旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:グルメ ( 106 ) タグの人気記事

d0014408_140437.gif
2日目は車を借りて北上。西側の海岸線を走る国道58号線を行きます。
車でちょっと走るとすぐ基地にぶつかり、沖縄にいかに多くの米軍施設があるのかを目で見て感じることができます。
d0014408_1429739.gif那覇を出て20分も走ると、宜野湾、北谷、嘉手納、北谷からちょっと内陸に入ってコザ(沖縄市)など、よく耳にする住所が現れます。
英語の看板が立ち並び、一瞬福生を走っているような錯覚を起こしそうになりました。
ハンバーガーショップや、アメリカ軍の払い下げ品でしょうか、中古家具屋も多く目に付きます。
アメリカ文化が混ざった、基地の街特有の雰囲気をかもし出しています。

d0014408_1404940.gifこちらはコザにある「チャーリー多幸寿」というタコス専門店。最近では、大抵の沖縄料理屋さんにタコスの具をご飯に乗せた”タコライス”のメニューがありますが、これもアメリカのタコスと日本のご飯がミックスされたものですね。
ここのタコスは大変美味しく、特に皮がこうばしく絶妙な固さで、テーブルに備え付けのサルサソースをたっぷりかけて食べると堪まりません。タコス3つにドリンクがついて、600円強だったと思います。おやつにぴったりです。
d0014408_1405522.gif

d0014408_141071.gifこちらは沖縄のあちこちで見かけた「Jimmy」というスーパーマーケット。アメリカからの輸入専門スーパーです。
関東でもこの手のスーパーは珍しくなくなってきていますが、「Jimmy」では、店舗によってダイナーが付いていたり、グリル料理などのデリが充実しているお店もあります。アメリカらしいボリュームたっぷりなケーキやカラフルなドーナツは、何度見ても楽しいので、ドライブの途中に見かけたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ところで、ここで買ったジュースのラベルがコストコになっていたのですが、関連店なんでしょうか。コストコミニチュア版を会員にならずに味わえます。
d0014408_14163.gif


[PR]
by cicerone | 2006-05-11 15:03 | 東京を離れて

Feel Okinawa No.3 -紅獅子-

d0014408_11462216.gif那覇初日の夜。翌日からの旅気分を盛り上げるため、オーソドックスな沖縄料理を食べようと向かったのは「紅獅子」という居酒屋。
定食屋さんもいいけど、品数を多く取れなかったりするので、色々な沖縄料理を食べたいと思ったら居酒屋へ行くべしです。
沖縄料理を出す居酒屋は沢山あり、どこもメニューは大差ないように思うので、立地やクーポンなどの特典で選ぶといいですね。
d0014408_11462772.gif
この日はスタンダードな沖縄料理をいただきました。
まずは”海ぶどうサラダ”、”島らっきょうの塩漬け”、”ジーマミー豆腐”。
海ぶどうはプチプチした食感が楽しい海藻。市場では3パック千円でしたが、帰ってから行った東京の物産展では、1パック千円でした。
ジーマミー豆腐はしょうがが乗って、これもなかなか合います。”島らっきょう”は美味しいですが、食べた後1日臭いました。

d0014408_11463222.gif続いて”フーチャンプルー”と”ラフテー”。
チャンプルーといえば東京ではゴーヤが有名ですが、フーチャンプルーとは車麩を野菜と卵で炒めたもの。麩に卵液がしみ込んで、ほわほわになるのですね。
ラフテーは豚の角煮。沖縄のラフテーは泡盛で煮込むのかな?ここのはちょとしょっぱめの味付けでした。私は、もうちょっと甘みがある方が好みです。それにしても、東京の沖縄料理屋で出てくる倍くらいの大きさですよっ。

d0014408_11463974.gif”グルクンのから揚げ”と”島豚の塩焼き”。
グルクンは沖縄のあちこちで見かける赤いお魚。見かけによらず、味は淡白で食べやすいです。
今回行くまで知らなかったのですが、島豚って”アグー”と呼ばれ、美味しいと評判なのですね。もちろん、不味くはなかったですが、普通に豚肉を焼いた味がしました(^^;

