カフェハイチ」では手軽にご飯もお茶もできるので、平日の夜、さくっと食べて帰るのにぴったりです。

店内、なんとも怪しげなのですが、これが意外と居心地がいい。ハイチって私は全く縁がないのですが、地中海に位置し、90%以上がアフリカ系人種。フランス領だったため、お料理はアフリカとフランスの食文化が融合したものとのこと。

d0014408_11361167.gifドライカレーがハイチ料理なのかは謎ですが、なかなか美味しいです。辛すぎないカレーで食べやすく、たっぷり乗ってるので最後はご飯だけになっちゃうなんていうことはありません。
写真の下は炒めたひき肉がパイ生地のようなものに挟まったもの。ドライカレーが有名ですが、他にも色々メニューがあります。

d0014408_10425776.gif食後はセットのハイチコーヒー。一緒に付いてくる、ブラウンシュガーとラム酒を入れていただきます。ラム酒の香りがコーヒーに合って美味しい。

ハイチ、なかなか興味深い国ですが、政情不安定で渡航延期勧告が出ていますね。いつか、訪れることができるでしょうか。

カフェハイチ
address:新宿区西新宿1-19-2 シルバービルB1F
access:JR新宿駅西口徒歩5分
open:11AM-11:30PM(日曜祝日-10:30PM)


[PR]
by cicerone | 2006-06-28 11:45 | 美味しい!東京
d0014408_14381394.gif外堀通りを市ヶ谷に向かって歩いていて、あれ、どこいったんだろ?って思っている店がありました。
確か市ヶ谷駅からすぐで、外堀通りをちょっと入った所にあったんですよ、「パク森」が。
カレーミュージアムやレトルトでも有名ですし、人が入ってない店でもないのにおかしいなーと気になり調べてみたら、以前あった本店は閉店し、駅の反対側に移動したんですね。
気にしてたら食べたくなって行ってきました。

d0014408_14381982.gif現在の本店は靖国通り沿い。都営地下鉄のA3出口を上ってすぐ左手です。
以前の本店は古くもありましたし、もう少し汚れた感じがありましたが、こちらのお店はデザインもちょっとモダン。明るいし、清潔感もあって女性1人でも入りやすい雰囲気です。

d0014408_1438252.gif「パク森」の特徴は、ドライカレーと普通カレーの両方を楽しめるところ。ドライカレーの乗ったライスの周りに、普通のカレールーがぐるっと回しかけてあります。
これを、ちょっとずつ混ぜながら食べると美味しい。この日はパク森カレー(900円)のみでしたが、半熟卵やチーズのトッピングをしても美味しいです。
野菜や果物をじっくり煮込んだカレールーは甘みがあり、ドライカレーでぐっとしまる感じ。私は割と好きで、たまに食べたくなります。

パク森
address:千代田区九段南4-8-30アルス市ヶ谷ビル102
access:JR市ヶ谷駅徒歩2分、都営地下鉄市ヶ谷駅徒歩1分
open:11:45AM-2:30PM、4:30PM-9:30PM
close:日曜・祝日


[PR]
by cicerone | 2006-06-23 14:59 | 美味しい!東京
d0014408_1123382.gif前回、「ラ・ブラスリー」をご紹介したので、続いてすぐ近くの「アグネスホテル」をご紹介しましょう。

飯田橋駅から近く、それでいて奥まったところにあるため静かなホテル。こじんまりしていて、なかなかいい感じなのです。
泊まってみたいと思いながら、都内に住んでいるとなかなか機会がないのですが、ラウンジでいただけるアフタヌーンティー(1,800円)なら気軽に利用できます。

d0014408_11234781.gif3段重ねのアフタヌーンティーって、見るだけでワクワク。運ばれてくると嬉しくなり、ついつい顔もにやけてしまいます。

こちらのアフタヌーンティーはオーソドックスで、一番下の段がサンドイッチ。耳付きのパンにハム、きゅうり、トマト、クリームチーズなどがサンドされています。
2段目はスコーンが2つ。チョコチップはなくてもいいかなという感じですが、さくさくっとして美味しいスコーンです。もちろん暖めてありますし、クロテッドクリームといちごジャムもたっぷり。

d0014408_11235237.gif1番上がスイーツで、この日はレアチーズケーキとプリン、フレッシュフルーツでした。スイーツが被っているのがちょっと残念でしたが、お味は美味しかったです。

