旅するように東京を歩く


by cicerone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:新宿区 ( 39 ) タグの人気記事

d0014408_11312151.gif長々沖縄と京都を続けてしまいましたが、そろそろ東京に戻りましょう。といっても、入梅しちゃったし、ちゃんとコースを作ってお散歩できない日々です。

d0014408_11524216.gifそんなわけで点エントリですが、神楽坂の「SHUN・分家」です(神楽坂のお散歩はこちら)。
場所は黒塀のすぐ傍で、とっても雰囲気がいい。SHUNは神楽坂界隈に他2店舗ありますが(本家とシーズンダイニング)、恋人や少人数の友人と、ゆっくりしたい時は分家がお勧めです。この日も職場の友人達と静かにお話ししようということで選びましたが、素敵な個室に通され、思わず長居してしまいました。

d0014408_11313415.gifこの日は季節のコース。先附は何かの肝(失念)が入った粥。その後、前菜の5種盛です。

d0014408_11314042.gif続いて向附と豆乳鍋。向附は2種類から選択できます。



d0014408_11314597.gifさらに煮物、主菜と続きます。主菜は3種類から選択。



d0014408_11315059.gifシメもご飯モノと稲庭うどんから選択できます。うどんをつるつるっといきましたが、重すぎずちょうどよかった。
そしてそして、こちらではデザートに「茶寮」のスイーツ盛り合わせがいただけます。いつ行っても大行列な「茶寮」ですが、ここでお食事の後にいただけるのは嬉しいですね。

d0014408_11315736.gifこれだけ食べて、4,500円。リーズナブルで、お勧めですよ~。

SHUN・分家address:新宿区神楽坂4-2-5
access:JR飯田橋駅徒歩5分、地下鉄牛込神楽坂駅徒歩4分
open:5PM-11PM
close:日曜、祝日


[PR]
by cicerone | 2006-06-16 11:57 | 美味しい!東京
d0014408_1326384.gif美味しいチーズとワインを揃えて、お家でゴロゴロしたい~。なんていう日があります。
そんな時は百貨店の食材コーナーをウロウロすることになりますが、神楽坂付近にいたら迷わずここ。
チーズ専門店の「Alpage」。ロケーションは、前のエントリでご紹介した「Woodman's cake」の隣です。

d0014408_13264335.gif小さなお店ですが、フレッシュ、ウォッシュ、ハード、白・青カビ、ジェーブルなど、様々なチーズがあります。量り売りをしていただけるので、こういうお店ではあまり食べたことがないチーズをちょっとずつ買ってみるのもいいですね。
ホームページを見たら、「商品一覧・検索」でお好みのチーズを予約注文することもできるようです。

”カチョッタ”というミルクのおもちと言われるチーズを試してみましたが、癖がなく食べやすかったです。

d0014408_13264942.gifチーズだけじゃなく、チーズに合うドライフルーツや果物のジャム、ワインも置いてあります。
私は白くて酸味のあるチーズに、ハチミツやジャムを乗せて食べるのが大好き。大きなお皿に何種類もちょっとずつ取り分けて、ハチミツやジャムをお料理のソースのように回しかけます。

店内には、「ル・クロ・モンマルトル」や「グローブ・デュ・モンド」、「ビストロ・サンク」、「スクレ・サレ」など、近隣のフレンチレストランのカードが置いてありましたので、これらのお店で出てくるチーズは、ここのものかもしれませんね。

Alpage
address:新宿区神楽坂6-22
access:大江戸線牛込神楽坂徒歩8分、JR飯田橋駅徒歩20分(目安)
open:11AM-8PM(日祝日は~7PM)

[PR]
by cicerone | 2006-04-03 13:50 | 美味しい!東京

牛込界隈を歩く!