ここまででお腹いっぱい。
1品の単価が600円から700円程度なので、東京と比べると2/3弱の価格帯でしょうか。安いですね。

紅獅子
address:沖縄県那覇市久茂地3-9-10
access:ゆいレール県庁前駅徒歩3分
open:5PM-1AM


[PR]
by cicerone | 2006-05-10 12:14 | 東京を離れて
d0014408_1454263.gif着いた日からいきなりの雨。
翌日からドライブの予定だったので、この日は那覇の市場でもうろつこうと、”牧志第一公設市場”を目指しました。
市場はこの公設市場だけだと思っていたのですが・・・


d0014408_1454731.gifd0014408_1453680.gif雨を避けるため、観光客なら1度は訪れるであろう賑やかな通り、”国際通り”からアーケードに入ります。
このアーケード、”平和通り”、”市場本通り”などいく筋もあり、どこまでもどこまでも商店街が続きます。どうやらセクションによって、衣類、野菜、果物etc・・・同じ種類のお店が固まってある様子。このアーケード街を見るだけでもものすごいお店の数!!

d0014408_1455394.gif”牧志第一公設市場”は2階建ての屋内市場で、”市場本通り”から入ることができます。
1階は鮮魚に野菜、お肉に調味料と、ありとあらゆる食材が並び、雰囲気はまさにアジアの市場!香港や台北の路地裏を彷彿とさせます。
カラフルな南国の魚に初めて見る野菜や果物。豚肉好きな沖縄の人は、余すところなく食い尽くすようで、豚の顔をそのまま剥ぎ取って味付けした物まで並んでいます。

2階は食堂とお土産屋さん。手軽にこちらで沖縄料理に挑戦するのも良さそうです。食堂脇にあった「カナ」というお店の”サーターアンダギー(揚げ菓子)”は絶品。何箇所かで試したけど、ここのが一番美味しかった。人気なようで、揚げたそばから売れていきます。

あちこちの果物屋さんで南国フルーツを買い込み、ホテルでたらふく食べました。お芋のような”カニステル”、アイスクリームのような”アテモヤ”など、初めての味を堪能しました。

d0014408_1455970.gif” 新天地市場本通り”にある「商六」というお店は、”ジーマミー豆腐(落花生豆腐)”が評判のお店。ここではこの豆腐と”沖縄そば”、”ぜんざい”の3点セットが600円ほどとリーズナブルに味わえます。最初の日のトライアルにはいいかな。

ちなみに、沖縄の”ぜんざい”とは小豆のカキ氷。「商六」のぜんざいは、氷にシロップをかけるのではなく、小豆の煮汁をそのまま氷にしたもので、甘さ控えめで美味しいです。
でも私、沖縄そばってちょっとイマイチだと思うんですが。。。

商六
address:沖縄県那覇市牧志3-4-1新天地市場本通り


[PR]
by cicerone | 2006-05-09 14:47 | 東京を離れて
d0014408_1424450.gife-styleさんとのデートの仕上げは、「菜苑」でのディナー。
「菜苑」は「亀戸天神」に程近く、「船橋屋」と同じ通り沿いにあります。

d0014408_1424974.gif遠くから食べに来る人もいる”純レバ丼”が有名と聞いていたのですが、純レバ丼て・・・?
純粋なレバーの丼・・・??
イマイチどんなものかよく分かりません。

お店はごく普通のラーメン屋といった感じ。体育会系の男性が何人も働いています。カメラを構えると、マスターらしき人がポーズをとってくれました。
HPにもお顔が出ているし、案外、撮られるの好きですね?そうですね?

d0014408_14241366.gifこれが”純レバ丼”。スープが付いて、1,000円弱(確か)。
白いご飯の上に甘辛く味付けしたレバー、さらに大量のネギが乗っています。
ネギの量に圧倒されますが、レバーの味がかなり濃いので、一緒に食べるといい感じです。かなり辛みが強く、後を引きます。
さすがに完食ならず(1日中食べてますから!)でしたが、たまに食べたくなるというのが納得できる味付けでした。
この”純レバ丼”、鳥レバーのようですが、レバーらしいもったりとした部分と、こりっと硬い部分が混ざっています。”純レバ丼”の”純”の意味は分らりませんでしたが・・・