紅茶は季節の物を選びましたが、ローズヒップの香りが優しい紅茶でした。7月はマンゴーのようですね。

以前、ロンドンでアフタヌーンティーをいただいた時、小瓶のジャムが10種類くらい出てきたのは嬉しかったのですが、ポテトチップスが山盛り乗っていました。ポテトチップスって微妙だったのですが、あれってイギリスでは普通なんでしょうか?詳しい方、どなたか教えてください(^^;

ザ アグネスホテル アンド アパートメンツ

ラウンジ
address:新宿区神楽坂2-20-1
access:JR飯田橋駅徒歩5分
open:10AM-6PM
ウエディングが入ると営業時間が変わるので、スケジュールでチェックしてからお出かけ下さい。


[PR]
by cicerone | 2006-06-21 12:53 | 美味しい!東京
d0014408_1316239.gif高校時代の友人と、東京日仏学院の「ラ・ブラスリー」でランチをしました。
場所は飯田橋と市ヶ谷の中間くらい(地図)。
緑に囲まれたレストランはテラス席が気持ちいいので、予約の際にお願いしておきましょう。ぐずぐずした天気が続いていますが、幸いにこの日は雨が降らず、テラスでお食事することができました。

d0014408_13162959.gifランチは前菜、メイン、コーヒーで1,650円。デザートメニューもありますし、チーズを頼んでいる人がいましたが、籠いっぱいに盛られてきて、美味しそうでした。

私の前菜はトマトの肉詰め、友人はサーモンのムース。メインはお魚をいただきました。味付けはあっさりと薄味で、季節の野菜も添えられ、量的にもちょうどよかった。男性は少々物足りないかな。

d0014408_13163313.gifしばらく改装していたのですが、すっかりキレイになり、ゆっくりすることができました。
緑の中でいただくお食事も気持ちよく、のんびりしすぎて気付いたら他に誰もいなくなっていました(^^;
夜はお食事しながらのイベントがあるので、興味のある方はホームページなどをチェックしてくださいね。

東京日仏学院 ラ・ブラスリー
address:新宿区市谷船河原町15
access:JR飯田橋駅西口より徒歩7分
open:11:45AM-2:30PM(日曜は2PMまで)
*ランチは2交代制で、11:45AM-1PM、1PM-2:30PMのどちらかになります


[PR]
by cicerone | 2006-06-19 13:44 | 美味しい!東京
d0014408_11312151.gif長々沖縄と京都を続けてしまいましたが、そろそろ東京に戻りましょう。といっても、入梅しちゃったし、ちゃんとコースを作ってお散歩できない日々です。

d0014408_11524216.gifそんなわけで点エントリですが、神楽坂の「SHUN・分家」です(神楽坂のお散歩はこちら)。
場所は黒塀のすぐ傍で、とっても雰囲気がいい。SHUNは神楽坂界隈に他2店舗ありますが(本家とシーズンダイニング)、恋人や少人数の友人と、ゆっくりしたい時は分家がお勧めです。この日も職場の友人達と静かにお話ししようということで選びましたが、素敵な個室に通され、思わず長居してしまいました。

d0014408_11313415.gifこの日は季節のコース。先附は何かの肝(失念)が入った粥。その後、前菜の5種盛です。

d0014408_11314042.gif続いて向附と豆乳鍋。向附は2種類から選択できます。



d0014408_11314597.gifさらに煮物、主菜と続きます。主菜は3種類から選択。



d0014408_11315059.gifシメもご飯モノと稲庭うどんから選択できます。うどんをつるつるっといきましたが、重すぎずちょうどよかった。
そしてそして、こちらではデザートに「茶寮」のスイーツ盛り合わせがいただけます。いつ行っても大行列な「茶寮」ですが、ここでお食事の後にいただけるのは嬉しいですね。

d0014408_11315736.gifこれだけ食べて、4,500円。リーズナブルで、お勧めですよ~。

SHUN・分家address:新宿区神楽坂4-2-5
access:JR飯田橋駅徒歩5分、地下鉄牛込神楽坂駅徒歩4分
open:5PM-11PM
close:日曜、祝日