地図はこちら→MAP
d0014408_17123965.gif
”神楽坂上”まで上りきったら、左折して牛込方面に進みましょう。
大久保通りはだらだらとした上り坂。庶民的で、野暮ったい雰囲気が漂い、どちらかというと膝下ストッキングに自転車のオバサンが似合う町並みに、突然メディアで見かけたビストロがポツン、ポツンと現れる。
裏道の住宅街の中にも、そんなビストロがポツン、ポツン。

美味しいフレンチ「ブラッスリー・グー」の席が運よく取れた方は、”牛込北町”の交差点を右折してさらに坂を上りましょう。
本当にここかなぁって不安に思ったくらいに、レトロな外観の小さなレストランが現れたらそれ。味はいいので、期待して食べて。

”牛込北町”の交差点で、”大久保通り”と交差しているのが”牛込中央通り”。坂を下り始めると、お店も増えてちょっとにぎにぎしい。
ここも一見するとあまり垢抜けた雰囲気はない。ところが、手ごろでちょっと雰囲気のいいカフェやビストロが沢山。
メニューが外に張り出されるお昼時は、どこに入るか本当に迷ってしまう。

プティ・バーブ」のような可愛らしいお菓子屋さんが、お魚屋さんと共存してる、何とも不思議な”牛込中央通り”。日本人のオバちゃんと、かっこいいフランス人の若者が行きかう、ちょっと独特な空気なのです。
坂を下りきると”外堀通り”。お堀の並木を眺めつつ、市谷駅から、帰りましょうか。
d0014408_17124421.gif

[PR]
by cicerone | 2006-03-20 17:30 | ライブ!東京散歩
d0014408_14242255.gif牛込中央通りにある可愛らしいお菓子屋さん「プティ・バーブ」。
納戸町にある「ビストロ・ド・バーブ」のケーキを担当するオーナーのお店です。「ビストロ・ド・バーブ」はまだ未訪なのですが、ここも雑誌などで時折見かけるフレンチビストロです。

d0014408_14242710.gif小さな小さな店内には、ぎっしりと焼き菓子などが並んでいます。
焼き菓子は好きな物を選ぶと詰め合わせてくれるので、お友達への贈答用にも便利。あれこれ選んでキレイにラッピングしてもらうと嬉しくなります。
可愛いなぁと思うのは、素焼きの鉢に入ったスポンジケーキ。大きさも大小あって、他であまり見かけないので、ちょっとしたプレゼントにお勧めです。

d0014408_14243165.gifマカロンもピンクのハート型だったり、とにかく可愛らしい。
ショーケースの中はタルトやプリンなどの焼き菓子が多く、素朴で、でも飽きのこない優しいお菓子類が並んでいます。
お散歩の途中に通ったら、是非立ち寄ってみてくださいね。

d0014408_14243893.gifプティ・バーブ
address:神楽坂細工町1-15
access:市谷駅徒歩15分(目安)
open:11:30AM-7PM
close:日曜日

[PR]
by cicerone | 2006-03-17 14:46 | 美味しい!東京
d0014408_1615671.gif神楽坂近辺のフレンチ好きの間では知らない人はいないというほどの人気店「ブラッスリー・グー」。
辺鄙な場所にある割りに、いつ行っても混んでいて、土曜ランチや夜は予約必須。その予約もなかなか取れず・・・
人気の秘密はコストパフォーマンス!手抜きしない本格的なフレンチが、前菜(Entree)、メイン(Plat)にパンが付いて1,050円。
住宅街のようなところに現れるそのお店は、ちょっとレトロな雰囲気。

d0014408_1615118.gif前菜は10種類ほど、メインは5種類ほどのメニューから1つ選びます。定番の他に本日のメニューもあり、こちらは黒板に書き出してあります。
グラスワインを頼み、バゲットをもぐもぐしながらしばし待つ。
店内、テーブルが5つほどしかありませんが、この時も満席。予約なしで来た人が何組も断られていました。

d0014408_16151998.gifこの日は、”シェーブルチーズのサラダ”と”鴨のリエット”を前菜に選択。サラダはさっぱりとして、ヤギのチーズがいい具合にアクセントになっています。定番リエットもしっかりとした味。

d0014408_16152638.gifメインは”黒豚の赤ワインビネガー煮こみ”と”牛フィレ肉のステーキ”。この値段でフィレステーキです。黒豚もとろとろに煮込んであり、素晴らしく美味しい。