人気店のようで、お客さんはひっきりなしにやってきます。テイクアウトの方もいますし、女性のお客さんも多く、1人でも入りやすそうな店でした。

d0014408_14241866.gifこちらは、e-styleさんにお土産にいただいた「押上煎餅」。
お煎餅だとは伺っていたのですが、こんなに可愛らしい缶に入っているとは思わず、包みを開けてびっくりしました(缶はとってあるよ~。素敵なお土産ありがとう!)。
「押上煎餅」は、甘い和菓子もありますし、お煎餅も様々な種類があり、あれもこれもと手にとってしまう楽しいお店です。
暗かったのでお店の写真はありませんが、興味のある方は地図で大体の位置を確認してください。明治通りから路地を入ったところです。

菜苑
address:江東区亀戸3-1-8
access:JR亀戸駅徒歩20分(目安)
open:6PM-3AM
close:日曜日、第4月曜日


[PR]
by cicerone | 2006-04-27 14:43 | 美味しい!東京
d0014408_113920100.gif亀戸散歩はちょっと中断。
時期モノなので、先にこちらをアップします。

asakaさんのところや、sugareeさんのところで拝見した”いちご狩り”の記事。今年はいちごが食べ足りないぞ!と、いてもたってもいられず私も行ってきました!

d0014408_11392646.gifぐぐると厚木周辺に沢山のいちご園がヒットしましたが、要予約のところが多い。
sugareeさんがいらした「すぎやまいちごメロン園」は予約不要だったので、当日まで行けるか分からなかった私はそちらを目指しました。

第1弾は10時からなのですが、張り切りすぎて9時過ぎに到着。30分ほど待って9時半に受付。さらに30分待ってようやくいちごにありつきました。

d0014408_11393188.gifこちらは今の時期、1,000円で30分食べ放題です。
受付をするともらえる容器を持ってハウスへ。いちごハウスがだーっと並んでいます。
入り口でおばあちゃんに練乳をもらい、いざ、戦闘開始(笑)。

この時食べれたのは”紅ほっぺ”という品種で、粒が大きめ。香りがよく、最初の一口でノックアウト。
甘みも強くて、口いっぱいにいちごの良い香りと甘み、ほんの少しの酸味が広がります。

30分て短い。。。と意気込んで食べ始めたのですが、15分も食べるとお腹はパンパン。いちごでお腹いっぱいになったのは生まれて初めてです。

残念ながら、現在、直販用のハウスもいちご狩り用になってしまったとのことで、ここでお持ち帰りいちごは買えません。
お土産は買えませんでしたが、周辺のいちご園では買えるところもありますし、何より出荷用は早めに摘んでしまうので、熟したのをその場でいただくのが一番美味しそうですね♪

もうちょっと食べられると思いますが、興味のある方は電話で確認してからお出かけになった方が良さそうです。
東京からはちょっと距離がありますが、海も近いし、日帰りドライブでお出かけ下さい!

すぎやまいちごメロン園
address:神奈川県平塚市小鍋島1172
access:地図はこちら。クーポンありです。
open:10AM(受付9:30AM~)


[PR]
by cicerone | 2006-04-21 12:01 | 東京を離れて
d0014408_13531610.gifくず餅で有名な老舗の甘味屋さん「船橋屋」。
亀戸天神の参道を出て右折すれば、すぐに見つかります。
お持ち帰りしようと思ってたのですが、夕食に予定しているお店のオープンまでまだ時間があったので、こちらで再びお茶タイムとなりました。
あ、食べすぎですか?そうですか。

d0014408_13532223.gif創業200年というこのお店。
老舗らしく落ち着いた佇まいで、清潔感があります。
食べているうちに混んできたのですが、入った時は誰もいなかったので、中庭の見える良い席を陣取りました。
ここのシステムは、先にテイクアウトのレジで注文・会計し、席に着くというものです。
ここはやっぱり、くず餅でしょう。

d0014408_13532749.gif運ばれてきたくず餅は、なかなかボリュームがあります。つやつやの黒蜜がかかり、きな粉の香りがふわ~と立ち上って美味しい!素朴ですが、素材の味がしっかりして、飽きない味です。
何でもこのくず餅、樹齢100年以上の杉の貯蔵樽で、約1年間も乳酸醗酵させるとか。水も岐阜の天然水を利用しており、素朴ながら素人には真似できない味なのでした。
江戸から続くくず餅。もちろん、お持ち帰りもしました。
お持ち帰り用は、黒蜜が船型のケースに入っていて可愛いかった!

