旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:墨田区 ( 3 ) タグの人気記事

地図はこちら→MAP
d0014408_15275050.gif
暮らしている街なのに、東京もまだまだ知らない所が沢山。亀戸もそんな街の一つ。
そこで亀戸の地元ブロガー、e-styleさんの案内で、初めての街、亀戸をお散歩。

駅で待ち合わせた彼女は、思っていたよりずっと華奢で小柄な、可愛らしい女性だった。フットワーク軽く、バイクも乗りこなし、日本中を旅する彼女。ワイルドな一面を持ちながら、女性らしい柔らかさも兼ね揃えた、お話しも楽しい女性でした。

駅のすぐ隣にある「」は亀戸のくつろぎスポット。おしゃべりしてお店を出たら雨がしとしと。
線路を渡ると賑やかな雰囲気に。こちらの方が駅の表側かな。細い路地を入り「亀戸餃子」で餃子をつまんだら、雨はざーざーに変わってた。

明治通りのアーケード下に出たら、今度はお日様が顔を出して・・・随分、天邪鬼。
ところで、明治通りって亀戸まで続いていたんだね。商店が並ぶ通りを歩いていくと、何とも古めかしい、いり豆のお店が。ずラーっと豆が並んでいるけど、ずらーっとハトも並んでいる。もはやおばちゃんは大量のハトに目もくれないけど、追い払ってもキリがないのかな?

亀戸には亀が溢れている。お煎餅もパンも亀。「亀戸天神」にも亀が沢山。まだ藤の花が咲かない亀戸天神は、人も少なくどこかしっとり。心が穏やかになったら、創業200年の「船橋屋」でくず餅を楽しもう。

亀戸の次の駅は錦糸町。高いビルが増えてきて、雰囲気も変わってきた。セイコーの工場跡地は映画館とショッピングコンプレックスとなり、この辺りも再開発が進んでいるんだね。北斎通りもオフィスビルが並ぶ。

巨大な「江戸東京博物館」を観て、再び亀戸へ。
菜苑」の”純レバ丼”でお散歩のシメ。最近のラーメン屋さんはキレイな所が多いけど、昔はこんなラーメン屋さんばかりだったなぁ。両国から歩いてくると、街の景色も人の雰囲気も、亀戸はより下町情緒が濃い。すっかり暗くなった亀戸の街を歩き、e-styleさんとお別れです。

eちゃん、楽しい1日をどうもありがとう!eちゃんのおかげで、亀戸という街を知ることができて、また1つ自分の中の東京が広がったのは、素敵なことだったよ♪
d0014408_15275556.gif

[PR]
by cicerone | 2006-04-28 16:19 | ライブ!東京散歩
d0014408_14472186.gif船橋屋を出て夕食まで時間があったので(また食べるんですか?)、「江戸東京博物館」に行きました。
亀戸から両国までは2駅。歩いて向かいましたが亀戸天神の辺りから20分ちょっと。30分もあれば十分です。
途中、”北斎通り”を通るのですが、ギャラリーのように北斎の絵が続いているのですね。大分博物館に近づいてから気付きました。

d0014408_14472719.gif深川江戸資料館」には行ったことがあるのですが、何と「江戸東京博物館」は初めて。
前からずっと行きたいと思っていたので、これはいい機会とお願いしました。
建物の前に出ると、その大きさ、吹き抜け部分の広さに圧倒されます。なんて贅沢なつくり。。。
ちょうど通りかかったおばあ様に、入場券を1枚いただくという嬉しいハプニングもあり、ホクホクして入館です。

博物館の印象は、とにかく広い!
また、深川江戸資料館が原寸大の街を歩けるという体験型なのに対し、こちらはミニチュアや展示が多く、まさに学ぶという趣向です。古い地図等も多く展示してあり、現在の地図と見比べたりして、楽しかったです。

d0014408_14473378.gif
↑人気があった江戸の食事コーナー。案外、美味しそうなもの食べてます。すでに庶民も白米を食べていたのかしら??貨幣や漫画など、江戸文化を目で見て学べます。

d0014408_14473845.gif
↑この日もチラホラ目にしたアメリカ人観光客さん達にじっくり見ていただきたい、空襲についてのコーナーも。関東大震災のコーナーももちろんあります。

d0014408_14474496.gif
↑明治、大正、昭和と、家庭レベルでの変化も。おばあちゃん達が籐のベビーカートを見て、「私コレ乗ってたわ」と話していました。おばあちゃん達も、赤ちゃんだったのよね。

そういえば、肥溜に溜まったものを畑まで運ぶ道具を実際の重さで担ぐことができるものもありました。近くにいたおじいちゃんが細かく説明してくれていましたが、こんな風に、若い人たちに教えてくれるシーンに出会えると嬉しい。

d0014408_14474915.gif←もちろん、お土産SHOPもあり。雷おこし等、東京のお菓子が並ぶ。お弁当箱のお菓子、可愛かったなぁ。

d0014408_14475673.gifところで、見学中、撮影に出くわしたのですが(多分、ハニカミ)、たった2人の撮影に、ものすごい数のスタッフがついているのですね・・・
これってデート?とちょっと興ざめですが、一応撮影。このお2人はどなたか分りませんでしたが、近々放送するのでしょうかね。

江戸東京博物館、なかなか見ごたえがありますので、お子さん連れや外国人などには、深川江戸資料館の方がいいかもしれません。

江戸東京博物館
address:墨田区横網1-4-1
access:JR総武線両国駅徒歩3分
open:9:30AM-5:30PM
close:月曜日
入館料:一般600円


[PR]
by cicerone | 2006-04-25 15:28 | 楽しい!東京
早いもので、このブログも1年を経過しました。
1周年特別企画として歩いてきたのは「亀戸」。”E-STYLE”のe-style75さんに案内していただきました。

”E-STYLE”は雰囲気たっぷりの写真とともに、日々のこと、旅のことなどが綴られている、まさにEちゃんスタイルの素敵なブログです。
彼女はこのブログを始めて、元からのお友達以外で初めてコメントを入れてくれた大事な人。誠実な彼女はそれからもずっと見守ってくれて、この度、ようやく実際にお会いすることができました。まさに、1周年にぴったりな企画。

今回のお散歩コースは、亀戸在住のEちゃんが亀戸初上陸の私のために考えてくれたコース。美味しいものを色々食べながら、下町情緒漂う亀戸の街を中心に満喫しました。
まずは喫茶店「」でお茶した後、亀戸の有名店「亀戸餃子」をつまみ、「亀戸天神」をお参り。「船橋屋」でくず餅をいただいた後は、時間があったので両国まで歩いて「江戸東京博物館」を見学。最後は戻って「菜苑」でディナーという充実コース。
d0014408_1213312.gif
詳しい人の目を通すと、ちょっと深い、一味違った東京が見えてくるもの。さあ、行ってみよう!


[PR]
by cicerone | 2006-04-10 12:20 | お散歩ルート(MAP)