”クレームキャラメル”や”ホワイトチョコレートのムース”、”タルトタタン”などのデザートにも激しく心が動かされましたが、残念ながらお腹がいっぱい。
結構ボリュームがあるので、もっともっとお腹を空かせて来ないとだめそうです。

d0014408_161531100.gifブラッスリー・グー
address:新宿区矢来町82
access:大江戸線牛込神楽坂徒歩15分、JR飯田橋徒歩25分(目安)
open:11:30AM-1:30PM、6PM-9PM
close:日曜日

[PR]
by cicerone | 2006-03-15 16:43 | 美味しい!東京

牛込界隈お散歩マップ

以前、飯田橋から外堀通りを通って市谷まで歩くルートをご紹介しましたが、神楽坂を上ったなら牛込から市谷に抜ける道もお勧め。
距離はあるけれど、なかなか面白い「牛込中央通り」をお散歩できます。
d0014408_15312110.gif
大雑把な地図で恐縮ですが(^^;、大久保通りを牛込北町に向かい、牛込中央通りを下って市谷に出ます。
一見辺鄙な所だけど、付近には有名ビストロ「ブラッスリー・グー」があり、牛込中央通りには「プティ・バーブ」等の可愛いお菓子屋さんも。
牛込中央通りは他にもカルミネ等の有名店があり、手ごろに食べられるイタリアンのレストランなんかが多い。
さらに面白いのはこの辺りの住所。”細工町”、”納戸町”、”二十騎町”、”市谷加賀町”等など、昔ながらの住所が残り、想像力を刺激する。


[PR]
by cicerone | 2006-03-13 15:45 | お散歩ルート(MAP)

花町を歩く -神楽坂-

地図はこちら→MAP
d0014408_17173084.gif
神楽坂散歩の醍醐味は、路地裏をウロウロ。
人一人ようやく通れるような細い路地を抜けると、石畳に長屋が佇み、暖簾の奥から着物姿の女将さんが顔をのぞかせたり。

まずは「ギンレイホール」で映画でも観て、ああ「紀の善」で抹茶ババロアも買っていこう。

何度も神楽坂通りに戻りながら、あっちの路地、こっちの路地とウロウロしよう。路地裏には、「ル・クロ・モンマルトル」や、「カンティーナ・フィレンツェ」など、美味しいお店も沢山。
まだ知らないこんな店にばったり出会えるのも、散歩の楽しみ。

神楽坂上まできたら、大久保通りを渡ってさらに坂を上ろう。坂上は、ちょっと生活感が漂ってくるよ。それもまた楽しい。
京湯葉うどんの「まめ半」を超えたら、ドイツパンの「Backer」で明日の朝食のお買い物。
お肉屋さんには揚げたてフライ、お惣菜屋さんには美味しそうなお魚。家で焼くとニオウからな。焼いてあるのを買っていっちゃえ。

ここでまた路地裏探検。
こんなところに、なんて可愛いケーキ屋さん。「woodmans cake」には、抹茶のお菓子がいーーーっぱい。
お隣はチーズ専門店「Alpage」。今日はおうちでワイン&チーズナイトに決定。

美味しいものがいっぱいの神楽坂、さあ、お散歩に出かけよう!
d0014408_17173672.gif

[PR]
by cicerone | 2006-03-07 17:31 | ライブ!東京散歩
d0014408_15571932.gif抹茶を用いたケーキや焼き菓子がウリの洋菓子屋さん「Woodman's cake」。
可愛らしい外観で前を通ると目を引きますが、そうそう通るところでもないので目指して行ってください(笑)。
神楽坂上の交差点を超えてさらに坂を上り、「センチェリー21」の角を右折してすぐ。

d0014408_15572628.gifTea-Tsuの抹茶やお煎茶菓子もこのお店で開発・製造しています。こっちの方が有名かな?

店内はショーケースにケーキ類。ショーケースの上にはトリュフなどのチョコレート、その他の場所には焼き菓子類が所狭しと並んでいます。
いずれも緑色~。
抹茶のダックワース、サブレ、フィナンシェ、チーズスティックetc・・・全部食べてみたいと鼻息荒くなります。
味見させていただいた、抹茶味のチョコトリュフも、しっかり抹茶味で美味しい!