船橋屋
address:江東区亀戸3-2-14
access:JR亀戸駅徒歩15分
open・9AM-6PM


[PR]
by cicerone | 2006-04-19 14:14 | 美味しい!東京
d0014408_11184569.gif」でおしゃべりして外に出ると、パラパラと雨が・・・着た時は快晴だったのに、春の天気は分からないものです。
Eちゃんの傘に入れてもらい、「亀戸餃子」へ。亀戸駅にほど近い、細い路地にある小さなお店。

このお店、亀戸といえば!というくらいの有名店で、行列している時も多いようですが、雨のおかげかほとんど待つことなく入店できました。

d0014408_11185094.gif店内の真中でじゅーじゅーと餃子を焼いており、グリルを囲むようにカウンター席があります。壁の両側は座敷席なので、こちらの方がゆっくりできるでしょうか。

メニューは餃子のみ。ライスもありません。
お酒のメニューは比較的多く、昼間から餃子をつまみ、ビールをぐびっといってる方も沢山いました。

d0014408_11185670.gif小皿に調味料を入れてスタンバイしていると、すばやく一皿目が登場。一皿は小ぶりの餃子が5つで250円、座ると自動的に出てきます。
マスタードをつけながら食べると美味しい!野菜が大目で甘みのある餃子。5つなんてペロッと食べてしまいます。
一皿目が食べ終わる頃、またまた自動的に2皿目が登場。ここ、ミニマムが2皿なので2皿目までは自動的に出てきます。

d0014408_1119061.gif2皿目が終わる頃、次をどうするか聞かれますが、私たちは次があるのでここで終了。
しかし、周りを見ると、5皿、10皿と食べている人が沢山。皮も薄めなので、お食事なら5皿くらいは軽くいけそうです。

2皿で軽くおやつもいいし、沢山食べてお食事にもなる「亀戸餃子」。
家の近くにあったら頻繁に行っちゃうだろうなぁ~。

亀戸餃子
address:江東区亀戸5-3-3
access:JR総武線亀戸駅徒歩1分
open:11AM-品切れまで
close:なし


[PR]
by cicerone | 2006-04-14 11:42 | 美味しい!東京
d0014408_1413627.gif道場なんて喫茶店らしくないのですが、その名前からイメージする厳しさと反対に、とっても力が抜けたゆるゆるカフェがこちら。
Eちゃんが待ち合わせのすぐ後に予定を組んでくれたのが、「侍」でのお茶タイム。
1年の間、毎日のようにやり取りしている私たちだけど、よく考えたら会うのは初めて。最初にこんな力の抜けた喫茶店でリラックスさせてくれる辺り、Eちゃんサスガです。

d0014408_14311539.gif駅前徒歩数秒という便利な立地にあり、ビルの2階に上がると、木をベースにした落ち着いた空間が広がっています。
メニューは本格派の珈琲を中心に、こぶ茶なんてものまであります。注文したのは水出しアイス珈琲。すっきりとした味わいで香りもいい。
お昼が近かったので、マスターはポテトサラダなどの用意で忙しそう。軽いお食事もいただけるようです。

d0014408_14312425.gif驚いたのは、カウンターの椅子が全てロッキングチェアーだったこと。重みのあるしっかりした椅子に揺られながら、おしゃべり開始。
あまりに居心地がいいので、このままここでずっとおしゃべりしていてもいいのでは・・・と思う瞬間度々。
いえいえ、せっかくの亀戸散歩、満喫しなければと重くなりつつある腰を上げて「亀戸餃子」へ向かいます。