[PR]
by cicerone | 2006-06-16 11:57 | 美味しい!東京
d0014408_10274761.gif何だ何だこの行列は!??
ちょっと寂れた雰囲気の商店街に1店だけ、大行列ができているお店があります。それも、次から次へと人が加わり、列が途切れることがない。
ここは、「出町ふたば」。お目当ては”豆もち”です。

d0014408_1027551.gifガイドブックに載っているのを見たことがありますが、いやはや、人気店なのですね。創業は明治32年とのことですので、こちらもなかなか歴史のあるお店のようです。

飛ぶように売れるとはまさにこのことで、皆さん、豆もち(1個160円)を5個、10個と買っていきます。お赤飯やお萩も気になりますが、圧倒的に豆もちを頼む人が多い。もちろん私も、豆もちを買いました。

それにしても、並んでいる間にも、次から次へと列に加わる人が来ます。豆もちの方も、次々と奥から運ばれてきてました。

d0014408_1028076.gif帰りの新幹線の中でいただきましたが、開いてみたら、しっとりもっちりの美しい肌。
お味の方は、餡が甘すぎず上品で、塩味の豆がいいアクセント。豆もしょっぱすぎることなく、うっすら塩味で、実に絶妙。人気があるのが分りました。それでも、豆もちだけでこんな行列を作るって、スゴイことですね。京都人て並ぶの嫌いらしいですよっ。

出町ふたば
address:京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
open:8:30AM-5:30PM
close:火曜日・第4水曜日(祝日の場合は翌日)


[PR]
by cicerone | 2006-06-08 10:51 | 東京を離れて
d0014408_13454580.gif京都で是非訪れたいと思っていたのは、「一保堂茶舗」。
寺町通の一本裏手にコインパーキングがあり、お買い物をすれば使えます。
裏道を歩いていくと、随分離れているのに、辺り一面にお茶の香ばしい香りが漂っています。お茶って香り高いなぁとうっとり。

こちらのお茶屋さん、1717年(享保2年)に寺町通りで創業した「近江屋」が始まり。実に300年弱の歴史があるお茶屋さんなのです。
佇まいも渋く、老舗の貫禄があります。

d0014408_13455031.gif店内に入り目に飛び込んできたのは、暖簾のように垂れ下がったお品書きと、茶葉を入れてあるであろう壷の列。もちろん、店内もお茶の香りがたっぷりです。
極上ほうじ茶を求めましたが(1袋200g1,050円)、帰っていれたところ、とてもいい香りでしみじみと美味しいお茶でした。

購入の際は店員さんが丁寧に相談に乗ってくれ、美味しいお茶のいれ時という冊子も頂きました。
こちらのお茶は、東京でしたらあちこちで買えるのですが、喫茶室もあるので京都に来たら立ち寄ってみてください。すぐ近くに和紙の専門店もあり、覗くと楽しいですよ♪

一保堂茶舗

address:京都市中京区寺町通り2条上ル
open:9AM-7PM(日曜祝日は6PMまで、喫茶「嘉木」は11AM-5PM)


[PR]
by cicerone | 2006-06-07 14:08 | 東京を離れて
d0014408_17222495.gifd0014408_17223178.gif哲学の道沿いにある「よーじやカフェ銀閣寺店」。あぶらとり紙で有名な、あの「よーじや」がやっているカフェです。
三条や嵐山にもありますが、銀閣寺店はなかなか雰囲気がいいです。
お庭が素敵で、中庭を囲むようにカフェとショップがあります。2階に通されたのですが、上から庭を眺められるし、他に誰もいなくて貸切状態。とてもゆっくりお茶ができました。

d0014408_17223684.gifお顔を描いてくれる、「よーじやカフェ」お約束の抹茶カプチーノとわらび餅。友人は豆乳プリンやアイスを注文しました。

d0014408_17224190.gif正直、味はここでしか食べられない!ってほどのものではないのですが(^^;、和室でゆっくりとくつろぎながらいただけるのが良かったです。食べた後にテカリを抑えるため、人数分のあぶらとり紙が置いてあるのも「よーじや」ならではですね。
予約をすれば、こちらの和室でお弁当もいただけるとのこと。ランチに利用するのもいいですね。

よーじやカフェ(銀閣寺店)

address:京都市左京区鹿ヶ谷法然院町15
open:10AM-6PM
close:火曜日


[PR]
by cicerone | 2006-06-06 17:43 | 東京を離れて