この日は閉店間近に行ったため、ショーケースの中は少々さびしくかった・・・
神楽坂をイメージして作ったという、抹茶ロールに大納言が入った「神楽坂ロール」も激しく気になりながら、まずは「抹茶ロール」を購入。
早速、夜のデザートに。

d0014408_15573076.gifロールは少々小ぶりです。スポンジもクリームも緑色!の抹茶ロール。
お味の方は、甘みが少ない大人味なロールケーキでした。でも甘さ控えめな分、いっぱい食べられます!

Woodman's cake
address:新宿区神楽坂6-22
access:大江戸線牛込神楽坂徒歩8分、JR飯田橋駅徒歩20分(目安)
open:11AM-7PM

[PR]
by cicerone | 2006-03-01 16:17 | 美味しい!東京
d0014408_1435525.gifまめ半」からさらに坂を上ったところにある「Backer」。
ドイツパンのお店です。
ガラス張りの清潔感溢れる店はなかなか目立ち、ふらふら歩いていると必ず目に留まるのではないかしら。
私も前から気になっていたので入ってみました。

d0014408_14192157.gifお店はヨーロッパでよく見かける対面式。欲しいパンを選んだら、「あれ、これ」とお願いすると、袋に入れていただけます。
トレーを持って自分で選んだパンを乗せていく日本式とは、ちょっと違いますね。私は日本式、戻せるので好きですが(戻すなよ!(^^;)
菓子パンや惣菜パンの相場は、1個180円~250円くらいと思っているのですが、ここのパンは比較的安い。130円くらいのラインが沢山あります。

d0014408_14192929.gifドイツパンを謳っていますが、他にも色んなパンがあります。
フランスパンにチーズが入ったもの、焼きカレーパン、カスタードクリームコロネとシナモンデニッシュを買ってみました。
コロネやデニッシュは、さっくさくでなかなか美味しい。買ったその日に食べた方が、よりさくさくを味わえます。
他は普通かな。
プレッツェルが有名みたいなので、これを試したかったなぁ~。

Backer
address:新宿区神楽坂6-8-30
access:JR飯田橋徒歩10分、大江戸線牛込神楽坂徒歩3分(目安です)
open:8AM-8PM

[PR]
by cicerone | 2006-02-23 14:21 | 美味しい!東京
d0014408_13291733.gif最近存在に気付いたのですが、京湯葉うどんが食べられる「まめ半」。
神楽坂上を越えて、さらにまっすぐ行ったところ。
豆腐も湯葉も大好き。これは気になります。

ここのうどんは、純国産小麦を使用し、水は一切入れずに湯葉2種と高濃度豆乳を練りこんで作るとのこと。
これはもう通り過ぎるわけに行きませんっ。

d0014408_13292498.gifコースは暖かいうどんと冷たいうどんがあり、暖かい方は華が1,260円、雅が2,200円。この2つは天麩羅の種類が違うようです。
うどん単品では880円で、冷たい方が若干お値段が上がります。

私が頼んだのは華コース。
うどんに湯葉、かき揚げとしし唐の天麩羅が付きます。
天麩羅はさくっと軽く、麺類と油ものって合いますよね。
嬉しいのはしょうががごろりと塊で来ること。自分ですり下ろします。たっぷりなので、うどんだけじゃなく天麩羅にも乗せて楽しみました。
湯葉はほんの一口サイズですが、これも濃厚で美味しい。
d0014408_1349110.gif
さて、肝心のうどんですが、ここのうどんには食べ方があります。
最初は出し汁のみでそのままいただき、次にゆば乳を入れて、最後はネギやしょうがの薬味を入れていただきます。
まるで、ひつまぶしのようなお作法?!
d0014408_13293750.gif
水を使っていないといううどんは、細めでつるつる。うどんとラーメンの間のような・・・稲庭うどんが近いかな。
最初のだし汁のみでは、出汁とともに柚子の香りがふわっと。ここにゆば乳を入れるとぐっとマイルドになります。しょうがを入れるとさらに美味しい!

d0014408_13294364.gifモダンレトロな店内は清潔感があります。
神楽坂周辺で小腹がすいたら、お勧めしたい店です。

まめ半
address:新宿区神楽坂6-8
access:JR飯田橋駅徒歩10分、大江戸線牛込神楽坂徒歩3分
open:12PM-9PM


[PR]
by cicerone | 2006-02-20 14:02 | 美味しい!東京