この喫茶店、午後3時以降はお酒も飲める模様。ロッキングチェアーに揺られながら一杯やったら、気持ちがいいだろうな~。
駅から近いし、亀戸を訪れた時には必ず来たいと思わせる喫茶店です。


address: 江東区区亀戸6-57-22
access:亀戸駅東口徒歩30秒
open:7AM-12AM
close:日曜日


[PR]
by cicerone | 2006-04-12 14:32 | 美味しい!東京
d0014408_10521448.gifちょっと前のことですが、東京ドームシティの「ラクーア」の中にある「一蘭」に行きました。
東京でも九州系トンコツラーメンはすっかり定着しましたが、「一蘭」もトンコツラーメンブームに一役買った店ではないでしょうか。
六本木には随分前からあったように思いますが、今では上野、渋谷、池袋などにも店舗があるのですね。
ここも、行きたい行きたいと思いながらなかなか機会がない店でした。

入店したら、まず券売機でチケットを買います。次に、空席案内で空いている席を探し、席に着いたら個別のオーダーシートに書き込みます。
d0014408_10522068.gif
オーダーシートでは、麺の固さやスープの濃さ、辛さの調節等がオーダーでき、ネギに至っては入れる入れないのみならず、青い部分か白い部分かまで選べます。この、自分好みのラーメンが作れるというのが、「一蘭」の売りです。

d0014408_10522619.gifもう一つの売りは座席。店内の席は列になっていて、一つ一つ仕切られています。ラーメンが届くと前面もスダレが下ろされるので、まさに、自分だけの空間。これはラーメンの味に集中するためとか。
複数で行く場合はおしゃべりが楽しめませんが、1人の時は周りを気にする必要がなく、なかなかいいと思います。

d0014408_10523314.gifできあがったラーメンがコチラ。
九州には縁があり、ラーメンも色々食べていますが、「一蘭」のラーメンは正統派博多ラーメンといった感じで美味しいです。自分好みにオーダーできるのもいいですね。

d0014408_10524073.gifお水は各席に給水器が付いていて、自分でついで飲みます。
たまにボトルも置いてなくて、お代わりの度に声をかけないといけない店がありますが、アレは面倒ですね。

オーダー時に声を出さなくてよく、食べる時も他人と顔を合わせないで済む「一蘭」。
ラーメン好きの超シャイな方にお勧めです。

一蘭
address:文京区春日1-1-1 ラク-ア内2F
access:地下鉄後楽園、春日、水道橋などから歩けます。
open:10AM-11PM
年中無休


[PR]
by cicerone | 2006-04-05 11:24 | 美味しい!東京
d0014408_1326384.gif美味しいチーズとワインを揃えて、お家でゴロゴロしたい~。なんていう日があります。
そんな時は百貨店の食材コーナーをウロウロすることになりますが、神楽坂付近にいたら迷わずここ。
チーズ専門店の「Alpage」。ロケーションは、前のエントリでご紹介した「Woodman's cake」の隣です。

d0014408_13264335.gif小さなお店ですが、フレッシュ、ウォッシュ、ハード、白・青カビ、ジェーブルなど、様々なチーズがあります。量り売りをしていただけるので、こういうお店ではあまり食べたことがないチーズをちょっとずつ買ってみるのもいいですね。
ホームページを見たら、「商品一覧・検索」でお好みのチーズを予約注文することもできるようです。

”カチョッタ”というミルクのおもちと言われるチーズを試してみましたが、癖がなく食べやすかったです。

d0014408_13264942.gifチーズだけじゃなく、チーズに合うドライフルーツや果物のジャム、ワインも置いてあります。
私は白くて酸味のあるチーズに、ハチミツやジャムを乗せて食べるのが大好き。大きなお皿に何種類もちょっとずつ取り分けて、ハチミツやジャムをお料理のソースのように回しかけます。

店内には、「ル・クロ・モンマルトル」や「グローブ・デュ・モンド」、「ビストロ・サンク」、「スクレ・サレ」など、近隣のフレンチレストランのカードが置いてありましたので、これらのお店で出てくるチーズは、ここのものかもしれませんね。

Alpage
address:新宿区神楽坂6-22
access:大江戸線牛込神楽坂徒歩8分、JR飯田橋駅徒歩20分(目安)
open:11AM-8PM(日祝日は~7PM)

[PR]
by cicerone | 2006-04-03 13:50 | 美味しい!東京